ついにマムルーク絨毯入荷しました

インスタグラム(@anatolian_concept)でもシェアさせていただきました通り、切望していた草木染・手紡ぎのマムルーク絨毯、世界一の工房とご縁が繋がり、取り扱いできることになりました✨

 

IMG_8651 (1)

マムルーク絨毯につきましては2015年のブログの通りなのですが、画像が消えてしまっているのでまた時間ができたときにでも書直せたらと思います。

今回一枚だけ買い付けるつもりが、どれも美しくて絞りきれず9枚仕入れています。あと3枚撮影してオンラインショップに掲載しないといけないのですが、ここ最近移動や作業を伴うお問い合わせが立て込んでおり、また、曇天の時間もあって撮影できずにおります💦

IMG_8739 (1)IMG_8786 (1)IMG_8798 (1)

ダブルノット5×5基準の細かさですので、ノットとノットの間に隠れている(縦糸の位置が前後しているので)のも数えると10×5の細かさです。IMG_8629 (1)

使用の羊毛は各家庭、各地で主に女性たちに手紡ぎされ、玉状になったものを集め、今度は男性陣が天然素材で染めるために長い束にしていきます。これも全部手作業で機械は一切入りません。素晴らしすぎます!!forblog

束にされた羊毛は太い木の枝(この自然感が最高です!)にかけられて染料とともにグツグツ。

forblogboilingwoolyarnsforblogcolordying

こちらのお写真は表面を糸切りバサミの巨大版みたいなハサミでカットしているところです。

forblogcutting

ここは洗浄場。forblogwashing

全てが中世と同じ様な環境と素材で出来上がった素晴らしいマムルーク絨毯、是非オンラインショップでご覧ください。

IMG_8486

IMG_8274

↑こちらは同じ工房のもので、クウェート政府のとある執務室(応接室?)に納品された36平米のものだそうです。綺麗ですよね〜。ちなみに80,000ドルでの納品だったそうです。

 

それからこちらがニューヨークのMetropolitan Museum of Artに保管されているSimonetta-Mamlukと呼ばれている西暦1500年のものです サイズは896.6 cm x 238.8 cm。

the_simonetti_mamluk_carpet_metropolitan_museum_of_art.jpg

17653042712_37172c8b8b_o

↑これは私がイスタンブールの絨毯博物館に行った時の写真ですが、この左のウシャク絨毯くらいのサイズになるでしょうか。

 

オスマン帝国時代の絨毯ってすごすぎますね!!

 

そんな歴史のあるすごい絨毯「マムルーク」、一生に一枚は入手してみたいですよね♪ 我が家は、永住地が決まり次第買えたらな〜と思っております。

 

shoplogo

 

 

 

 

広告

やっと来たコーヒーマシン

こんにちは😃

なかなかブログが書けません💦インターネットのping値が悪すぎて様々な作業にじかんがかかっているのも原因なのですが、業者さんに電話してもいまいち改善しないんですよね。解約もプラン変更も出来ないという事で夫はもうキレていて、消費者センターに掛け合って否が応でも解約しなければ!と言っています。

さて、一昨年の出産前にオープンハウスをした時にカプセル式のエスプレッソマシンをセルフサービスにしていましたら、抽出口ホルダーが壊れてしまっていました。どうやらそこがスイッチと繋がっているようで、修理はイスタンブールに自費で送ってそれから見積もりetc 等手間も費用もかかるということで廃棄処分になったのでした。

それからはずっと今までインスタントコーヒーで我慢していたのですが、先週バレンタインキャンペーンでミルクも自動で泡だててくれるタイプ、しかもミルクチューブの洗浄もしてくれるマシンが100tl引きだったので家にバレンタインのプレゼントという事で買いました。

まだ引っ越してからコーヒーカップを買い揃えていないのでチャイグラスで飲んでいるんですけれども💦🤭 マシンは TchiboとSaecoのタイアップ品です。

ミルクの泡立てる分量がカプチーノの量以上なので、マキアート用にちょっとだけ泡立てるのが出来ないのが残念ですが、味はとっても美味しいですし、コーヒーを淹れる(と言ってもボタン押すだけですが)ことで、産後やっとコーヒーを味わうという家族時間が出来た感じです。スチームミルクだけのボタンもあるので、娘用としても役立っています。

今日もお読み頂きありがとうございました😊

ショーン君の新しいキリム首輪

相変わらず夫に虐げられている(ほぼ無視、暴言etc)ショーン君、夫がいない時だけが私たち2人+1匹のパラダイス✨です。

Processed with PICSPLAY ショーン君の隣で大リラックスしている娘。ショーン君は娘の飲み終わったジュースの容器をガジガジ中。

 

そんなかわいそうなショーン君に先日は中華丼犬飯を作りましたら、ぺろりと平らげてくれました。仕上げに日本で買ったマルホンごま油をかけましたが、香りも質も最高ですね!享保10年から事業をされていることだけあり残留農薬も検査済み、熱も薬品も加えない圧搾だけでの抽出というのがまたいいです♪

Processed with PICSPLAY

 

今日は濡れたり酷使したりでボロボロになっていたショーンのキリム首輪を新調しました。

Processed with PICSPLAY
Processed with PICSPLAY

可愛いジジムキリム、なかなか似合ってるのではないでしょうか!!

Processed with PICSPLAY

可愛いから売れるだろうと思ってずーっと前にいくつか作ってもらったキリム首輪ですが、響かなかった様で量産はしませんでした。でもショーン君に似合っているのでいいですね!!夫に未だダメだしされますが(^^;;

あと数本ありますのでペットのサイズに合う方はどうぞ♪

Anatolian Concept ペット用首輪

 

素敵な1日になります様に🐶

 

 

 

 

 

 

 

 

ラッピング雪だるまとサンタ終了

アンカラでタイ料理のデリバリーをされているタイ人女性がおられるという事で、今日は友人宅で各種タイ料理を宅配して頂いてランチ会でありました🍴 娘と参加させて頂いたので彼女を目で追っていてこれしか写真を撮れなかったのですが、本格的タイ料理でとっても美味しかったです✨昔はApinyaという美味しいタイ料理屋さんがアンカラにもあったのですが閉まってしまったので久々のタイ料理本当に美味しかったです♪

Processed with PICSPLAY

数十種類のお料理がある様ですでに当地英米大使館の御用達だそうです。ランチボックスもある様なので気になる方はこちらから♪

それにしても娘に同世代のお友達が見つからなくて本当に心苦しい日々であります。お友達と仲良く遊んだり食べ物を交換共有したりすることが好きな子なので辛いです😓日本だったら子育て支援施設に行ったり慣らし保育も出来るのですが、、、。そんな娘ですが、一昨日まで夜中40度まで上がる熱が3夜も続き、皆ヘトヘトでありました。今まで8本だった歯がまた一気に4本出てきていてそれも影響しているのかもしれません。

 

さて、今日はギフト包装についてのお知らせです📯

昨年12月以降無料とさせて頂いていたギフト包装ですが、雪だるま柄とサンタ柄の終了に伴い、無料期間も終了とさせていただきますこと、おしらせします。今後はいつも通りのクラフト赤色(100円)で行いますのでどうぞよろしくお願いします。

Processed with PICSPLAY

昨日はストールとクレンジングミルクをギフト包装させていただきました✨

 

どうぞよろしくお願いします。

 

在庫整理セール品、セール会場にひっそりと時々追加しています。ぜひご覧ください🛍🛍🛍 カシミアストール、おすすめです!

 

 

 

 

 

 

 

バレンタインデーキャンペーンのお知らせ♪

こんにちは✨

今年の日本の雪はすごいですね!こちらでは雪は大地への乳と言われており、雨とはまた違う植物への大切な恵なのですが、今年のトルコは雪が少ない地域が多くなっており、いつもは極寒のアンカラも最近10度前後です。

さて、来週はバレンタインデーですね。こちらではsevgililer günü=恋人の日 ということで夫婦、恋人同士等がお互いに贈り物をします。

Anatolian Conceptからはお客様にこちらの石鹸のオーナメントを贈ります〜♪ 

Processed with PICSPLAY アンカラのオリーブ石鹸工房さんに販売用も含めて特別に作成を依頼していたものです✨

送料高による経費負担が大きいため一定額以上お買い物のお客様限定となりますが、もしよろしければこの機会をご利用ください。期間は2月14日までです。

 

30000円以上お求めのお客様にはこちらからお好きなものをお選び下さい。ハンドメイドのガラスがとっても美しいんです💖

100,000円以上お求めの方はこちらからお選びください。

 使用のオリーブ石鹸は全てシトロネル配合ですので、箪笥や靴箱、絨毯の間などに入れて頂いて虫除けとしてご使用いただけます。

どうぞよろしくお願いいたします💖

 

  

絨毯キリムのセレクトショップ Anatolian Concept 

今日はキリムバッグを追加しています。

 

 

タンスが出来上がりました。

こんにちは✨

昨日はとってもお天気が良くて娘をAltinKoyという大きな公園兼青空博物館に連れて行ったのですが、、、1/15から無期休業になっていました😭

さて、引越し先の絨毯部屋に引き出し箪笥が必要で家具職人さんにお願いしていたのですが、それがやっと届きました。ちょうど私たちが職人さんに注文した頃に役所からの大量注文が入っていて納期が2ヶ月ほど遅れていたのでした。

Processed with PICSPLAY

シンプルですが機能性を重視して、上にはハサミやペンを入れ、下の深い引き出しにはキリムポーチやクッションカバー等の商品も入ります。

Processed with PICSPLAY

大きい引き出しは深さ27cmくらいにしてもらいました。ちょっとイメージよりもマットに仕上がってきたので後々オイルを擦り込んでいこうと思います。

 

ところでタイトルにタンスと書いて、「今時タンス?!」って笑われるかしら、なんてふと思いながら書いたのですが、日本語があるものはできるだけ日本語を使っていきたいなあと思っているアラフォーの私です。私は高齢出産+海外生活で浦島太郎なので、日本で今「よだれかけ」が「ビブ」だの「スタイ」だのという呼び方になっていて「は?!」 っと驚いたとともに馴染めないんです(^_^;) ビブは英語のbibからきているそうですが、日本語のビブはブに子音がついてしまうので英語圏では通じないだろうなぁ〜と思っていますがいかがでしょうか(爆)。そしてスタイは何語ですか?私はイタリア語のCome stai?(元気?)のstaiスタイしか思いつきません。ちなみにトルコ語でよだれかけは前掛けönlükと言います。


10年程前だったでしょうが、トルコでも色んな単語に英語を常用しつつあったときに、政府が「できるだけ正しいトルコ語を使おう。」という様な啓発をしていたのを今でも思い出します。例えば当時プリンターはトルコでもPrinterと言う方が多かった様な感じでしたが、トルコ語で印刷機を表すYazciを積極的に使う様になり、今では電化製品店等でもPrinterという表記は見かけません。国語の弱体化は国の弱体化に繋がりますから、日本も気をつけた方がいいと思いつつ、こうやって年を取っていくのねえ老婆心とはよく言ったものだわぁ、なんて感じる今日この頃です。

今日もお読みいただきありがとうございました♪

 

 

また綺麗なキリムが入りました。

こんにちは!

今日からまた新しい週の始まりですね🗓

そんな今日にぴったりな目の覚める様なキリムをご紹介します✨

Processed with PICSPLAY

まだ届いたばかりでiPhoneで撮影したのですが、美しすぎてこのキリムの上を隅から隅まで這いずり回ってしまっています。

Processed with PICSPLAY

モチーフ的にはコンヤやアクサライの100-200年程のキリムに見られるものが多いのですが、お色や相対的にご覧いただくとお分りいただけると思うのですが、シワスになります。世界中のキリム書籍にも出ていない様なとてのユニークな一枚だと思います。Processed with PICSPLAY

最後の持ち主が30年ほど持っていた様ですが、今まで洗浄もギュネシも経ていない大切にされてきた一枚です。ただ、一時期フロアで使用するために長さを調節して(カットして)修復師にボーダーを付け加えさせた跡がみられます。そのため幅は170cmと通常のこのサイズのキリムの平均値ですが、長さは259cmと使いやすくなっています☺️

Processed with PICSPLAY

このところ曇天が多く、お日様が出ましたらどこかで撮影してオンラインショップに掲載したいと思います。

こういうすごいキリムを壁にでーんと掲示できる吹き抜けのおうちが欲しいです🏠

 

素敵な一日になります様に💕

 

 

 

 

 

 

 

美しいヘレケ絨毯

キャー!と声が出てしまいそうな綺麗な絨毯入荷しています。先日一枚のみSaray kandli柄で入荷していたのですが、ご売約済みとなりましたので、このヘレケ絨毯の制作主である元シュメルの公式ディーラーにお願いして、このサイズでの最後の在庫をいただいてきました✨

オンラインショップの商品詳細でもご説明の通り、このヘレケ絨毯は元国営シュメル工房の閉鎖の際にこのディーラーが糸を買取り、腕の良い織り手に織らせたものです。シュメルの糸は発色が素晴らしいですので、美しいインテリアの仕上げに、モダンインテリアでもクラシックインテリアでも見事に似合ってしまうんですよね。

デザインの詳細まではっきりわかる適度な長さの毛足は、しっかり詰まって弾力性があるので小さなお子様のおられるご家庭にも人気です。

↑こちらErikDaliですが、もう何年も前に一枚のみシュメルの在庫をご紹介させていただき、即日ご売約だったものと同じ配色です。可愛すぎます💕 真ん中のメダリオンはざくろ型になっているのですが、ディーラー曰く、誤りではなくて織り手さんがミフラブのように方向性をつけたくてこの様に仕上げた様です。

↑こちらは先日ご売約頂いたものとほぼ同じ配色のSaray Kandiliです。やっぱりヘレケ絨毯ってすごいなあ、と感心してしまう高度なデザインだと思います。

 

 

↑最後はErik Daliのグリーン✨ お部屋を明るく上品に仕上げてくれる人気色です。時間帯や日差しの具合で微妙に色が違って見えるのも魅力だと思います。

 

どれも肌触り、寝心地、踏み心地抜群ですので、是非オンラインショップにて詳細写真をご覧ください♪

Anatolian Concept オンラインショップ  ヘレケ絨毯(新品)のページ

天然素材100%の敷物というのは畳の様に心地の良いものですし、トルコや日本等、靴を脱いで使用していただく場合には100年は軽くもちますので、親子代々引き継いでいただくことができる調度品です。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。info@anatolianconceptshop.com

 

 

 

 

ローゼンス商品同梱価格設定しました。

こんにちは✨

オンラインショップのカレンダーで表示させて頂いていたのですが、22日まで不在にさせて頂いておりました。その間もご注文くださった方々ありがとうございます。不在中のことについてはブログに書く時間ができましたら書きますね♪(といつもこういう流れで書けていない。。。)

 

さて、一昨日きれいな白菜を入手しまして、今度こそキムチを作りたいと思ったのですが発酵させる材料を持っていないので、友達がナンプラーを持って来てくれてキムチ指導してくれました😁

私が初めてトルコに来た2006年はまだ白菜は売っていなかったのですが、ここ数年大きめのスーパーではこの時期見られる様になり、大根も人参みたいに細いものしか昔はなかったのですが最近は日本の大根なみに太いものが売ってあります、が・・・収穫作業が荒いのか、どれもかなり深い傷がついていて痛々しいです(T ^ T)

Processed with PICSPLAY

しかし「白菜って生でこんなに美味しかったっけ?!」というくらい美味しくてキムチにする前に生でお塩でいただく手が止まりません!!

 

さて、本題ですが、今年に入りトルコ郵便の郵送料がかなり上がり、もうネット販売やっていけないんじゃないかというところにおります。。。その上昇率40%! すでに去年から毎回の郵便局での支払いが1000TL超えており、お金をおろしてもおろしても足りない状況だったのですが、今年はもう恐ろしくて、、、、(~_~;)

この関係で、ローゼンスの商品に関しまして、絨毯キリムとの同梱価格を設定しましたのでおしらせします。同梱で以前よりもお求めやすくなっております。

 

110909097_Fotor

各価格はこちらからご覧ください。

Rosense ローズウォーター300mlボトル 

Rosense ローズウォーター100mlスプレーボトル

 

それから、私が7年来愛用しておりますクレンジングミルクも取り扱うことにいたしましたので併せておしらせします。私は一般的なクレンジング品は肌えの刺激が強すぎてダメなのですが、これは乾燥肌用ということもあり、クレンジングと同時に保湿までしてくれる感じがあり、また、香りも良いのでおすすめです。ホホバオイル、ビタミンE、きゅうり/ローズ/オート麦エキス配合です。

127478803

Rosenseクレンジングミルク 

 

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

 

おしらせ

ポイント10倍キャンペーンは本日25日までです♪
会員登録及びログイン後にポイント加算されますのでご注意くださいませ。

 

 

 

 

シュメルのレアなヘレケ絨毯100周年記念

こんにちは✨

今日はアンカラは雨☔️、午後からお花の鉢を隠すための籠を買いに出たのですが、帰りはモールの駐車場内からずーっと渋滞でした🚘 モールで歩き回った娘は良い具合に疲れた様で車内で熟睡。歩ける様になってちょっとお昼寝する様になりましたが、夜中の授乳に起きる回数が増えているのはなぜでしょうか・・・(^_^;)

 

今日は先日オンラインショップに掲載しましたシュメルのヘレケ絨毯、100周年記念のものをご紹介します。

1933年7月11日に創立されたSumerBankシュメルバンクですが、SumerBankという名前はアタトゥリュクによってつけられたもので、ヘレケ絨毯等の絨毯や布地の制作はオスマン帝国時代からありました。ヘレケ村で1843年に創業の始まったヘレケ絨毯や布製品ですが、当時はまだ帝国のものとして運営されておらず、1891年に時のスルタンアブドゥルメジドによってオスマン帝国運営のものとして帝国をあげて世界に向けた最高級の絨毯がおられる様になりました。その時から数えて100年目の1991年に織られたのがこのシュメルバンク100周年記念の絨毯になります。

↑こちらは以前ヘレケ絨毯工房に行った時に撮影したものですが、縦糸の詰まり具合がすごいですよね。ここに素早く指を入れて糸をかけていくのですが、みなさんプロですので結構なスピードです。それでもやはり一日に進むのは数cmという根気のいる作業です。

 

お色はオフホワイトをベースにシュメルの美しい赤。とっても上品なお色です。

空白を埋め尽くす様に織り込まれた花々が立体的に見えてとっても綺麗です✨

約25年前に織られたものですが、シュメルのディーラーの元で大切に保管されており、数回の専門の洗浄を経ただけですので、こんなに綺麗な新古品です。

シュメルのヘレケ絨毯は本当に入手困難で、日本国内絨毯店でも在庫は殆どないでしょうし、トルコにツアーで来られても現在入手不可となっており、現在はほぼ独自工房で織られたものが販売されております。

素敵なトルコのヘレケ絨毯、それも100周年記念の特別な一枚、是非いかがでしょうか

 

 

※内容の無断転載、固くお断りいたします。