今後のオンラインショップの運営について

こんばんは✨

おかげさまでやっと帰国の片道切符が購入できました。航空券に関する沢山の有益情報ありがとうございました。今月22日にアンカラを出発いたします。

その後のAnatolian Conceptオンラインショップですが、一旦、10月20日頃から12月6日頃まで発送を停止させていただきますが、住居とインターネット、税関係を整え次第、運営は続けさせていただく予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

なお、12月頭には夫はアンカラに戻りますので、12月7日くらいからまた発送を開始させていただけるかと思います。

 

今後の新入荷商品に関してですが、私が日本に帰国する前に撮影できるだけ撮影させておこうという夫の考えで、毎日の様に何か買い付けて来ますので、明日以降も色々掲載するかと思います。とりあえず、ヘレケ絨毯10枚、ゾランヴァリの凹凸のある可愛いキリム約8枚、アスマルック2点の撮影掲載が控えております。とりあえず、ご期待ください。在庫を減らして身軽に日本に行くためにセールやってたんじゃないんですかね??という疑問がかなり残りますが(爆)。

それから、実店舗に関しましては、日本で、夫の気にいる都道府県や物件が見つかれば、必要な資格や税務署関係等整えた上で、開店できるかと思っております。実家のある九州が良いのか、やはり首都圏が良いのかまだ答えが出ておりません。

実店舗が開けなければ、私はどこかに就職すればいいだけですので、それも結構意欲的に考えています♪ 今まで年金も保険もかけさせてもらえなかったので、娘の将来も考えてこれだけは前回の帰国中に夫に黙って再開してきました♪

 

これはまた愚痴ですが、娘は搭乗時2歳まであと1ヶ月半というところで、平均より背も高めだというのに、夫は娘の席をお金を出して確保することに反対で(どうせ空きが出るだろう、と)、娘はずっと私たちの膝の上だそうです。 2歳からですと必ず購入確保しないといけないルールがあるので、夫が何を言おうとダメですが、惜しいところです。食事のことですとか、何も考えていないですよね。娘の航空賃は払ったとしても5万円弱なんですが。。。最初で最後の片道キップ、ゆっくりしたいのですが、カードでこっそり処理しようにも、買い付けのしすぎでもうカードがきれない。。。🤗

 

それでは、その他、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!

 

 

広告

今後のオンラインショップの運営について” への4件のフィードバック

追加

  1. おー、ご主人も一緒なんですね!
    実店舗が可能なら、ぜひ、首都圏で。
    そしたら、再会出来そうです。

    でも、また、トルコから同志さんが
    いなくなるのは、寂しい限りです・・・。
    私もいつかは引き払うとは思いますが。

    いいね

    1. なかなか簡単に引き返せる距離ではないので、先延ばしになっていましたがそれがいけませんでした(笑)。
      これはこのブログを読まれている方みなさんが気になっておられる事だと思いますが(爆)、夫も一応今回一緒に日本に行き、住むアパートを決めてから、夫だけアンカラに戻ります。暫く出店のために家具類の制作をし、ショーンと一緒に日本に来る予定です。予定なのでまだわかりませんけどね。

      娘とショーンが幸せになれる道をいつも選択できるようにしたいと思います。

      いいね

  2. 実店舗を作られるのであれば、大阪・神戸へ。キリム店が減りましたので。九州へはフェリーで帰れますし、ぜひ。

    いいね

    1. コメントありがとうございます。キュ州の田舎出身でお金もなかったので日本国内旅行したこともあまりなく、今回帰国してから色々下見をしていこうと思います。神戸はアンカラで出会った方々からもオススメを頂きました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。