重量オーバーの訳は糸紡ぎ器

 

 

 

 

海外旅行での悩みの種はいつも手荷物の重量ですが、先月の南仏滞在も手荷物との戦いでした。

 

空港に着いてチェックインの際にスーツケースを計量すると29kg!!

往復Lufthansa航空ですが、リミットは23kg。さすがにマルセイユのテキトーな地上スタッフも「重すぎ〜。あと3kg減らして。」ということで、空港で夫と一緒にガサゴソし、再度計量して・・・何とか26.5kgで載せていただきました。ありがたや〜。

 

今回は庭の壁用に南仏色の植木鉢を3個も購入したので、あとはワインと食料を買いだめて、、、と思っていたのですが、アンティーク好きの私たちの衝動を止められないものに出会ってしまい、ワインを諦めたものの、やはり重量オーバーになったのでした。

 

そのものとは、こちら2台のフランスの糸紡ぎ器です☆

IMG_6986

 

左の濃い色の方はL’isle sur la sorgue の日曜アンティーク市で直接持ち主さんから購入させていただきました。

ペダルや支柱からぷんぷんとプロヴァンスの味がしています!

IMG_6987

IMG_6988

IMG_6989

 

 

こんなサントン人形の画像をみつけましたが、同じ雰囲気ですね♪

la fileuse pc200039

 

それから、大きい糸紡ぎ器もこれまた素晴らしく、繊細な仕上がりでフランスの美的センスに改めて脱帽です。

南部のものではなさそうです。

IMG_6990

IMG_6991

IMG_6992

IMG_6993

 

大きい方は最近撮影にも使用していますが、実店舗を持つことが出来たらお店のディスプレイにしようと思っています。

IMG_7335

 

ほとんど金具の使われていない道具で、車輪も4つのパーツに外すことができたのでスーツケースに収まりました。

ホテルで二人で汗かきながら限られたその辺の道具で解体作業(お箸とかフォークとか(笑))しました。

IMG_7264

 

ちなみにこの大きい方はマルセイユの巨大商業エリアPlan de Campagneにある穴場ブロッカントで購入しましたが、ここはありと凡ゆるものが揃う穴場ですので、オススメです。

 

ほぼ同じスタイルの糸紡ぎを使用されている方の画像がこちら。いいですね〜手仕事。

la_fileuse_de_laine_au_rouet_01

手紡ぎというのは自然の恵みと時間と人間の手が織りなす素晴らしい贈り物ですよね。

食洗機や洗濯機のガーガーいう現代音を聞きながら、こんな古い道具で糸を手紡ぎしてみるのも良いなぁ、と妄想する日々です。

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

重量オーバーの訳は糸紡ぎ器」への2件のフィードバック

    1. いつもありがとうございます。私はKaori様の奥深いブログにいつも心奪われています♪ベルガマキリム、ご愛用いただいているそうで何よりです。ここ数年はもうアンカラであの様なお品をみかけることもなくなってしまいました。お近くにお寄りの際は是非お声をお掛けください。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中