世界の手仕事展@アンカラ

アンカラのアタトゥルク文化センターにて世界の手仕事展(11月30日〜12月9日)が開催されていたので行ってきました。

 

いつもトルコ国内の地方物産フェアーをやっているおなじみの会場です。
IMG_2729

新聞では世界50カ国からの出店という事だったのですが、中央アジアやアフリカ等ざっと数えて15カ国位でした(笑)。サバ読み過ぎです。プラス、トルコ国内の手仕事の出店がいくつかありました。

 

会場は日本のラッシュ時の電車のように混んでおり、押されて、流されての大混乱だったので写真が手ぶればかりですのでお許し下さい・・・。

 

こちらはトルコガジアンテップの銅細工店。コーヒーサーバーセットやチャイダンルック↓等可愛いものがお手頃か各でずらりと並んでいました。

こちらは何と140TL(約6500円)。これだけの手仕事では破格です!!

IMG_2736

トルココーヒーカップ&ソーサー2客+ロクムケース+トレーの4点セットが35TL=1600円!!

通常このタイプは1客が35TLなので破格中の破格。欲しかった〜のですがお財布がスッカラカンなので断念。

IMG_2737

 

こちらはイラン。

IMG_2743

細かい細工の入ったペンたてやティッシュケース等ついつい買ってしまいそうなものばかりでした。
IMG_2746

こちらはウズベキスタン。

IMG_2749

ミニアチュール(細密画)やミニアチュールの入った小箱等が出店されていました

IMG_2752

こちらはインドの天然石の細工。キャンドルホルダー25TL=1200円等こちらも破格でした。輸送料、出展料、関税等を考えると本当に利益無しですよね〜。

IMG_2759

こちらはインドのお布団と手彫り細工の木箱。手仕事を求めていつかインドも旅行してみたいですね〜。

IMG_2760

こちらはエジプト。パピルス紙のポスター、細工の入った小箱の出店でした。

IMG_2754

最後はトルコのイーネオヤの里NALLIHANナッルハンより。

イーネオヤ製作家のZehra Akinさんの出店でした。

IMG_2761

Zehraさんはfacebookサイト(トルコ語のみ)もお持ちで、商品と価格を掲載されているので欲しいお品物がございましたらお取り次ぎしますのでお知らせ下さい。

https://www.facebook.com/pages/Nallihan-%C4%B0pek-%C4%B0%C4%9Fne-Oyalari-Zehra-Ak%C4%B1n-/195902923756198

広告

世界の手仕事展@アンカラ」への4件のフィードバック

  1. こんにちは、ふみよさん。
    ふみよさんがイスタンブルに住んでたら
    一緒に色々な工芸展やアンティーク市めぐりなどへいけるのにねぇ。
    (私がアンカラへ行けって?ほほほ・・・。)
    この前、他のコースを覗きに行ったら、
    シルク絨毯コースとかリゼベジの機織りコースだの
    危険地帯が一杯ありました。(^^!)
    凄く素敵なんですよ~。
    これ以上習い事に手を出したら自爆ですが、
    欲望と葛藤の狭間で彷徨ってます。

    それにしても工芸展にアンティーク市、
    お財布が寂しい時はこれまた危険地帯ですよねぇ。

    いいね

    1. こんにちは〜。
      本当にお近くに住んでいたら一緒にお茶しては博物館、アンティーク街、マイナーな歴史建造物巡りをしていそうですよね。アンカラは歴史の眠っている地区の治安がアンカラ一悪く、なかなか一人で歩けないのでその辺が残念です。

      シルク絨毯コースもリゼベジもアンカラはないですよ〜。Kat-Iも私の作業を見て『細かすぎて出来そうにないわ』って見るだけで去る人ばっかりです。アンカラは証明書を出せる先生もいないのでそれも残念。先日質問でIsmekに電話したのですが(AnkaraのBelmekはKat-iもTezhipも知らない人が働いているため(泣))素晴しい職員の方ばかりでさすがイスタンブールだなぁと思いました。

      ところで、イスタンブールにはケチェ用に解した羊毛が売ってあるのですか?それとも皆さん何らかの方法で解すのですか?

      いいね

  2. こんにちは、
    ケチェ用の羊毛はNakoでホビー用の50グラムパックが売っています。
    それか日本のクローバーの物もあります。
    でも両方ともかなり高価で色がいまひとつなんですよね。
    このまえA4ぐらいのケチェに4パック使ったので自分で材料を購入していたら大変です。
    ただエミノニュのタフタカレで羊毛を売っている問屋があると
    教えてもらったので、今度偵察に行ってみようかと思います。

    スルタンアフメットの有名なケチェウスタのメフメット氏の所には
    草木染の素敵な羊毛がありますが、
    100グラム10TL。
    大きなものを作ろうとしたら材料費に一体幾らかかることやら・・・。
    トルコの羊毛は高いので中国など外国から仕入れたりしているようです。
    トルコって羊毛安そうですけどねぇ、実は高価です。

    いいね

    1. こんにちは。
      早速のお返事ありがとうございます!!
      Nakoですか〜。いまサイトを見たら編み物の編み方も載っていてびっくりです。
      ありがとうございます。タフタカレの羊毛屋さん、梳いた羊毛が売ってあるといい
      ですね。私は今トルコ式であの買って来た羊毛を暇をみては梳いているのですが、
      もうクタクタですorz 

      トルコの羊毛って全部海外に行っちゃうのかな?と思う程入手先が限られています
      よね。羊はそこら中にたくさんいるのに(笑)。編み物の糸も100%羊毛はとっ
      ても少なくて100g6〜7TLしますよね。中国なんてかなり遠いですけどそっち
      から仕入れた方が安い何て何だか悲しいですねぇ・・・。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中