14K ハンドメイドジュエリー入荷

こんにちは。

 

先日、オンラインショップに14Kのハンドメイドジュエリーを追加させて頂きました♪

 

本品の職人さんはイスタンブールにいらっしゃるため、なかなかアンカラに入ってこないのですが、待っただけあって素晴らしいものを3点買い付けいたしました。

 

ピアス2点にリング1点、ぜひオンラインショップにてご覧いただけたらと思います。

http://www.anatolianconceptshop.com/?mode=cate&cbid=1720345&csid=0&sort=n

IMG_6736_Fotor

14Kにマット加工を施した、一見22Kや24Kともとれる濃い金色で緻密に仕上げられたジュエリーをスズランの様に可愛い3〜4種類の天然石が飾っております。各々の揺れ具合も可愛いんですよ❤️

 

お肌のお色に映えます♪

IMG_6800_Fotor

 

3点ともトルコの有名金属店の取り扱い品ですので、しっかりとした箱もついてるため贈り物としてもお喜び頂けると思います。

IMG_6851_Fotor

 

取扱店発行の証明書も同梱いたしますのでご安心ください。

IMG_6742_Fotor

 

 

このような緻密なデザインのハンドメイド品ですと、他国では加工代がかなり上乗せされてしまいますが、トルコならではの価格にてお届けいたします。

 

どのジュエリーも色で主張しながらも華奢なラインが美しい、品のあるお品です。

ジュエリーは見ているだけでも女性を素敵な気分にしてくれますね。

 

 

お読みいただきありがとうございます。

お読みいただいたおしるしに、下のバナーを1クリックしていただけますとブログ更新の励みになります。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

 

 

↑ブログランキング参加中↑

 

 

 

部族系とヒッタイトのジュエリー

素敵なハンドメイドアクセサリーは色々と出掛けるたびに買い付けているのですが、こちらでイベントに出店させて頂く時にすぐに売り切れてしまいます。

 

先日のイベントでは当日つけていた天然石ピアスも『娘のクリスマスプレゼントにそれがいい!外してもらえるかしら?』とアメリカ人マダムに言われ『え?良いんですか??』と何度も聞き返しながらお包みしてお渡ししたのでした。

 

さて、ここ数年はトライバル系が本当に人気ですが、まだまだ珍しいアフガンのトルクメン部族によるネックレスを2点お入れしております。私も月の半分以上はこれをつけています。

IMG_5754_Fotor

今年の冬はトレーナーやセーター等の上に大きなネックレスをするのも流行っていますから、ちょうど良いかもしれません♪

 

部族系の味たっぷりに、軽い金属ビーズと木のビーズの中に通っている紐は木綿なんですよ。

 

定期的に乾いた布で磨いてツヤを出して頂けたらと思います。

 

身につけて頂いた時の長さはこんな感じです。

IMG_1146neko

このお品はトルクメン部族のアクセサリーを卸して下さるアフガン人達がアンカラを訪れてくれる時しか買い付け出来ないため、次回入荷は未定です。何卒ご了承下さいませ・・・。

 

それから、こちらはとっても素敵な金色のピアス☆

アンカラのハンドメイド作家さんの作品です。

IMG_5730_Fotor

スターリングシルバーに金メッキを施したヒッタイトモチーフと天然石2種類が素敵に配置されたハンドメイド感たっぷりのシックなピアスです。

IMG_5733_Fotor

着けた時のサイズはこんな感じになります。

ちょうど良い、品のあるサイズなんですよ。

因にマフラーは義祖母の手編みです。

IMG_5724_Fotor

他にもアンカラのビーズ作家さん達によるビーズジュエリーもございますので、是非オンラインショップでご覧頂けたらと思います。

http://www.anatolianconceptshop.com/?mode=cate&cbid=1720345&csid=0&sort=n

どれも世界にひとつの素敵な手仕事品です♪

 

 

22Kバングル♪

こんにちは。

実は先日、夫にこれを買ってもらいました☆

22K、25gのバングルです♪

 

夫と私は2009年に入籍したのですが、結婚式を行う費用と時間がなく、近所のモスクでimam nikahイマーム ニキャー(又はhoca nikah)というイスラム教上の結婚儀式を行って頂きました。

※イマームはモスクの指導者の方

 

その儀式の中で、突然イマームに『旦那さんに買って欲しいものを何でも言いなさい。家とか土地とか車とか金のネックレスとか。』と言われ『金のバングルを。』と伝えたところ、イマームは『え?そんだけ?他には?』という反応だったのですが(笑)、その時お願いしたのがこのバングルです。

 

当時それをお願いしてから、夫と一緒にテ○フ○ニーのこちら↓にしようと話していたのですが、そうこうしているうちに私の単身赴任も始まり、金の価格も上がり、、、、と、いつのまにか3年が経っていました。

 

あんまり長く放置していても縁起が悪いよね・・・。という事で先月いくつか宝石店を周り、最終的に決めたのが最初の写真のバングルです。肌身放さず24時間着けていますが、手打ちでマット加工なのでファッションも選ばず品があるところが気に入っています。お墓まで持って行きます^^  。

↑トルコの宝石店はこんな感じのところが多いです。石よりも金がメインですね。他のイスラム教国の人々同様、女性はお金を金のネックレスやバングル等に替えて身につける方が多いです。

 

因に、なぜイマームが女性に欲しいものを聞くのかと言いますと、イスラム教においては、結婚において男性は女性の欲しいもの(マフル)を贈らなければならず、それがなければ結婚に至れないのだそうです。(※マフルについて詳しくはこちらをご参照)

 

私のイラク人の友人は『大事な女性を嫁に出すんだから当然よ!払えない男となんか結婚してはダメ!』と22金のベルトやティアラ等たくさんのマフルを見せてくれました。ただ、トルコにおいてはこの習慣は他のイスラム教国に比べてメジャーでない様に思います。

 

ところで、私は異教徒なのでモスクでのイマーム婚はお断りされると思っていたのですが、問題なかった様です。寛容ですね。改宗も一応奨められましたがやんわりお断りすると、『あっ、そう』とあっさりしていました。

 

ただ、この私達のイマーム婚、証人は義母と義母の当時の夫だったのですが、二人が離婚してしまって縁起が悪いので仕切り直しをしようという話になっております(マフルも仕切り直し?)。

 

話を金に戻しますが、金自体の価格は世界中であまり変わりはないのですが、トルコは加工費が小さいので、金のアクセサリーも先進国よりだいぶ安く購入する事が出来ます。 ご興味のある方はご連絡頂ければご協力致します♪

最後までお読み頂きありがとうございます。

ブログランキングに参加しておりますので下のバナーを是非クリックお願いします。

現在1日に2〜4名の方からクリック頂いております。ありがとうございます♪

 にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ