安全第一

昨年のトルコの炭鉱大事故以降、職場における安全について様々な規則が厳しくなりましたが、お国柄からいって完璧な職場の安全確率には程遠いものがあるのだと思います。まず貧困層にある方達にとっては安全よりもお金とならざるを得ませんし、また、人々の価値観というものがかなり幅広い。工事現場にはここぞとばかりに「安全第一」を掲げるプレートが数種類貼り付けられて(義務)おりますが、ヘルメットなんて慣れないものを急にかぶれと言われても、、、といわんばかりに皆ヘルメットを横に置いて作業しています。

 

さて、そんなことで、私の通っている職業訓練所のキリムクラスにもトルコの厚生労働省の下にある職業健康安全局の職員が点検にこられました。

 

テズギャー(織り機)の倒れかかっているものはないかとか、色々チェックされていましたけれど、一番チェックされたのがこのキルキット!

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

 

「なんですかこの刃物は。。。危なすぎる。」

刃物じゃないんですけれどね(笑)。これを数分に一回使うので、皆手元に近いところに置いているわけですが、職員の方からしてみるとそれがいかんと。。。。

 

 

昔のトルコでは男たちがキルキットやキリマンを作り、女たちがキリムや絨毯を追っていたわけですが、現代トルコ男性から見ると「なんじゃこの凶器!」と映った様です。

 

夫にその話をしましたら、まあ、トルコの職業訓練所ではよく喧嘩も起きるわけで、そのうち凶器になることもありえなくもない、ということで、納得とちょっと怖くなりました。

 

安全第一で織っていきたいと思います^^。

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中