今日の郵便局

私の利用しているこちらの郵便局は、その大きさと立地的条件からとにかく種々雑多な人間が集まる所で、首都アンカラと言えどもトルコ国内の色々な文化を持つ人達が垣間みれて社会勉強になる所です(トルコはとーっても広いですし、教育や宗派等によって兎に角様々な人が居ます)。

 

郵便局員達は所謂古い公務員なので通常態度はよくないですが、それは他のラテン系の国と同じ、顔見知りになって利用数が増えるに連れて家族並みに仲良くなってしまいます。

 

番号札のとりかたがわからない人、番号札を取りたくなくて割り込み専門の人、番号札の仕組みがわからなくて

お客『おい、番号札取ったけどどうすんだよ!』

局員『自分の番号が来るまで待つんです。』

お客『おい、俺の番号点灯しねえよ!』

局員『順番にしか点灯しません。』

なんてやりとりは日常茶飯事。

 

私が荷物の発送をしている1〜2時間程の間にも様々な事が起きるので、いつも局員達と笑い堪え大会をしているような感じです。

 

今日は、私の郵便物の受付をしているたった20分の間に2件もおかしな事がありました。

 

一点目は、受付をしながら郵便担当の局員メフメットベイと世間話をしていたところ、金融・支払窓口に並んでいた誰かが『すいません!ここは12時で昼休みですか?』と大きな声で警備員(実質案内係)に聞く声がしました。

 

声につられて金融・支払窓口を見ると、窓口が7カ所もあるのに見事な事に誰も局員がいないのです。そしてお客さんがわんさか。

メフメットベイと私はあうんの呼吸で『本当に誰もない!』と大笑い。そして10分後には当番の方が見え、何ごともなかった様にまた金融・支払窓口も稼働でした。

 

日本だと笑う所ではないのですが、、、地中海はこうなってしまいます。

 

 

それから二点目。

メフメットベイの所に登録担当のアイシェさんが私の郵便物を取りに来たと同時に、私の隣にぬうっととあるオジサンが現れ、アイシェさんに向かって『ちょっと小便を出したいのですが、担当が貴方ですか?』

と。

 

私達3人とも耳を疑い、一瞬固まりました。

 

が、オジサンは本当にそう言ったのです。

 

それでアイシェさん『ち、違います!』と返し、オジサンが郵便局を去るや否や私に抱きついて来て

『聞いた?聞いた?”ちょっと小便するけど担当は貴方ですか”って言ったよね!キャー。もう今日は一晩中笑い転げるわ。』と言って笑いながらお昼に出て行かれました。

 

トルコの郵便局はお客さん用のお手洗いがないのです。ですが、そこら中にモスクがあるので、そこを皆利用します。このオジサンもすぐ裏にあるモスクに行けばよかったのですが、なぜか郵便窓口に来て『貴方が担当ですか?』って、びっくりしますよね。

 

今日はこんな感じで郵便局を出るまで笑いを堪えるのが大変でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中