近所の郵便局終わった

久々に郵便局ネタです。

昨日はテロ警戒の強い日だったので、ショーンとの散歩以外はどこにも行かずにいましたが、何事もなく穏便な1日となり、今日の朝はいつもの朝よりももっと1日1日の大切さを感じました。

 

そんな清々しい気持ちを壊してくれたのは郵便局。

以前は小包や郵便物一件あたり1分で処理していてくれていたバルシュ君とアイテンさんという素晴らしいコンビのおかげで、約一年程発送業務がかなりスムーズにそして確実に済んでいました。

 

しかし!そんな彼らも異動となってしまい、やってきた若い男性2名。双方とも仕事が遅すぎる(小包1個に10分かかる!)ので、いつ行っても長蛇の列なんです。それだけではなく、不器用で送付伝票を落っことしてキャビネットの底に滑り込ませたりして「あとでとって貼っておくから」なんて言うのですが、絶対忘れて伝票なしに荷物を送ってしまうので夫が職員側エリアに入ってキャビネットを動かして伝票をとるとか、伝票のデータ入力を私たちが教えるとか、もう大変なんです。

そして今日ありえない出来事が起きました。

窓口に男性二人ではなく、いつもの男性のうちの一人と新しい女性がいました。

小包担当が女性側でしたので発送分4件テーブルに置いてお願いしましたら。

「は?私やりかた知らないし」

って言ったんですよ!!!!なんでそこに座ってんだよ!

 

そして、横にいたいつもの男性(郵便担当)が、

「それ、俺の郵便受付が終わったら俺がやるから待ってて。ちなみにその人うちの嫁ね。」

ありえません。夫婦で配置されたのはよっぽどコネがあってのことでしょうが、仕事を知らない人を配置してはいけませんよ!!知らなくても配置されたんだから学ぶ姿勢ってものがあってもよいものを「知らないし。」ですよ!一昔のトルコの公務員並みに茶飲みにきてますね。

 

 

いつも以上に郵便局が混んでいたのは言うまでもありません。

 

夫も「この郵便局終わった。」って言ってました(笑)。

 

誰ですかねこういう人を採用したのは。トルコはポテンシャルと若い人材はたっぷり入るのですが、採用に大いに問題がああります。日本は公務員試験に適性試験というのがあり、できるだけ早く正確問題を処理する試験がありますが、是非トルコにそれを導入していただきたいです!!

 

ちなみに、日本の郵便局は優秀なのでトルコ郵便から発送しても川崎到着後3日以内にお客様に届けてくださるという迅速さなのですが、欧米の郵便はそうはいいかず、欧州宛1ヶ月、北米宛1.5ヶ月かかるため、日本以外には代金を上げてDHLで発送しています。発送からたった4日で届いています。日本宛もできればまとめてDHLかUPSで発送出来るようにしていきたいのですが、それに伴う送料値上げでお客さんが減ってしまっても悲しいですし、悩ましいところです。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中