トルコ伝統手織り絨毯ヤージベディル

 

アナトリアは本当に絨毯の歴史が長いですが、そんな中でもトルコ人の一般家庭でもよく見られる絨毯の一つがこちらのヤージベディルかと思います。トルコにお住まいの方なら一度はご近所さん等のお宅で見かけられた事があるかと思います。

 

sindirgida-en-guzel-yagcibedir-halisi-secildi-CHA-768868-2-t_Fotor

 

 

紺色、赤、白、茶色、黒と限られた色使いでずーっと昔から伝統柄を繋いでいます。ベースの色が紺色ですので男性のファンも多い絨毯でもあり、私の夫もその一人。ということで、我が家の玄関、廊下、そして寝室はヤージベディルです。

 

玄関のはショーンの骨齧り場。

IMG_0132_Fotor

 

 

 

 

このヤージベディルは、エーゲ海地方の半遊牧民であるヨルックと呼ばれる人々によって織られてきました。元々はトーラス山脈周辺を遊牧されていた方々で、バルケシールで有名です。

 

4-cozme

 

 

2-egirme

こちらの絨毯、小さな絨毯でも一枚織り上げるのに1ヶ月、6平米ですと3人で3ヶ月かかるそうで、価格から逆算しても一人一人の収入が非常に少ないため、伝統保護団体などもありますが、状況はまずまずといったところの様です。とっても素敵な絨毯なので頑張ってほしいですね!

 

 

そんなヤージベディル、一枚入荷しておりますので、是非ご覧下さい。ふかふかの100%羊毛、フリンジも三つ編みになっていてとっても可愛いです!!

IMG_3861

IMG_3862

IMG_3863

IMG_3864

このメダリオンの両端部分がコチボユノズ、羊の角を表しています。

IMG_3874

 

 

オススメのヤージベディル、是非オンラインショップでご覧下さい!

http://www.anatolianconceptshop.com/?pid=69598487

 

価格は既に割り引きギリギリの価格ですのでどうぞ宜しく御願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中