70年代古椅子をリメイク

 

※アンカラ城内外、治安悪化していますので徒歩で移動される方、

特に女性は絶対に一人で行かないでくださいね。

どうしても一人でという方は、用事のあるお店や博物館前まで

タクシー等で乗り付け、人気の少ないところを無用に歩かないことを

強くお勧めします。

自宅のオフィスルームに合うソファか椅子をずっと探していたのですが、夫と一緒に別用でアンカラ城麓に行った時に古物商の倉庫でいいものを見つけてしまいました。

今にも崩れそうな屋敷の中に所狭しと美味しそうな(?!)古家具が並んでいますが、結構商品の回転が早く、めずらしいものはすぐに出て行ってしまいます。

IMG_6999_Fotor_Collage

 

購入したのは上記写真左側の2脚。本当は3人掛けと1人掛けx4脚の応接セットだったのですが、我が家には置くところがないので、夫も私も泣く泣く断念。

 

 

生地は結構ボロボロですが、取り外せる座面のクッションの中味はオリジナルの羽毛でしたので捨てずにそのまま生地だけ張り替える事にしました。そして背当てクッションも作って頂く事に。

 

 

トルコには家具生地の張り替え職人さん[Doşemeciドシェメジ]がまだたくさんいらしゃいますので、リメイク好きの方には面白いところだと思います。

 

購入した古家具を張替職人さんに見せてびっくり、70年代のものだそうで、生地の張りつけも現在主流のタッカーではなく当時のままの釘で貼られていました。藤の部分も破れなくオリジナルの状態で残っているのは本当に不思議だと驚いていました。良いものを買った様です^^

 

 

まずは生地を購入にアンカラの家具関係なら何でも揃うSiteler地区に。

 

 

こちらはカーテンタッセルや家具の縁取り装飾に使う紐です。既製品じゃなくてこうやって選んで作って頂けるのがトルコの魅力♥️

IMG_6998

こちらは裾などの縁取りリボン。ものすごい品揃えですよ〜。

実はこういったリボン系は以前はずっとトルコと接したシリアが産地でそこからずっと輸入していました。トルコで作られた家具は世界各地に輸出されますので、こういった材料もかなりの貿易量だったと思います。ところがここ数年のシリア内戦のために、現在は全て中国から輸入しているのだそうです。行間を読んで頂けたらと思いますが、”世界は本当にもう!”という感じです。

IMG_6997

 

さて、自分たちの生地の前に、もうずっと前からご紹介したかったトルコ製の美しい生地達をご覧下さい。

IMG_6996

IMG_6995

 

私はこの生地に惚れ込んでおります。

IMG_6993

素晴らしすぎます☆

IMG_6992

 

IMG_6991

 

IMG_6990

 

IMG_6989

 

家具の張り替えだけでなく、カーテンにしても素晴らしい仕上がりになる事でしょう。。。

IMG_6988

IMG_6987

どれもプリントではない一流の生地、”こんな風に椅子に使用して〜”等と想像するだけでワクワクします。

IMG_6985

 

欧州に行けばこういった生地は高級生地店での扱いになり、かなりのお値段ですが、トルコの工房直結の生地屋さんであれば1mあたり3000円位〜みつかります。

絨毯も大好きですけど、こういった方面にも手を広げたい私たちであります。

 

 

さて、話を戻して、私たちの購入した青系統の色のオフィスルーム用なので、以前から決め込んでいた紺のベロアに♪

 

張り替え職人さん、一週間弱で仕上げてくださいました。

IMG_8326

 

 

背中のクッションには四方にフリンジを着けて頂きました。

オンラインショップのスツールも同じ職人さんにお願いしているのですが、毎回そのプロフェッショナルな仕上がりに感心します。

IMG_8332_Fotor_Collage

30歳以上のこの家具、大切に大切にしていきたいと思います!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

70年代古椅子をリメイク」への2件のフィードバック

  1. 素敵な、椅子ですねー!張り替える布も、いろいろ選んで、職人に頼めるなんて、すばらしいですね。日本でやったら、高くつきますよ。以前、うちも応接間セットの張替えをしたのですが(以前の猫が爪を研いでぼろぼろにしたため) 新しく買ったほうがよかったくらいの値段になってたと、聞きました。
     本当にクラシカルな柄の布の数々。素敵です。

    いいね

    1. コメント頂いていたのに気づかず、お返事遅くなってしまい大変失礼しました。
      張替職人さんたちはアンカラだけ見ても地区に一件はいらっしゃるので、後世にもずっと繋いでほしいなぁと思います。うちも子犬のときは私が仕事から帰るのが夜九時を過ぎると必ずソファが掘ってありました(笑)。
      綺麗な布は本当に毎回行くたびにうっとりです。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中