義祖母から母の日の恨み

先日のこと

夫「行きたくない〜。行きたくない〜。でも行かないと嫌な電話がかかってくる〜。」

と、とっても嫌そうに義祖母宅に行った夫ですが、やはり行って戻ってきたら生気を吸い取られ顔中脂汗でした。夫が義祖母宅に行くたびに彼女の寿命は伸び、夫の寿命が縮むんだと思います💦

 

今回は義祖母から私に伝言があったのですが、それが

「今年はFumiyoは母の日を祝いに来やしなかったしプレゼントもなかった。」

と怒って根に持っているそうです。

あなた、私の母親じゃないし!と言いたいところですが、トルコって自分の母親じゃなくても母親という母親全ての人が母の日にお祝いされるんです。普通に考えればとても素敵な習慣ですが、義理の家族がこんな調子なので面倒臭いとしか思えない私です。こちら↓ご参考。ちなみに去年も祝った覚えないです!

All about 知ってびっくり世界の母の日

 

夫とたった二人だけで異国で誰の支援もない中で子育てしてて今年の母の日なんて本当に忘れてました。忘れていて、日本の母から「初めての母の日だね。」ってメッセージが来て思い出して母にお花を手配したのまでは覚えているのですが、義祖母のことなんて(失礼!)頭に浮かびませんでした。

 

先日、上の階の女性が男児を出産したのですが、もう出産の数ヶ月前から現在も親族が交代で掃除や食事作りに来てくれているんです。トルコってこういうところなんです。

 

なのに、うちの夫の家族ときたらみんながみんな自己中心ですから、産前産後誰も手伝いに来てくれず本当に大変だったし夫はそのストレスを私にあてるしで私は長いこと重度の産後鬱になっていたんです。死ぬことしか考えられなかった暗黒な日々も長かったのですが、最近になってやっとそれがはれて元気になってきたところなんです。

 

そんな状況だというのに、義祖母ときたら自分の母の日を祝ってくれなかったって恨み節!! もうびっくりしちゃいますよね!!!

 

夫が

「祖母に電話してさ、『産前産後は普通は親族が手伝いに来るもんだけどうちはそうじゃなかったからそれどころじゃなくて母の日なんて頭にも浮かばなかった。』って言って罪の意識を持たせてみたら?」

 

と言ったのですが、一晩考えて、それはやめにしました。言ったところで別のトゲが生まれるのも嫌で面倒くさいので放置でいいでしょう(笑)。一人でずーっとその母の日とやらをネチネチ恨んでいなさいって😀 去年の7月の出来事以来義祖母宅には行っていませんが、今年ももうこれで行かないかもしれませんね。義祖母は北風と太陽でいうところの北風、こうやってみんなを遠ざけてしまっています🌪

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中