世界級モザイク博物館Zeugma@ガジアンテプ

あの歴史で習うユーフラテス川はトルコが源流、トルコ語ではFıratフラット川と言います。

 

先日行きましたガジアンテプ県もユーフラテス川が流れているのですが、その川畔に素晴らしいローマ都市遺跡Zeugmaゼウグマがあります。

 

ゼウグマは紀元前のローマ都市として4本指に入る程のかなり大きな人口8万の都市だったそうです。

 

現在は一部ダム[Birecikビレジックダム1985-2000年建築]に沈んでおります。

 

 

***ゼウグマの歴史***

紀元前300年 アレキサンダー大王の第一家臣セレウコスにより、セレウカヤ・ユーフラテスという名の都市となる。

紀元前1世紀 コンマゲネ王国の4大都市のひとつとなる。

紀元1世紀  紀元前四半世紀頃からローマ帝国の都市となり、都市名を”橋”と”通路”を意味するZeugmaとなり、ユーフラテス川を眺める邸宅が多数建つ。

紀元252年   ササン朝のシャープール一世に制覇され破壊される。

紀元4世紀  ローマ帝国の都市となる。

紀元20世紀     1987年 遺跡発掘作業開始(其の前に既に遺跡ドロボウが一部発掘しており、その一部はアメリカのヒューストンで発見されたそうです。)

******

 

今回はゼウグマで発掘されたモザイクとフレスコが展示保管されているGaziantep Zeugma Mosaic Museumガジアンテプゼウグマモザイク博物館に行ってきました。

 

IMG_0375

 

IMG_0378

IMG_0315

当時のローマ邸宅[床がモザイクで壁がフレスコ]にただただ感動です。

紀元2-3世紀のお部屋。

 

IMG_0292

IMG_0294

ポセイドン、オセアノスとテティスのモザイク

プールの底面か食堂のフロアであったそうです。

上部にはヒポジャムという半馬半魚に乗ったポセイドン、その下には大洋神オセアノスと海の女神テティス。

IMG_0313

アキレスのトロイ戦争出征前の場面。

IMG_0309

エロスとフィスケ

IMG_0330

ユーフラテス王アケロオス

IMG_6427

当時の水洗トイレと下水もこんなに綺麗に出土。

IMG_0353

うっとりしてしまうとても美しい戦いの神マース像。

ブロンズです。

IMG_0357

こちらがその発見当時の写真。かなり高度な技術で作られているのだそうです。

IMG_0356

ゼウグマのシンボル ジプシーの少女 は別室のセンサーのついた部屋に保管されており、警備員さんが案内してくださいます。

IMG_0363

IMG_0367

とても広い博物館に多数のモザイクが展示されていますのでトルコにお越しの際は是非行かれてみて下さいね♪

当時のローマ邸宅が肌で感じられるロマン溢れる素晴らしい博物館、ガジアンテプ県政府と発掘に関わった方々に心から感謝です。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中