アンティーク絨毯は夜がまたイイ!

こんにちは。

アンカラは日中がマイナス5度、夜間はマイナス10度〜とスーッとした寒さが続いています。

スクリーンショット 2013-12-13 22.10.04

 

 

これぞ冬ですが、結構な日差しがあり、家の中が暖かいので、ショーンと一緒にロンT一枚でちょっと走るのが気持ちいいです!!

 

 

 

先月末、世界のアンティークラグや布を扱う布系専門のアンティークショップより、素敵なトルクメンのアンティーク絨毯を4枚買い付けました。当初アンティーク絨毯を買い付ける予定はなかったのですが、その美しさに私も夫も惚れ惚れして買い付けました。

アンティークの絨毯は本当に高価なものですので、勉強がてら色々見せてもらっていたのですが次第に”連れて帰りたい欲”が湧いてきて、夫がかなりの価格交渉をしてくれました(全てヤフオクには出品しております)。とは言っても予算大オーバーで、不足分はアンカラに戻ってから送金しましたっ(笑)。

 

今回はその中からテッケの一枚をご紹介。130〜150年ものです。

 

IMG_2407

 

この絨毯が珍しいのは黄色が使用されていること。特別な機会に織られた様です。

IMG_2394_Fotor

19世紀の絨毯にしてはこのとおり本当に良いコンディションなんですよ!!もちろん穴だってありません。

IMG_2406

 

 

 

トゥルクメニスタンやトルコの田舎他中東及びコーカサスのトゥルク系の居住地をご旅行された方は見た事が有るかと思いますが、家々に下の写真の様なお守りがみられます。

これは、ユゼリリック(ウゼルリック)という植物で魔除けや神聖な植物として4〜5千年も昔からトゥルク系の人々に大切にされてきた植物で、薬草としての効果も非常に高い様です。

トルコの魔除けとしてはブルーの目玉のナザールボンジュウが有名ですが、古くからはこちらの植物が有名で、これからとれる色を体に塗ったり、それで染めた織物を身につけたり、またはそれを燃やして出る煙を体にかける等して邪視から守る風習があった様です。

 

↓こちらがそのユゼリリックのお守り。

スクリーンショット 2013-12-13 23_Fotor_Collage

白い可愛い花を咲かせる植物の様ですが、その花びらからも茎からも種からも色素がとれるそうです。

1469999_10152151894913474_687475595_n

 

そんなウゼリリックのトルクメニスタンでとれる種類で染められたものがどうもこのテッケに使用されている黄色の様です。

 

 

また、この絨毯の面白いところは、こんな文字や絵が織り込まれているところ。

IMG_2392 IMG_2393

 

海外のコレクター達とああでもない、こうでもないとここ数週間ずっと調べていますが、コレという結果にぶつからずにいます。トルクメン人にも結構あたったのですが、わかる方はいらっしゃいませんでした。

 

 

この不思議な絨毯、他のアンティーク絨毯同様、夜に見せてくれる姿が本当に素敵です。

 

ジャーーーーン。

IMG_3217 IMG_3218 IMG_3219

 

ずーっと眺めていたくなる、そんな素敵な一枚です。

お求めはオンラインショップにてどうぞ。

http://www.anatolianconceptshop.com/?pid=68109761

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中