お天気悪いのですがとりあえずアンティークget!

こんにちは。

今日は午後からお天気が崩れましたが、アンティークのキリムを入手して夫も私もウキウキですぐに撮影しました。お天気の日に撮影するのと曇りの日に撮影するのはこうも雰囲気が違うのか〜と思いながら撮影しましたが、その分、各々の天然色が綺麗に出たような気がします。

IMG_7113

こちらのキリムをwhatsappで紹介された時は一見マラティアかと思っていましたが、至近距離で細部まで見るとレイハンルですよね〜。夫は仕事を辞めて一年がすぎましたが、すっかりキリム絨毯に私よりもマニアックになっていて、どんどんつながりを増やし、彼のwhatsappにはいつも何かしらの写真が送られてきてチリンチリン♪と朝から晩まで受信アラームが鳴っているんですよ。今やトルコの絨毯キリム、骨董、それから遺跡発掘などにはwhatsappが欠かせない存在です。日本でいうLine並みの普及です。

IMG_7115

このボーダー模様で囲まれた狼の口モチーフの余白部分を埋めている紫色、これはこちらでパッテジャンモルPatilcanMor=なす紫と呼ばれている紫で、こちらの修復師達が色の生成にもっとも苦労する天然色の一つです。

IMG_7116

IMG_7117

あとこのアプリコットオレンジも。IMG_7119

この何重ものギョズ、どこかで見た覚えがあるのですが、今はちょっと思い出せません。シナンルのキリムにあったのかな。

IMG_7120

このモチーフ、なんて可愛らしいのでしょう〜。

IMG_7121

レイハンル達はよく隙間にゴリ押しのようにモチーフを入れますよね。

IMG_7122

とにかくどの色も美しいです💕

IMG_7123 IMG_7124

びっくりするのがこの糸の細さ〜。縫製用の糸みたいに細いですよ。IMG_7125 IMG_7126

こういう細い糸を眺めていて思い出しましたが、東京に糸紡ぎカフェというのがあったんですね♪ 今はお店は閉店されて、期間限定カフェやワークショップを随所でされておられるそうです。→CottonVillegeご覧になってみてくださいね。和綿を紡ぐ大変素敵な活動です〜✨明後日は中目黒で、今月末は杉並であるみたいですよ〜。

IMG_7127 IMG_7128 IMG_7129

さて、この一世紀以上生きているキリムは来週スルタンハンに修復に持ち込みます✨仕上がりが楽しみですー♪

宝くじでも当たれば大きな吹き抜けのある家を買って、こういうアンティークをどーんと壁に飾りたいですね〜。

 

話は変わりますが、ここ数ヶ月、トルクメンの絨毯やカシュカイ等々いろいろな分野部族についてご質問が来ますが、最近本当にそういったことを掘り下げたブログを書いていないですよね。夫が仕事をしていた時は1日9時間くらいが自分だけの時間だったので読書やトルコの大学や研究所のPDF資料なんかをじーっと読むことができたのですが、今は本当にじっくり集中する時間というのがとれなくってどうしたらよいものか困っています。定年後の夫婦ってこんな感じですかね(笑)。スルタンハンに行く際にギョレメに泊まるので、そこのプールでチャプチャプリラックスしてきます〜。と言ってもちろんまた夫と一緒ですが。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中