お墓まいり・・・

犠牲祭初日は夫の家族のお墓まいりでした。

我が家が行こうといって車を出さなければお墓だって年に一回行くか行かないかの何とも言えない義理の家族。

今日のメンバーは義祖母、義母、義母の旦那さん(再婚なので義父ではありません)、義母の旦那さんの姪、夫、私の6人。

 

 

まずは義祖父のお墓へ。

義祖父のお墓へはいつも通り嫁の私が案内。

いつになっても自分の旦那さんのお墓を覚えない義祖母と父親のお墓を覚えない義母。。。

夫と私は以前義祖父のお墓にお花をたくさん植えたのですが、誰も管理しないので枯れてしまいました。年に8千円程払えばお花への水やりやお掃除をしてくれる職業の人たちがいるのですが、そんなことに義祖母がお金を払うはずがありません。墓地行きの路線バスもあり、義祖母は恒例なので無料ですが使うことはありません。そういう状態のお墓なので、義祖父の魂はそこには眠っていないような気がしている私です^^

 

 

次に義母の旦那さんの母親のお墓をお参りし、その後、今年の1月に失ってしまった友達オクタイのお墓に行きました。私達が以前住んでいたアパートの隣近所だったので、家族ぐるみで付き合いのある友達でした。

 

 

オクタイは一人息子だったこともあり、彼の両親とも憔悴しきり、私はずっと大泣きしていました。そこにいた殆どの人々が泣いて彼を偲び、両親の辛さを思って苦しんでいるそんな状況なのに、

「わ、アイヌル(オクタイの母親)髪の毛真っ白になって。」

と何度も言い繰り返すデリカシーのない義母。たぶん10回は言っていました。

 

 

そしてオクタイの両親が夫と私とオクタイの思い出を泣きながら語っているのに、今度は義祖母が

「オスマン(身障者の夫の叔父)が待ってるから、ほら。」

 

とそこを去ることを急がせ、お開きになってしまったのでした。

 

その後義母の旦那さんの父親のお墓をお参りし、ここでも色々ありましたが・・・割愛。

 

そしてやっと帰途につくというとき、車に乗るやいなや義祖母が私に

「あんた、義祖父のお墓では泣かないのになんでオクタイのお墓では泣くのよ。」

と、これまたデリカシーのない発言。

私は義祖父に会ったことないですからね!でも妻のあなたよりお墓参りしてますけどね!!一緒に出かけたり一緒に公園で座っておしゃべりしていた若い友人の死は辛いのは当然ですけどね!

と言いたいところ、ぐっと我慢して無視しておきました。

 

そしてさらに義母が

「ね、気づいた?アイヌルの髪の毛真っ白だったの。」

とまた繰り返すので、よっぽど

あんなところで失礼にもそんなこと10回も繰り返すから気づかないわけないわ!一人息子を失った隣人家族に対して思うところはそこしかないわけ!

etcとキレてしまいたいところをぐっと我慢して無視しておきました。

 

 

義母も義祖母も子供の頃からオクタイを知っており、義母の旦那さんですら涙を抑えきれない状況だったのに、義母と義祖母はよっぽど何かが欠けているのではないかと思います、はい。

 

 

そんな連休初日だったので帰宅後はすぐにバスルームに行き、たくさんのキャンドルを焚いてAndrei Krylovを聞きながらこの1日の汚らわしさの様なものをを落とすように体を何度も洗ったのでした。

 

ハー、すっきり。

 

オクタイのお墓にはまた日を改めて夫と私二人だけで行こうと思います。

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中