素敵なキリムバッグ入荷しています♪

こんにちは。

 

先日の群馬のワンちゃんですが、無事に保護され獣医さんの診察を受ける事が出来た様です。高齢で、鼻血の理由は口内の癌、余命はかなり短いと診断された様ですが、暖かい保護者さんといっしょに幸せな日々を送って欲しいと思います。

私のこのブログからは、一週間で約700名の訪問者中約8名の方がクリックしてこのワンちゃん情報を見て下さった様です。優しい読者様方、どうもありがとうございます♪

 

 

 

さて、本日はオールドキリムと本革のバッグ新作のお知らせです。

30年来欧米にキリムバッグを送り出している大老舗工房さんのバッグ、今回はタイミングよく欧米に発送される前の大量の在庫の中から選ぶ事が出来ました。世界のバイヤー達が訪れる工房ですので、仕上がり次第すぐに貨物便に乗ってしまうんですよ〜。

bag13002 bag13008 bag18001 bag18002 bagbig

私も今回肩掛けポーチを一個getし、毎日使っています☆

こちら↑の大きなバッグもたっぷり入るので旅行用に欲しいな〜と狙っています。このサイズのバッグはいつも入手出来るのですが、このキリムを使用したものは殆どないので本当に早い者勝ちです。

 

オールドキリムバッグ、サイズも種類も色々取り揃えておりますので是非ご覧下さい。

http://www.anatolianconceptshop.com/?mode=cate&cbid=1393871&csid=2&sort=n

 

 

 

■Anatolian Conceptは、日本向けオンラインショップ、その他の国向けのオンラインショップ、海外ハンドメイド品販売サイトや現地即売等も行っております。また、運営者は実質1名ですので、作業のタイミングや時差によってやむを得ず在庫をご用意出来ないこともあるかもしれません。こちらをご理解頂ける方との気持ちのよいお取り引きをお待ちしております♪

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

素敵なキリムバッグ入荷しています♪」への4件のフィードバック

  1. こんにちは。いつもブログ楽しく拝見しております。バッグとても素敵ですね。ところで、たまたま今日宇都宮の美術館にて、川端康成のコレクションの展示を見てきました。中には国宝もある、素晴らしいコレクションなのですが、その中に、トルコの木製の小箱があるを発見いたしました。
     こちらのショップでみかけるキリムの小箱と似たような形をしていました。展示説明には18~19世紀とありました。布は使っておらず、木に細工がしてあり、小花柄がびっしりとついた物でした。トルコでは、そのような小箱は昔から珍重されているものなのでしょうか?ちなみに、アンティークの小箱ですと、やはり高価なものなのでしょうか?みたときに、ついこちらのショップを思い出して、書き込みしてしまいました。もしよかったら、興味があるので、教えてください☆
     それから、レビューを書いてみようかと思ったのですが、昔に買ったので受注番号をなくしてしまい、かけませんでした。スミマセン。。。

    いいね

    1. こんにちは。
      更新頻度激減の我がブログですが、いつもありがとうございます。
      楓様は冬毛へ生え変わり時期でしょうか。我が家はダイソンが朝晩2回の
      大活躍中です。

      川端康成のコレクションにトルコの木箱ですか。いいですね〜♪是非見て
      みたいです。どんな機会に入手されたのか経緯を調べると面白そうですね。

      中東は古くから木材品への装飾が盛んだった様で、木箱に小花柄が並
      んだイラクのものや貝膜(他に正しい日本語がありそうな気が、、、)
      を張ったシリア等その周辺のアラブ系によるものなど様々なものが
      あるのですが、オスマン帝国時代にそういった文化がトルコでもかな
      り盛んとなった様です。ですが、アンティークの小さな木箱となると、
      なかなか古物商にも出てこない様で、あまりみかけません。行きつけの
      古物商にまた何か入って来たらご紹介しますね♪

      いいね

      1. 返信ありがとうございます。楓は毛がシングルコートなので、それほど抜け毛は増えないものの、ほっておくと床にすぐ、ふわふわが舞ってしまいます。ダイソンが一日2回は、なかなか大変ですね。
         小箱は、オスマン帝国時代に盛んになったのですか。やはり歴史あるものなのですね。貝膜をはったものとは、日本語で言うと螺鈿(らでん)でしょうか。
         川端康成の展示の出品目録によると、小箱は「草花模様文房具箱」とありました。木製彩色 18世紀後半~19世紀初 だそうで。入手経路までは、分からないですが。。。図録でも買えばヒントがあるかもしれません。ただ、川端康成が生きていた時代にもそう言う物が日本にどこからか入っていて、珍重されていた事は確かなようです。
         親切に、返信頂きありがとうございました。おかけで、勉強になりました。また、投稿楽しみにしてます。

        いいね

      2. こちらこそ返信ありがとうございます。そうですか、楓様はロングヘアーですが抜け毛
        は少ないんですね。いいですね♪ 
        螺鈿!そうです螺鈿!もう漢字も言葉も、ない知識がさらに減っていく状態でお恥ずか
        しい限りです。木製彩色、18世紀後半〜とあればますます見てみたくなりました。い
        つかゆ〜っくり美術館博物館巡りをしたいものです。私の方が勉強になりました。いつ
        もありがとうございます。

        いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中