夫の愚痴2 vs 義祖母

夫は週3回夜に英語に通いはじめました。←7年目の正直。

その授業中に義祖母から着信がかなりの回数あったそうです。

何かあったのかと心配して授業を抜け出して電話してみると

「なんかあったの?大丈夫?」

義祖母「何もないよ。何もないんだけど、家に着いたら電話してよ。」

「何回も着信があるからなんかあったかと思っただろ。」

 

そして帰宅後。

「今戻ったけど、何だったの?」

義祖母「あのさ、今月15日に返すから100TL貸して。」

「は?俺は今弁護士に払うお金(※)をどうやってかき集めるかで頭が痛いんだよ。うちにはあんたたちみたいに定期収入がないから大変なんだよ。」

義祖母「そんなのどうでもいいから、100TL貸してっていってるでしょ。」←自分の目的のためには周りはどうでも良いスタンスの義祖母

 

 

夫は義祖母にお金を貸しても、良心から返してと言えないのです。そのため今までも結構踏み倒されているんです。それを知っていて夫にお金を貸してくれと言ってくる義祖母に夫はブチ切れ。といいつつ義祖母には直接怒れないので私に怒鳴りながら説明する夫です。

 

その怒鳴りを聞いてみますと、義祖母にお金がないのではなく、義祖母のタンス貯金が900TL貯まっており、夫から100TL借りて(事実、貰って)1000TLにして、定期口座にまた積み立てたいそうです

 

もうちょっと待って100TL自分で貯めればいいじゃない!!!!

其のために夫は全てを放ってまた往復24kmガソリン使って100TL届けに行かないといけないわけで、殺気立っています。距離的にもっと近い義母に頼んでくれい!

 

夫の実父の財産分与裁判、これも内容すごいです(爆)。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中