アンカラの穴場博物館(アンティークキリム編)

今日は昨日の穴場博物館(笑)からキリムをいくつか抜粋してご紹介します☆

 

ギャラリーはこの様な雰囲気で、毎回入室する時に心がときめきます。

 

 

こちらは19世紀にコンヤ県オブルック村で織られたもの。

アンカラのMehmet Cerebiモスクに保管されていたそうです。

 

 

こちらは言わずと知れたアダナレイハンル!!

19世紀。メルシン県タルススのMekamモスクにあったものだそうです。

 

タルススは古代ローマ帝国の属州キリキアCiliciaの首都で、聖パウロの生誕した地、そしてマルクス・アントニウスとクレオパトラのゆかりの地でもあるんですよ。でもこれに話を持って行くと長くなるので割愛・・・。

 

色使いもデザインもとっても綺麗なレイハンル。

いつか一枚欲しいレイハンルです。でも当地でもどれだけ安くても5000ドルは軽く超えちゃうんですよね^^

 

 

こちらも素晴しい!!20世紀、西アナドル産と記されていました。

温かみがあって、何とも快活な雰囲気のキリム。

こちらはとっても古い18世紀のコンヤ県カラプナル産です。

 

 

こちらは19世紀、エスキシェヒル県シヴリヒサル産。

 

 

こちらは19世紀のアドゥヤマン産。

ボーダーもモチーフも凄いですね。

 

こちらもシヴリヒサル。個人的にこれがとってもスキです☆

 

ここでカメラの電源が切れてしまったのでiPhoneに切り替えます。。。

 

こちらはムット。

遊牧民〜という雰囲気たっぷりです。

 

 

すごいのがこちら。

キリムも、絨毯も、トゥルも混ぜたバルケシールのユンジュ。20世紀のものだそうです。

 

 

最後はキリムの女王様シャルキョイ♡

照明がきれていたので少し見辛いのですが、それでもこの艶のある美しさ、伝わりますでしょうか・・・。

この展示の仕方、とっても素敵ですよね。ラグジュアリー感漂うカッコいいインテリアだと思います^^

 

長くなりましたが、最後までご覧頂きありがとうございました♪

お読み頂いたお印にぜひとも下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

広告

アンカラの穴場博物館(アンティークキリム編)」への3件のフィードバック

  1. 今晩はFumiyoさん。
    アンカラにこんな素敵な博物館があるなんて知りませんでした。
    今度是非行ってみたいです。

    でも、バイラムの時とかは閉館かな。

    いいね

    1. Zeytinさん今晩は。
      初めて行った時、この建物の入り口が見つからず、近くの警備員に聞いたら
      その人も博物館の存在を知らず、あやうく他の博物館に行かされるところで
      した。そのくらいマイナーな存在の様です。

      ここに動画がありますのでよかったらどうぞ。
      http://www.ekavart.tv/muzeler/diger/ankara-vakif-eserleri-muzesi

      バイラムは閉館かもしれませんね。もし来られる機会があったら教えて下さい。
      お茶しましょう☆

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中