トルコの二毛作は絨毯?!

こんにちは。

先日、お客様に『この時期は天日干しを終えた絨毯キリムが続々と街に戻ってくるのでまた仕入れに出掛けま〜す。』とメールしたところ『何ですかそれ!』というお返事を頂きました。という事で本日は絨毯キリムの天日干しについて♪

 

トルコ南部、地中海沿いにアンタルヤという県があります。トルコ最大のビーチリゾートで2011年にはニューヨークを抜いて世界で3番目に観光客の訪れた街に輝きました。

 

我が家も地中海大好きでバカンスは毎年アンタルヤのチュラル村です。カレッタカレッタという亀の保護区でもあるのでリゾートホテルもクラブも全くないのが私が気に入っているところです。自然いっぱい、遺跡いっぱい(山の麓にオリンポス遺跡があります)。

 

海岸線はこんな感じでアマルフィにも負けていません、何て(笑)。

 

さて、そんなリゾートのアンタルヤ県、夏は雨も殆ど降らず日差しも長い、そして都市部に比べて空気がきれいで湿度が高い。この自然の条件を利用して内陸の方で絨毯キリムの天日干しという言わば絨毯キリムのメンテナンスの様なものが行われます。

因に、絨毯キリムの天日干しはトルコ語で güneşlenme ギュネシレンメ と言います。夏場のあの体を焼く日焼けもこの単語を使います。

 

この作業が行われるのは他でもないDöşemealtıドシェメアルトゥ市。小麦と大麦の収穫を終えた畑に、ところ狭しと絨毯キリムが広げられます。絨毯キリムが盗まれない様、雨に濡れない様、現場は24時間体制だそうです。

※写真は当地新聞記事よりお借りしております。

織られてからずっとの日の目を浴びていない絨毯キリム、織り上がったばかりで色彩が濃い絨毯キリム、片面だけ焼けてしまったので両面の調整をとるものなど様々な絨毯キリムが持ち込まれます。もちろん、手織り品で天然の素材が使用されたものに限ります。

それはそれは美しい絨毯キリムが並べられているのですが、全て持ち主がいるので買い付けられないのが悲しいところ・・・。

トルコ国内外からこちらに届けられた絨毯キリムは、まず埃を落とされ、キリムは表面の糸くずがバーナーで焼かれ、絨毯はパイルのカット作業が行われます。その後洗浄され自然乾燥。その後色の具合を点検し、そして、ようやく天日干しに入ります。

絨毯やキリムの状態によって20日〜4ヶ月のトータルメンテナンスだそうです。

そして、このメンテナンスが終わった絨毯キリムは持ち主(絨毯商等)の元に戻り、今度はTamirターミルと呼ばれる修復補修に出されます。

このDöşemealtıの気候は、日中はとても暑いのですが夜間涼しいため朝霧がかかり、その霧が絨毯キリムに水分を含ませていやしてくれるので強い日差しで焼かれるのではなく、水分蒸発と共に染料の不必要な部分が飛ぶのだそうです。

以前、この作業を他の県でも行ってみたそうですが、ここでの作業で得られる色や風合いは得られないのだそうです。Döşemealtıの自然のチカラなんですね〜。

こちらは今年7月13日のe-Turkiyeというオンライン新聞の記事ですが、ここにこの作業の動画がありますので、お時間のある方は覗いてみて下さい♪

http://www.turkiyegazetesi.com.tr/haberdetay.aspx?newsid=17313#.UHSrFruj330

こういう作業を知ると、更に絨毯キリムが愛おしくなりますよね!!

広告

トルコの二毛作は絨毯?!」への4件のフィードバック

  1. はじめまして。というか、ベルガマ収集の後藤です。以前はお世話になりました。私も絨毯ばたけ行きました。でも部外者お断りって、何か怪しいことしているような場所で退散しました。

    いいね

    1. こちらこそ大変お世話になりました。
      ブログをお読み頂き、また、コメントありがとうございます。

      ”怪しいこと”ではなくて全て預かり物なので部外者立ち入り禁止なんだと思いますよ。
      とある修復村にも小さな公営のこういったのがあるのですが、そこも人の物だとい
      う事で立ち入り禁止です。

      如何でしょうか?

      いいね

  2. 日干し・・・凄い。あんなことをやっていたなんて!!
    アマルフィ、懐かしいです。
    昔、私もあそこの海岸線の美しさに感動しました。

    ところで、変な質問ですが、
    犬に対する命令、伏せをトルコ語で、何と言うのでしょうか??

    いいね

    1. こんにちは。
      トルコの人達って夏になると絨毯を洗うだけではなくて羊毛布団と枕の中身
      を洗って外で叩いたり干したりしますが、素晴しいなぁとつくづく思います。
      それに比べて化学繊維品だと長持ちしないですし、日干しさえ長時間出来な
      いですよね。遊牧民の生活って江戸時代の日本の様にとってもエコロジーで
      素敵です☆

      犬の伏せはYat です♪

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中