頑張れトルコ!どこもかしこもアラビア語

最近私の中で玉置浩二さんが大ヒットで、今朝はこの田園を聞いてテンションあげました。

 

さて、少し前に日本人友人達とのおしゃべりの中で日本もシリア難民を受け入れるべき、という意見があり速攻で私は反論しました。第一、戦争難民というのは近隣国が受け入れるのが先、あとはこの戦争を起こして戦争で潤っている国が責任をとってくれなきゃ(無理な話ですが)。(無能な)国連は日本をはじめ裕福国が受け入れるようにと言っていますが、バカ言ってんじゃないよ、です。すでに内戦で疲れ切った難民を飛行機で11時間の日本に一時非難させるのは、彼らの後々の人生を考えて言っているとはとても思えないです。それに、各国に警告する前に国連が戦争を速攻止めるべきでしょう。

 

先日のこと、約一年以上ぶりに国立の歯科医に行ったのですが、かなりごった返し、そしてアラビア語も結構飛び交っていました。トルコは公立の病院も難民に開放しているんです。すごいですよね。でも、医師達は意思疎通にもうイライラ!していてかわいそうでした。いつも私を診てくれる先生がシリア人に「17.Cerrahi’ye git. 17番外科に行きなさい。」と言っているのですが、ぜーんぜん伝わらない。書いても伝わらない。患者は15分毎に予約が入っているし、処置室内は混んでいるしで先生はキレてCerrahiジェラーヒはアラビア語でしょうがなんでわかんないのよ!」と怒っているのですが、通じず、最近ちょっとアラビア語を勉強したという別の先生が来てジャラーヒと発音したら通じていました。ジェジャの違い、理解しようという気があれば通じそうなもんですがねえ…。いつもの女医先生が私を見つけて「ここでトルコ語がわかる外人はあんただけだ。日本人のあんたがわかるのになんで隣国人がわかんないのか、もう毎日大変なんだよ!」とハグしてきました。

 

それから、いつも混んでいる郵便局ですが、昨日は全然列が進まないのです。イラク人達が何かを尋ねており、郵便局員たちと身振り手振りで要求は読めたようですが、局員は「これは郵便局ではどうにもできないです。」と返事をしてもそれがまた伝わらない。イラク人達はどこかに電話してまた同じ要求をして、の繰り返し。その間郵便物受付の列は30分もブロックされ、郵便局は外までの長蛇の列。

 

 

トルコに登録されているシリア難民数は3月10日の副首相による発表では2,733,784人です。病院、役所、各施設にもアラビア語ートルコ語の通訳が必要な状況にあります。私もアラビア語話せればボランティア出来たのにな。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中