窓掃除の仕方がおかしい上のおばあさん

我が家のすぐ上の階は2戸アパートがあり、その1戸におばあさんが息子さんと一緒に住んでいらっしゃいます。

以前はお互いの交流があったのですが、おばあさんの行動が迷惑すぎて疎遠になっています。

 

 

今日はその一例がまた発生しました。

 

バチャバチャバチャーという水が窓を打つ凄まじい音がして大雨?!と思って窓の外をみると、おばあさんがアパートの庭用のホースで外から窓に放水。それはもう消防隊みたいに(爆)。

Processed with Rookie Cam

これが彼女の新しい窓掃除の仕方で、ここ1年の間に始まったのですが、おおよそ二月に一回の頻度で起きます。夏だと二週間に一回くらい。

止めてくれる様にお願いしましたが聞く耳持たないのでどうしようもありません。

おかげでその度にうちのベランダはビチョビチョで干物があった日など悲惨です。外にある棚や木材もすべて毎回ビチョビチョー。

 

まど

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

アンカラの水は石灰が多いので、この後私はすべての予定を切り上げて水切りで掃除をしないとタイルも窓も白くなって大変なのです。窓掃除をしたその翌日にこれをされたこともありました!

 

一番困るのは奥の部屋の窓。ここは地下になっており、排水がきちんとしていないので、水も汚れもすくい上げるしかない。建物の構造上雨水は入らないのですが、このおばあさんの窓洗いの水が入ってきます。そして、窓は石灰の跡だらけ。

Processed with Rookie Cam

 

ここは今、鉄柵だけがついている状態ですが、ゴミなども落ちてくるので、共益費でガラス製のカバーをつけて貰おうと思っています。承認されるかどうかは別ですが、、、。承認されなかったら私費でやるしかないです。

 

ちなみに、最近覚えたのですが、この場所はトルコ語の建築用語でKranglezクラングレズと呼ばれるそうです。 フランス語のcour anglaiseコーアングレーズがトルコ語調になってクラングレズ。 この構造、イギリスに多いのでしょうか。

 

 

ブログランキングに参加しています。

ポチッと押していただけたら嬉しいです♪

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中