え?見舞いだって??

アンカラは足場の悪い道ばかりで、100mまっすぐ続く歩道なんてあったかしら?というくらいガッタガタのところで、それに加えて上り下りの多いところで散歩も障害物が多く危険です。

 

例外なく、我が家の目の前の坂はいったいどんな設計なの!というくらいジェットコースター並みの坂になっており、その坂を下ってアパート入口に入ると今度は8段程階段があります。まだ築3年程というのに、身障者用のスロープ等ないですので、建築基準にもその設置が定められていないのかと思います。

 

そんな我が家に、夫退院した夜に義祖母、義母、義母の旦那さん、そして身障者の叔父がやってくると連絡がありました。夫が退院したばかりで2日ほど睡眠不足ですし、仕入れの筋肉痛や品物の片付けも終わっていないところに「おばあちゃんが孫(夫)の顔を見たいというので見舞いに来る。」と言われてえー!でしたが仕方がないですね。ちなみに、この時点では叔父が来ることは聞いていませんでした。

 

実はこの翌日にこちらの駐在の方お宅で即売会の予定があったのですが、こういう状況のため出席をキャンセルさせて頂き、お品物だけで即売会をさせて頂くということになり、大急ぎで値札をつけて搬入とディスプレイをさせていただき、大急ぎで帰宅したのが夜8時半頃。まだ、一息ついてない!トイレも行きたい!というところに義母が玄関に来て「あんた手伝いなさいよ!」とバッグを投げつけるように渡してきてわかったのですが、叔父が車椅子で来ていました。叔父は歩けないのですから、別に車椅子に乗せる必要はなく、ドアtoドアで叔父だけ運べれば良いのですが、義祖母がいつも車椅子も、とうるさいのです。

 

事前に連絡してくれれば心の準備もできたものの、突然でしたが、頑張ってアパートの階段8段、叔父を引き上げました。義母が下から押す形で2人で行ったのですが、階段は急だし、叔父も重いし車椅子も重い、もうやけくそというやつで1.2.3.と声をかけながら一段ずつ上げたのでした。実はここしばらく災難続きで、夫の手術の5日前には義祖母が目の手術をしており、力を入れると目から出血してしまう状態で丁寧に扱う必要があり、叔父は身障者で車椅子、そして夫は傷口があって色々できない。こんな状態で一体誰が誰の見舞いをしているのか!という心境です。

 

茶を出し、果物を剥き、菓子を切り、最後にトルココーヒーを出して10時半ごろお暇になりましたが、それで終わりでなく、、、。

叔父と車椅子を無事義母の旦那さんの車に乗せたまではよかったのですが、義母の旦那さん、駐車場からバックで出られない。。。アンカラのアパートの屋内駐車場は不親切な設計で、隙間を縫って駐車、出庫、どこもかしこも壁スレスレのところが多いのです。高級マンションはもちろん別ですが。

 

ということで、急遽私がその車をバックで出すことになったのですが、そういえばオートマ車。私、オートマ車をもう10年程運転していないのですorz 焦りました〜!! 自分のマニュアル車であればスイスイいけるところも、勝手に動いちゃうオートマのギア、本当に久々に見ました。他人の車ってとっても運転しにくいですね。しかも後ろに車椅子をはみ出た状態で積んでいるのでその辺も気になりました。

 

そんなこんなの長い見舞いの夜でありました。

 

ショーン君の寝顔だけが私の癒しであります💕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中