そんな経緯

そういえば今年になって知った重要な家庭事情があるのですが、それがまた笑えます。いや、、、泣かせます、でしょうか。

トルコでは基本的に結婚時の結婚式費用や花嫁衣装や美容院代等その他もろもろ花婿側が持つことが多く、花嫁側は結婚生活で使っていく身の回りのものを揃えることが一般的なような気がします。各家庭の経済状況によって親同士も入れて話し合って決める様ですので柔軟なところはありますし、地方によっても違いがある様です。また、お祝儀というのはないのですが、結婚式で招待客が持参する金貨や金の腕輪等がかなりの金額になるので、それを式の後に換金して車や家など不動産購入の頭金にしている感じがあります。

私たちも結婚式をどこか海辺で、と計画していたのですが、サラーっと流れたまま(爆)。ご近所さん達にも「お前は騙されたんだ」とよく笑われたものです。

夫は姉と二人きょうだいで、姉の方は既に結婚して結婚式もあげたのに、なぜ夫の母親は、たった一人の息子のために結婚式をしないのか、私のなかで悶々悶々悶々悶々悶々と何年もしていたのですが、今年その謎が解けたんです!!!

時は2009年、私のフランスへの転勤も迫っており、入籍のために日本に一時帰国するのに5日しか有給を頂けなかったので、入籍だけしてトルコに戻ってきました。私の職場は融通の利かないところだったので、夫にとって初めての海外、初めての日本がたったの5日しかなかったのは未だに申し訳ないと感じています。でも、往復のチケット代は私が出したので、いいですかね。。。

さて、当時の夫とその家族にはこんな会話があったそうです。

まず、義祖母と義母の会合。

義祖母「千リラ出すから孫夫婦の結婚に使いなさい。はい。」※当時千トルコリラは六万円弱でした

義母「オッケー。」←千リラ受領。

その後、義母が外出中の夫に電話

義母「私、あんた達には千リラだけ出すわ。後は関係ないから。」

「は?関係ないって何だよ!!! お前親だろ!結婚資金準備するって言っただろ。」

義母「知らない。」

しかも、笑えるというか、泣けるというか、、、義母の言う千リラが義祖母からもらった千リラなんです!

男子の親だというのに自分で出した額ゼロΣ(・□・;)

義母は将来いつか必要になることはわかっている息子の結婚資金というものをどうやら貯めていなかったようで、銀行からローンを借りてそれを用意する様な感じのことを夫に伝えてはいた様なのですが、気が変わったのかとにかく出さないということで、夫は激怒が呆れに変わり、そのあたりから夫と義母は仲が余計にギクシャクしはじめた様です。

ずっと夫にはぐらかされてきたこの問題、ひょんな事から真実を知れてよかったです。

それにしても義母は強気です。だれか、彼女に間違っているという事を教えてあげてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中