私的にヒットな楽天デビットカード

こんにちは。

日本でマイナンバー制度が始まり、行政事務の効率化がかなり図られることになると思うのですが、導入を急いだのかどうかわかりませんが、海外在住日本国籍者が忘れられています。。。

 

今年から日本の口座を使っての海外との送受金はマイナンバーを登録しないと使えないところがあり、私のずっと使ってきた銀行もそうです(2018年までは経過措置を設けている銀行もあるようです)。海外転居の届け出を銀行にしている人は送受金可能ということですが、送金サイトがそれに対応していない様な、、、。

 

関連コラム、幾つかご参考までに。ちょっと飛躍しすぎな表現もある様な気もします。

海外居住者の送金についてまとめ(マイナンバー関係)

海外在住者の日本の金融システムからの締め出しが始まった。マイナンバーなしで日本に送金できず。

海外在住者、マイナンバーなしで日本の銀行の送金ができず

 

私が住んだ国での経験でしかものは言えませんが、イタリアでも最初の口座作成の際に納税者番号が必要だった記憶がありますし、トルコでも銀行関係では必ずトルコ国籍者はID番号(出生届時に付与されるもの)、外国人は外国人ID番号が必要になります。ですから、セキュリティ上、制度自体には問題はないと思いますし、いまだに紙媒体や複種の番号で処理されている戸籍業務を始めとする業務に必要不可欠だから導入されたのだと思いますが、海外在住の日本国籍者は今回忘れられちゃいましたね、、、。まだ勉強不足なので言い切れないのですが、法務省でもどこまで付与されるか議論中なのでしょうか。戸籍制度に関する研究会第12回会議(平成27年12月24日)

 

また、wikipediaの国民総背番号制をみてみると、既に1968年には導入が検討され始めていたんですね。日本の人口はトルコの約2倍ですが、国が統一できる番号なしに行政をずっとこれまでやってこれた方がすごいなあと思います。世界一FAXを使う国の由縁のひとつもここにあり、でしょうか^^。

 

 

自分の頭を整理するためにもごちゃごちゃ書いてしまいましたが、現在の頼みの綱は去年発行して頂いた楽天銀行のデビットカード(JCBだと年会費無料)です。海外において自分の楽天口座からの現金の引き出しやデビットカードとしてお買い物までできるのです!!

Sirrusのマークのある銀行ATMで引き出しができるので、こちらの銀行の殆どは対応しており、また、スーパーでの買い物でも支払いに使えました✨ JCBカードって初めてみた!とちょっと不審がられましたが、Sirrusマークがカードの裏にあるので使える様です。

 

大変ありがたいことにポイントが1%還元で付きます。ポイントはカードが届いた後に楽天銀行サイトでアクティベーションが必要ですのでお忘れなく。

 

これまでは日本のVISAカードでキャッシングをして生活にあてていましたが、この楽天デビットの方が即時(実際数日)引き落としで残高管理がしやすいので気に入っています。残念ながらレートはあまり良くなく、トルコリラで引き出すとドルよりもレートが悪いので、ドルの下ろせるATMではドルでおろしています。

 

我が家の様にカツカツの生活をされている方はいらっしゃらないとは思いますが、ご参考になれば幸いです。

 

※内容について責任は負えませんので悪しからず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中