終わるのか、キリム織り

一時帰国と胃痛で二ヶ月も空けてしまったキリム織りですが、先週再開して2日間通う事ができました。

 

やっと最後のモチーフまで来たので、あとはそれを完結させてボーダーを織っておしまいなのですが、一部に1目間違いを発見し、その間違いの始まりはどこだったのか探せずにいます。なので何段か解かなければなりません。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

ちなみにモチーフは私はエリベリンデを織っていきたかったのですが、先生が勝手にエリベリンデの頭部分だけの半エリベリンデなんてものに変えてデザインしてしまったので、大切なファーストキリムながらも自分の希望が通らず、不完全モチーフという不満の残る一枚であります。

 

教室での年配+ワガママ+干渉好きのトルコ人達との付き合いもほとほと疲れるのでさっさと終わらせたいのに1目間違いでつまづいてしまって途方に暮れています〜。

 

教室は6/15日に終了するのでそれまでには何としてでも終わらせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お天気悪いのですがとりあえずアンティークget!

こんにちは。

今日は午後からお天気が崩れましたが、アンティークのキリムを入手して夫も私もウキウキですぐに撮影しました。お天気の日に撮影するのと曇りの日に撮影するのはこうも雰囲気が違うのか〜と思いながら撮影しましたが、その分、各々の天然色が綺麗に出たような気がします。

IMG_7113

こちらのキリムをwhatsappで紹介された時は一見マラティアかと思っていましたが、至近距離で細部まで見るとレイハンルですよね〜。夫は仕事を辞めて一年がすぎましたが、すっかりキリム絨毯に私よりもマニアックになっていて、どんどんつながりを増やし、彼のwhatsappにはいつも何かしらの写真が送られてきてチリンチリン♪と朝から晩まで受信アラームが鳴っているんですよ。今やトルコの絨毯キリム、骨董、それから遺跡発掘などにはwhatsappが欠かせない存在です。日本でいうLine並みの普及です。

IMG_7115

このボーダー模様で囲まれた狼の口モチーフの余白部分を埋めている紫色、これはこちらでパッテジャンモルPatilcanMor=なす紫と呼ばれている紫で、こちらの修復師達が色の生成にもっとも苦労する天然色の一つです。

IMG_7116

IMG_7117

あとこのアプリコットオレンジも。IMG_7119

この何重ものギョズ、どこかで見た覚えがあるのですが、今はちょっと思い出せません。シナンルのキリムにあったのかな。

IMG_7120

このモチーフ、なんて可愛らしいのでしょう〜。

IMG_7121

レイハンル達はよく隙間にゴリ押しのようにモチーフを入れますよね。

IMG_7122

とにかくどの色も美しいです💕

IMG_7123 IMG_7124

びっくりするのがこの糸の細さ〜。縫製用の糸みたいに細いですよ。IMG_7125 IMG_7126

こういう細い糸を眺めていて思い出しましたが、東京に糸紡ぎカフェというのがあったんですね♪ 今はお店は閉店されて、期間限定カフェやワークショップを随所でされておられるそうです。→CottonVillegeご覧になってみてくださいね。和綿を紡ぐ大変素敵な活動です〜✨明後日は中目黒で、今月末は杉並であるみたいですよ〜。

IMG_7127 IMG_7128 IMG_7129

さて、この一世紀以上生きているキリムは来週スルタンハンに修復に持ち込みます✨仕上がりが楽しみですー♪

宝くじでも当たれば大きな吹き抜けのある家を買って、こういうアンティークをどーんと壁に飾りたいですね〜。

 

話は変わりますが、ここ数ヶ月、トルクメンの絨毯やカシュカイ等々いろいろな分野部族についてご質問が来ますが、最近本当にそういったことを掘り下げたブログを書いていないですよね。夫が仕事をしていた時は1日9時間くらいが自分だけの時間だったので読書やトルコの大学や研究所のPDF資料なんかをじーっと読むことができたのですが、今は本当にじっくり集中する時間というのがとれなくってどうしたらよいものか困っています。定年後の夫婦ってこんな感じですかね(笑)。スルタンハンに行く際にギョレメに泊まるので、そこのプールでチャプチャプリラックスしてきます〜。と言ってもちろんまた夫と一緒ですが。

 

 

目の保養キリム💕

絨毯屋巡りは楽しいけれど、全てが万単位のお買い物ですから目の保養に止めざるを得ないことがしょっちゅうあります^^。許可を頂けた時は撮影させていただき、時々眺めてはうっとり浸ります。

こちらは夫の用事でついていったのですが、私の目はワンキリムにとまり、全部広げてもらいました。運が良ければ買い付けしてもらえるかもしれない、という期待を大に。。。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

ワンキリムはどれも魅力的ですが、今回こんな珍しい構図のものをみつけました。ワン(ハッカーリ)キリムなのですが、カルス・カーズマンの雰囲気があるんです。色もモチーフも素晴らしく喉から手が出そうなほど欲しいのですが、夫に却下されたのでかれこれ一ヶ月毎日この写真を眺めています。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

 

お次はカイセリに買い付けに出た際にみつけた細かいシャルキョイ💕

IMG_7199

 

IMG_7202

細かいだけではなく、色がまたいいんです〜。

IMG_7203

昔の方の”これでもか”というくらい隙間をモチーフで詰めこむ織り方、本当に素敵です。この↓白い部分のモチーフのつなげ方って本当に高度だな〜と思います。

IMG_7206 IMG_7207

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

また面白いキリムを見つけたらシェアさせてください♪

 

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

 

ブログランキングならblogram

 

アップサイクルキリムも入りました♪

昨日アップさせて頂いたバッグのブログがいつもの2倍以上のアクセスでびっくりしています。

週末にもかかわらず皆様ご来訪ありがとうございます〜。

 

今日は久々に入りましたアップサイクルのカイセリキリムのご紹介です。

 

デザインを全て古いキリムからとっていますので、日本ではリプロダクションとも呼ばれているかもしれません。このキリムは、カイセリにトルコ中から古い無地の羊毛キリム(手織りの収納袋など)を集め、村の方々と工房主が一緒になってそれを解いて、洗って、新しい羊毛玉を作ります。その毛糸玉を使って織り上げられるのがこちらのキリムです。再利用してさらに良いものを作り出す、ということで欧米には一律にアップサイクルドキリム(upcycled kilim)として出ています。

IMG_6123

価格もお手頃ということで織られてはすぐに欧米に売られていくので今回買い付けたものもどれも織りあがったばかりですが、すでにオールドの雰囲気が出てがしているのが特徴です。糸が古いですからね♪

IMG_6133

古いと言ってもしっかりと撚りをかけて製糸されたものですので、耐久性は新品と同じでとっても丈夫です。

IMG_6139

ちょっとしたスペースに是非ご活用ください。

IMG_6169

可愛いモチーフが落ち着いた色で織られていますので、たとえば、キッチンに敷いていただくとお料理が楽しくなりそうですね!

IMG_6199

素敵な一枚が見つかります様に♪

http://www.anatolianconceptshop.com/?mode=cate&cbid=1863532&csid=0&sort=n

 

全て均一価格、送料込みの破格でお出ししております。こちらのお品のこれ以上のお値下げの予定はございませんのでご了承ください。

 

 

キリム織り進捗状況

今日は母から小包が届き、ネットで注文していたiPhoneカバーの他に靴下がたっぷり入っていたのですが、この、足首部分が網目かつ2重になったものが大ヒットで早速朝から履いています。足首を保温して脚全体が温まる感じです。ここ数年、足首の冷えが恐ろしく酷く、ゴリゴリ痛みを我慢しながらリンパと血行のマッサージしてはいるのですが、しばらくこの靴下に甘えます。

Processed with Rookie Cam

Processed with Rookie Cam

 

さて、キリムを織っておられる方々もこのブログにたくさん来られており、私のキリムの進捗状況も気になっておられる様なので、恥ずかしいですが一昨日の状況報告です。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

 

週に2日、朝から夕方まで織っていますが、1日に数センチしか進まないんですよ。間違うと結構な量を解かないといけないですしね。そのため翌日の全身倦怠感がすごいです。周りのご年配の方々は驚くほどお元気で、先日は隣の方がなんと上着を脱いで半袖で織っておられて、その血の若さに脱帽です。その方々はみなさん職業訓練所に徒歩で来られる距離なので、時間を見つけては来て織っておられ、既に2m程のものが仕上がりそうな勢いです。

 

私はもっと違うモチーフが織たかったのですが、先生が「幅にはまりきらないからダメ。」というのでかなりシンプルなキリムになっています。目を数えてみたら、私の織りたかったデザインでも十分はまるのですが、それを伝えたら「あっそう。でも今更しょうがない。」だそうです。先生はどの生徒にも「はまりきらない。」「そのデザインは大きいからダメ。」っと言っており、昨日も75歳の生徒さんが「じゃあどれを織ればいいの?先生は全部大きいっておっしゃるけど?」とおっしゃり、みんな吹き出していました。とは言え、アンカラでは現在この先生しかキリムを教えることができず、また、素晴らしい目を持っておられる先生です(2m先から生徒の織り目の間違いを見つけることができる!)。

 

 

なお、この職業訓練所ですが、もちろん技術習得も大きな目的ですが、イスラムのお国柄、外に出る機会が少なくて家でこもって鬱になってしまう主婦陣に外に出る機会を与えるという目的もあります。また、「夫が定年後家にいて、一緒にいると息がつまるから行く。」という方もたくさんいらっしゃいます。それでも、こういう訓練所にすら行かせてもらえず家に篭っている、という主婦の方々もたくさんいらっしゃいます。

 

 

それでは、また進捗状況を報告できる様に頑張ります。来週は下の方に左右に張っている平衡を保つ太い糸を外し、手前に回転させて、織っている部分を目のちょっとしたあたりに持ってくる作業があります(2人がかり)。そして、そのうち織り機を仕入れて、家でも織っていきたいな〜と思っています。

 

 

 

 

Anatolian Conceptオンラインショップ

絨毯キリムのセレクトショップ

トルコから世界中にお届けしています。

shopbannar

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安全第一

昨年のトルコの炭鉱大事故以降、職場における安全について様々な規則が厳しくなりましたが、お国柄からいって完璧な職場の安全確率には程遠いものがあるのだと思います。まず貧困層にある方達にとっては安全よりもお金とならざるを得ませんし、また、人々の価値観というものがかなり幅広い。工事現場にはここぞとばかりに「安全第一」を掲げるプレートが数種類貼り付けられて(義務)おりますが、ヘルメットなんて慣れないものを急にかぶれと言われても、、、といわんばかりに皆ヘルメットを横に置いて作業しています。

 

さて、そんなことで、私の通っている職業訓練所のキリムクラスにもトルコの厚生労働省の下にある職業健康安全局の職員が点検にこられました。

 

テズギャー(織り機)の倒れかかっているものはないかとか、色々チェックされていましたけれど、一番チェックされたのがこのキルキット!

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

 

「なんですかこの刃物は。。。危なすぎる。」

刃物じゃないんですけれどね(笑)。これを数分に一回使うので、皆手元に近いところに置いているわけですが、職員の方からしてみるとそれがいかんと。。。。

 

 

昔のトルコでは男たちがキルキットやキリマンを作り、女たちがキリムや絨毯を追っていたわけですが、現代トルコ男性から見ると「なんじゃこの凶器!」と映った様です。

 

夫にその話をしましたら、まあ、トルコの職業訓練所ではよく喧嘩も起きるわけで、そのうち凶器になることもありえなくもない、ということで、納得とちょっと怖くなりました。

 

安全第一で織っていきたいと思います^^。

 

 

 

 

 

キリム織っています

 

この秋からキリム織りに通っています。

 

昨年はとうとう通うことができず、今年からやっときちんと通えそうです。とは言っても、ケチオレン市というチャンカヤ市から離れたところにあり、朝夕の渋滞で環状線(時速82kmまでOK)を使っても片道40分かかります。また、世界一ガソリン代も高いですので、その点もいつもヒヤヒヤ〜。

 

キリム織のメンバーは殆ど50代のベテランさんがたです。外国人の私を受け入れてくれてありがとう!!

 

IMG_6898

IMG_6892

IMG_6895

朝9時過ぎから夕方4時までずっと織っているのですが、全然進みません。織っても織ってもキルキットで打ち込むと織った幅の半分に下がります。

IMG_6894

こちらが念願のMyキルキット〜♪ ずっしりしっかり打ち込んでくれます!

Processed with Rookie Cam

 

 

キリムを織るのももちろん時間がかかりますが、織り機に(テズギャー)に糸をセットするのがまた力作業で、実際二日かかりました。

IMG_6745

縦に糸をかけた後、縦糸をからめながら、横棒に別の糸をかけていくこの作業がまたややこしい!

IMG_6746

私の糸は他の生徒さんの糸よりも細いのですが、先生がそれに気づくのが遅く、一旦かけた糸の間を狭く縮めていくのにまた半日かかったのでした。。。

 

現在、もう少しでボーダーが終わりそうですが、一枚終わるまでにどのくらいかかるのやら。レッスンは来年6月までの予定です。

IMG_6897

ちなみに、私が使っている糸は草木染め糸です。以前オンラインショップでも販売させていただいていたのですが、以前よりも価格が2倍以上になってしまっているため、現在取り扱いを見合わせています。ごめんなさい。

 

IMG_6735

ここの草木染め糸はとても綺麗なのですが、糸がチルチルととなっているので、解くのにかなり時間がかかります。

時間をみつけては、キリム織用に縦長に少量ずつ巻いています。

IMG_6736

 

経過を時々ブログで書ける様に頑張ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

アップサイクルのニューキリム入荷です♪

こんにちは!

こちらは今日は雨でどんよりしていますが皆様のお住まいのところは如何でしょうか。

 

今回心も体もとってもハッピーになれそうなキリムを仕入れていますのでご紹介します。

何十年も前に織られたキリムを集め、その糸を解き、洗浄した後に再度キリム糸として縒り直した糸で織られたキリムです。

アップサイクルキリムとしてオンラインショップに掲載しております。

 

IMG_8151_Fotor

IMG_8165_

IMG_8177_Fotor

IMG_8190_Fotor

 

デザインはどれもトルコ各地の伝統のデザインや博物館やコレクションピースを引き継いだものばかりです。

IMG_8203_Fotor

IMG_8215_Fotor

 

IMG_8231_Fotor

 

 

新品なのにオールドキリムの様な落ち着きのある雰囲気が味わえる素晴らしいキリムで、世界各国で大変人気です。

工房主から直接買い付けていますので、数百枚のなかから特に素晴らしいものを厳選してきましたので是非オンラインショップにてごらんください!!

http://www.anatolianconceptshop.com/?mode=cate&cbid=1863532&csid=0

 

最後に、久々にキリムを使用したインテリアのアイデアをご紹介です。

Kilim-rug-and-pillows

kilim-rug-modern-room

kilim-open-floor-plan-living-room

modern-loft-kilim-rug

 

お読みいただきありがとうございました♪

 

 

 

可愛いキリムバッグ入荷です♪

今年1月30日付けの過去ブログでバーバーリーコレクションでの絨毯キリムバッグを紹介させて頂いた事がありました。

一目本物が見たくて羽田空港国際ターミナル内のバーバリーの店員さんににどこで買えるか聞いてみたのですが、売り物ではないという事でありました。

 

00b1146741ca50da72170d4d9adf5825

00100h_426x639

 

しかし、今回仕入れに出掛けた際にほぼ同じタイプで複数のバッグ工房さんが作っておられたので夫がお気に入りと一緒に撮影。

バーバリーのよりは一回り小さい様な気がしますですが、このくらいで丁度良いですよね〜。キリムも上等品です♪

 

IMG_3996

今回はこの男性用バッグは買い付けていませんが、ご希望の方には工房からお写真を取り寄せますのでお気軽にお知らせ下さい。

info@anatolianconceptshop.com

 

また、今回初めてキリムの札入れをご用意しておりますので、宜しければオンラインショップでご覧下さい。写真をオンラインショップにリンクしております。

IMG_4818Fotor

 

 

 

それから、ご好評を頂いている女性用のバッグは今回各種合計26点ご用意しております。

今回も美しいキリムを使用したものばかりでどれにしようか本当に迷ってしまいそうです。

私は現在2個のキリムバッグを使い回しているのですが・・・毎回色々追加で欲しくなってしまいます。

IMG_4919_Fotor

IMG_4905_Fotor

IMG_4832_Fotor

IMG_4808_Fotor

IMG_4756_Fotor

IMG_4738_Fotor

IMG_4697_Fotor

IMG_4640_Fotor

 

どれもとってもお洒落ですので、是非オンラインショップにてご覧下さい。価格は全て送料込価格です♪

http://www.anatolianconceptshop.com/?mode=cate&cbid=1393871&csid=2&sort=n

 

 

 

 

可愛い〜キリム買い付けています♪

今回の仕入でまた可愛いキリムを買い付けていますのでご紹介します♪

夏のギュネシ[アンタルヤでの天日干し]とユカマ[洗浄]を経てまだ絨毯屋さんの店頭に並ぶ前のものを買い付けてきました。

 

まずはこちらのランナー。

可愛いシワスのジジム織りです。寒〜い廊下やキッチンに丁度良いサイズかと思います。 しかもモチーフがとっても美しい!!

IMG_2647_Fotor

 

こちらはコンヤ。可愛いタッセルが3角についています。きっと元々は4角についてのたのだと思いますが、経年でとれてしまったのかもしれません。ボンジュク[ビーズ]が3カ所に縫い付けられている縁起のいい一枚です。

 

IMG_3176_Fotor

 

お次はエルズルム。ちょっとマラティアっぽいカッコいい色使いがいいですよね☆縦糸は山羊の毛ですので、強度と適度な防寒もばっちりです。

IMG_2665_Fotor

 

こちらはニーデ。

いかにも『家庭で織られた』雰囲気溢れるカッコいい一枚です!!

IMG_2683_Fotor

 

 

 

こちらはとっても可愛いアダナの一枚。幾何学的力のありそうなモチーフですがサーモンピンクの可愛さやボーダーのモチーフが素敵な絵画の様です。タペストリーにしても素敵ですよね!!

IMG_2699_Fotor

 

 

 

こちらはアダナっぽい発色のエシュメ。なかなかないサイズです。アブラージュ等ハンドメイドの味に溢れています。

IMG_2730_Fotor

 

最後はイチオシのコンヤのジジムキリム。トルクメンの絨毯みたいな構図が可愛すぎる羊毛でジジム織りされています。この全体写真ではどうしてもつたわらないのですが、至近距離でみていただくと本当のかわいいですので、是非オンラインショップでご覧下さい。

IMG_2743_Fotor

 

 

各お写真は各お品にリンクされておりますのでどうぞよろしくおねがいします♪

http://www.anatolianconceptshop.com/?mode=cate&cbid=1248860&csid=0&sort=n

 

素敵な日曜をお過ごし下さい☆