豪雨と木

こんにちは。

九州北部の豪雨、皆様大丈夫でしたでしょうか。とても心配です。お亡くなりになられた方々のご冥福とお祈りしますとともに、被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。

============================================

被害の状況、動画でしか見ることができませんが、雨でこんなにも・・・とショックが大きいです。あんなにもたくさんの杉の木が土砂と一緒に流れているのをみると、やはり林野庁はいいかげん戦後のままの植林スタイルを見直して、根の強い種類の木の植林にかえるべく迅速に対策を練るべきだと思います。花粉問題も酷いですし。

同じ、木繋がりですが、「漆」といえば英語でjapan、大昔から日本を代表する自然の上塗り技術ですが、明治維新ごろに需要がなくなり、また、戦後に漆の木が杉の木にリプレイスされたことにより、現在の日本の漆の自給率はたったの1%なのだそうでです。残りは全て中国からの輸入。。。悲しすぎます。

現在の子供達が大きくなる頃までにまた昔の美しい日本の山林がみられる様に、こういうこと、一歩一歩改善していけたらいいなあと思いました。

 

参考:

日本の森の歴史

日本産の漆

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中