厄年は終わらない

こんばんは。

実は先々月には決まっていた産院(KoruHastanesi)と担当医(Dr.Ozge)ですが、担当医が急に転院することになり、また一からKoruHastanesiで担当医を探すか、担当医の転院先で産むか決めなければいけない状況が発生していました。仕事もあって後回しにはしていましたが、今週中には片付ける予定でいました。

 

そんな中、月曜日にいつも検診を受けている近所のかかりつけ総合病院(YasamHastanesi)に36週の検診のために行ったところ、受付で

「産婦人科の先生はここをお辞めになりました。今のところ後任はおらず、2週間後に分娩設備と乳児ICUが開く時に新しい先生がこられる予定です。」

と言われてしまい、夫も私も呆然としてしまいました。きっと分娩設備導入後の勤務体制や給与について経営者と話が合わなかったのでしょう。。。

 

綺麗で家から近くて検査機関もあって先生もとても良くて、そして何よりも私立なのに懐に優しい(社会保障保険が効くので検診一回42TL(1450円))ところだったのでギリギリまでここで検診を受けて最後の2週間だけ出産する大きな病院に行こうと思っていたので、これは予想外でショックがかなり大きいです。

 

そしてそのショックを引きずりながら、前出のDr.Ozgeの転院先であるAkropolHastanesiという病院に行ったのですが、ここがまた酷いところで、一応Dr.Ozgeとお話はしてきましたが、ここでは絶対に産めないなあと夫も私も痛感したのでもうこの先生に出産を頼むことはやめました。

 

近所のYasamHastanesiにおいて先生不在で検診を受けられないとなると、これからは大きなKoruHastanesiで検診を受けないといけませんが、ここは検診費も高く、臨月は検診が毎週なので出費を考えるとなんとか策を考えなければなりません😔

KoruHastanesiの費用(社会保障保険効かず)

検診一回232TL( 7600円) + 臨月なのでNST 70TL(2300円) =302TL 9900円

出産+一泊入院費 4750TL 16万円

 

因みに一般的にアンカラ在住の外国人は駐在の方が多いこともあり、24時間英語アシスタンスもある GuvenHastanesiTOBBHastanesiAcibademHastansiで検診から出産までされるのですが、ここは私たちの様な庶民には論外。先生によっては検診だけで一回3万円します。

 

ということで、36週の検診を逃してしまったのですが、来週どこかで検診とNSTを受けなければならず、もう公立でいいかな〜と思っているところです。臨月くらいだら〜っと、ゆ〜くり、赤ちゃんのために小物作ったりして夫と二人きりで赤ちゃんの巣作りして過ごしたかったのですが、色々車で廻ったり調べたりして夫も私もへたり気味です。まだベビーベッドもチャイルドシートも買っていません。

夫に「こんなに病院と先生たちの転院に振り回されるくらいなら家で産もうよ。病院で産んだところで産後一泊なんだし、それならずっと家にいた方がいいよ。」と半分本気で言っているのですが、首を縦に振ってくれませんね(笑)。

 

憂さ晴らしに今日はPiazza Navonaの画像を目に焼き付けてから眠ります〜。

15016259_1180263478733628_5249141885090648322_o

23-24歳のとき、このすぐ近くのVicolo della Campana通りに住んでいました。懐かしくて美しくてウルウルしてしまいます〜。

15032721_1180263572066952_7146708778135364707_n

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中