Torkuのお菓子

こんにちは。

昨日はお天気が良くてまた公園に娘とショーンとお散歩に行けたのですが、芝生で娘と遊んでいたら通りがかりのおじさんに「なんで子供を芝生に寝かせるんだ。風邪引くだろ。バカか。」と怒られました。陽気で暑いくらいの日差し、娘には一応厚めのセータージャケットを着せ、枕も持参して敷いてあげていたのですけれども、子供に異常なくらい厚着をさせるこの国の人たちのことなので、芝生に一緒に座ることすらダメだったのでしょう。言い返したいのをぐっと我慢して無視していましたら、それを見ていた別の通りがかりのおじさんが、お、外人女だ。とばかりに好奇の目で寄ってきたので目を合わせない様にしてそそくさと娘を抱っこ紐に戻し、ショーンも呼び戻してリードに繋いで退散してきたのでした。明日からは通りがかりの人からあまり見えないところに座ります〜💪

 

さて、1日のちょっとしたご褒美はChiboのデキャフで作るラテとお菓子なのですが、お菓子はTorkuというコンヤの砂糖メーカーのものにはまっています。って多くの人にとってどうでもよい話ですけれど(^_^;)

Processed with Rookie Cam

材料の殆どを国産をモットーに、結構質の良い材料を使っているということで、ここ最近人気のメーカーで種類も増えてきました。

どうもトルコのお土産ランキングに入っているらしいですが、このチョコヘーゼルナッツスプレッドも美味しいです。

チョコスプレッドといえばやはりイタリアのNutellaで、トルコでもチョコヘーゼルナッツスプレッドでNo.1のシェアでしたが、なぜかここ数ヶ月トルコでNutellaが叩かれまくっており、理由はパーム油を使用しているからということなのですが、 このTorkuのものをはじめ、他のものもパーム油使用してるんですよね。まあ、Nutellaじゃなくてトルコのブランドのチョコヘーゼルナッツスプレッド各種の売り上げを伸ばそうということだと思うのですが、何だか情報操作なのかNutellaだけ叩かれていて可哀想だなあと思っています。って、結局外交政治の話に繋がってしまいますが、欧州はトルコに対して本性を現してきたので、こういう事はこれからどんどん増えるのだろうと思っています。

実は一昨日からトルコ国内でBooking.comが使えません。全部の機能ではないのですが、トルコ国内のホテルをトルコ国内から予約することが一時的にできなくなっています。Booking.comってオランダの企業なのだそうで、トルコ側が起訴したそうですが、今オランダとの関係が最悪ですからね。まあでも人々は利便性からBooking.comを使っていますし、トルコ国内の13000ものお宿がBooking.comに登録されているそうですから、ちょっと混乱を生んでおります。ただでさえ観光業が落ち込んでいるので。日本では報道されなかったと思いますが、オランダのトルコへの態度は酷すぎです。

 

お菓子の話から脱線しまくってしまいましたが、とりあえずこんなトルコで今日も暮らしています(?!)。

 

 

 

 

 

 

広告