アンカラに戻りました🎵

買い付けと修復でコンヤとアクサライに用事があり、24日ー27日の間、アンカラを不在にしていました。

用事一見目はアンカラから260kmのコンヤ。キリムの用事の前にメヴラーナで娘のお祈りをしてきました。初詣みたいな感じなのですが、生後なかなか行く時間がなかったので今回ついでに行って来ました。Processed with Rookie Cam

しばらくコンヤに行っていなかったのですが、中心地に入る手前の道路拡張整備と緑化が終ってとても綺麗になっており、また、メヴラーナ博物館周辺の整地にトラムも通っていてイスタンブールのスルタンアフメットみたいになっていてびっくりしました。

お祈りの後は遅いお昼ご飯。コンヤに来たら絶対食べたいEtli Ekmek。ピデ状ですがなぜかEkmek(パン)って呼ぶんですよね。我が家はいつも老舗のBolu Lokantasiというところで食べていますが、いつもクラシックなEtliEkmekを食べていたのですが今回チーズ入りPeynirliを選んでみたところ美味しすぎてほっぺたが落ちそうでした😋ジューシーでトロトロでだけどちょとクセのあるチーズとひき肉にパセリが効いて最高。今度いつかまたこれだけを食べにコンヤに行きたいです〜。Processed with Rookie Cam

肝心のキリムの用事は先方にすっぽかされたので食後すぐにコンヤを退散し、次はアクサライへ150km車を走らせました。コンヤからアクサライに行く直線道路沿いはプレーリードッグがみられるんですよ。アメリカのプレーリードッグより小さく、正確な種類名はわかりませんがが、可愛いので機会があったらみてみてくださいね。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

↑実は写真のど真ん中に1匹かすかに見えます。

アクサライへはキリムの修復と洗浄の依頼に行き、修復師さんの工房に小一時間お邪魔しました。その後、宿泊のために100km走ってネヴシェヒルのギョレメへ移動しました。Anatolian Housesが平日特別料金で一泊朝食付き大人2人で150TL(4700円)ということで一泊だけ予約しておいたのですが、夫婦共長距離移動の疲労が激しかったため結局3泊し、発つ時になってようやく疲れが取れた感じです。このホテルに泊まるときは私はいつも早朝にひと泳ぎしていたのですが、今回は旅の疲れと夜中の授乳などで一度も朝早く起きることができず、体力の衰えに危機を感じたのでした😵

↑ホテルもギョレメも綺麗なお花でいっぱい🌷こんな素敵なお庭が持てたらいいですね〜。

ホテルのお部屋からの眺めも最高でした✨こうやってお日様と景色を窓も戸も開けっ放しで見られるってなんて贅沢なことでしょう。この景色を見ながらの授乳兼読書なんて最高でした。アンカラに戻りたくないなあ〜。

IMG_2888

ホテルではこんなヘルシーな朝食を頂きましたが、特にこのヤイラチョルバス(高原のスープ)がまた最高に美味しくてお替りしてしまいました✨ トルコ料理のスープって本当に美味しくてヘルシーです♪

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

滞在中は雨や雹が降ったりとお天気は不安定でしたが、晴れ間の間に少しギョレメをベビーカーを押しながらお散歩しました。

IMG_2934素敵なカッパドキアの風景と共にたくさんの動物達にも出会いました。春はどの動物も赤ちゃんが生まれる季節でこの仔馬はまだ生まれて数日といった感じでした。可愛らしい💓 IMG_2923

そういえば日本でサギの駆除中に間違えてトキが殺されてしまったというニュースがありましたが、サギの駆除というのは日本ではこういう子の生まれる季節にも行って良いものなのでしょうか。または、この時期をわざと狙って駆除するのでしょうか。トルコ人達にこのニュースを話すと皆怒り驚いていました。鳥というのは夫婦愛がとても強く、つがいを失うと自然界では次を探すことなく深く落ち込んで亡くなるか弱っている時に敵にやられてしまいますが、この残されたトキのオスもたいそう苦しんでいることと思います。こんな事故が2度と起こらないことを祈ります🙏

IMG_2930↑ここにはホロホロ鳥が隠れています。広い大地を好きなだけ駆け巡れる幸せな飼い鳥達、って全然見えないですよね。足が速くて全然撮影できませんでした。IMG_2933

 

アンカラでベビーカーに娘を乗せて外をお散歩なんてこの半年で3回くらいしかできていないので、ギョレメに滞在できて本当に良かったです。IMG_2993

今回は時間がなくてローズバレーには行けませんでしたが、帰りに5分だけレッドバレー(↑)に寄って来ました。10年くらい前に夫とハイキングした時以来ですが、次回は娘も一緒に歩けたらなあと思います。

 

そして、ギョレメから300km、クルシェヒル経由でアンカラに戻って来ましたがやっぱりアンカラはまだ寒いです。気温16℃ですが、雨で建物がまた冷えたので暖房が必要です。膝が冷えるんですよねえ〜。

 

お読みいただきありがとうございました。

banner1.jpg
ブログランキングに参加しています。ポチッと押していただけたら嬉しいです⭐️

shoplogo

 

広告

夏旅4 カシュ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

前回に引き続きまたカシュです。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

滞在は去年と同じ半島にあるVilla Lumina

喧騒が嫌いな私たちにぴったりの小さなプチホテルです。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

29412320603_cdcc273999_z

どこもかしこもアットホーム💕

30039546265_9cf5a6e56e_z

部屋からの眺めも最高♪ 穏やかな地中海が目の前です。30064760775_7699e01593_z

カシュでは3泊しましたが、朝食前と夕食後はプールで水泳。アンカラでブヨブヨになった体と皮膚がだいぶ締まりました。水泳はやっぱりいいですよね〜。30076684326_b9d3c17417_z

お昼は去年行った時に見つけたこの穴場でシュノーケルと読書📙

30064818775_ec6eb80a9c_z

すごく綺麗な場所です✨  今年は綺麗なイカの集団もたくさんいて、一緒に泳げて楽しかったです。日本の母には”妊婦がそんなに泳いで大丈夫なの?!”と心配+呆れられていましたが、この夏は夫も私もものすごいストレスを抱えていたので浮力と水の恵みで心身リラックス、それに妊婦に出やすい腰痛も出なかったんですよね。29981686511_cbef8b1b2e_z

ああこの綺麗な海に今すぐまた浸かりたい🐳29437375514_ed5ef948f4_z

 

カシュには5泊くらいゆっくり滞在する予定でしたが、ここに滞在中に義祖母関係で嫌なことがあって夫と喧嘩になり、せっかくの最後の二人旅の始まりが台無しになって気分が悪くなったことがありました😩今となっては笑えますし、また一つ成長しましたが、それについてはまた明日にでも🎵

 

 

 

 

夏旅3 カシュ

果物三昧を抜けてお次はKaşカシュ。

カシュはアンタルヤ県(地中海)とムーラ県(エーゲ海)の間辺りにある小さな港町です。すぐ目の前に見える島は泳いで行ける距離なのにギリシャ領。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-17-38-31

地中海式建築様式の繋がった街中は暑くなければ毎日散策したいくらいです。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

街の中で一番大きなカフェが町役場運営というのも最初来た時に関心しました。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

去年と比べてかなりメニューが増えた上に(写真の黒い板全部がメニュー)、値上がりしており、役場も商売上手だな〜と夫と感心。でも夜中まで開いていて、子供達もこの広場で羽を伸ばして遊んでいて、アンカラみたいな都市部では見られないトルコのいいところをまた垣間みました👀

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

役場のクレープ。アイス付きで12TL也。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

お昼は町中でトルコ家庭料理。ナス、トマト、ジャガイモのトマト煮にピラフとサラダ。地中海家庭料理最高です♪

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

小さな町ですが、キリム屋さんも数店あります。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

街中や青空市場に突然ドーンとリキア遺跡があったりするのもこの辺りの魅力💕でもこういう古代遺跡ってシリアもイラクもそうだったんですよね。文明の生まれた中東/西アジアがどんどんボロボロになっていくのは本当に悲しいです。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

これは道端で売られている冷やしアーモンド。生のアーモンドを冷え冷えでいただきます。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

可愛いトルココーヒー配達屋さん✨ このイスラム圏でみられるトレー、いいですよね〜。

 

そしてやっぱりトルコといえば野良犬と野良猫🐶🐱

こういう小さな町だとみんな顔見知りでびのびと自由に半分飼われているようなものです。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

高そうな水カップ😸

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

 

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

カシュには3泊したので、続きは明日書きますね。

おやすみなさい🌠

 

 

夏旅2 果物三昧

こんにちは✨

皆様ゆっくりとした日曜日をお過ごしのことと思います。そして、お仕事の方、お疲れ様です。

 

さて、夏休みについてエイディル湖について書いた後に「つづく」としておきながらちっともブログにアップできずごめんなさい。携帯が古いiPhone5sで写真容量も足りなかったり、もともと携帯画面やPC画面、ゲームなど画面を見るものが苦手なアナログ人間なので現地では実行できずにいました。今日から少しずつアップしていけたらと思います。

 

エイディル湖に着く少し手前、コンヤ県のアクシェヒルを通過していたのですが、トルコで初めて、いちご畑とその路上販売をみつけました。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

こういう青空式のいちご畑がずーっと1kmくらい続いており、手を振って挨拶するとみなさん返してくださいました^-^

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

いちごは繊細な果物ですが、トルコではパッキングや温度管理などなくそのまま都市部に運ばれるのでアンカラのスーパーに並ぶ(?というか山積み)頃には「ジャム専用」みたいに潰れて色も味も悪くなっていることが多いので、こんなに綺麗ないちごをトルコで見たのは初めてです。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

美味しすぎて美味しすぎて、帰りもこの道を通れることなら5kg位買ったと思うのですが、まだまだ旅の始まりでしたし気温も高いので1kg購入し、車の中で夫と二人でぺろっと平らげました🍓 来年はここのイチゴを食べにコンヤに行きたいなあと密かに思っています。赤ちゃんも離乳食時期ですしね💕

 

さて、そこを通過するとすぐにウスパルタ県に入り、エイディル湖手前のゲレンドストに入ると両脇りんご畑でいっぱいになります。一昨日はここでりんごをごっそり買って帰りました。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

夫と一緒に写真撮影しているとどこからか農家主さんがやってきて「妊婦なんだね。じゃあもっと持っていけ。こっちの畑にもあるよ。」なんて言ってくださって各畑でたくさんの果物を頂きました。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

日本社会から考えると信じられないと思うのですが、トルコの農家の畑に柵なんてないですし、それは農家の方に入る収入があまりにも低いからというのもあるのですが、通過する人が少し収穫していったりするのも自由なんですよね。

 

その後、エイディル湖に一泊し、次の目的地は地中海のカシュ。そこへの路程で通過したブルドゥル県ブチャクではおいしい黄桃、プルーンに出会いました。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

こんなに頂きましたがどれも本当に美味しかったです😋

それから乳牛農家さんに立ち寄り。子牛かわいい!!

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

トルコは断尾も鼻輪も焼角もしない自然派酪農で本当に正しいなあと感心します。子牛も3歳になるまでは屠殺しませんし、母親のお乳も毎日飲むことができます。日本はアメリカのやり方を追っているところも多くて本当に悲しい限りです。劣悪な搾乳環境により、後ろ足が立てなくなって両足に輪をはめられたまま屠殺場に行く乳牛、屠殺場に送られる時に尻尾を折られるなど、日本人のやることじゃないなあと毎日思います。適正価格で牛乳が市場に流れ、消費者もその価値を理解して高くとも購入する様にならなって欲しいと思います。自分が実際妊娠し、授乳のことを考える様になって、この先進各国の乳牛の環境についてさらに深く考える様になりました。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

ここの乳牛は朝のお散歩後はこうやって繋がれるみたいですが、どうもまだ搾乳カーが来ていないのでそれまでこうして待っているそうです。私の目の前に座っているのは懐妊中の乳牛ちゃん🐮 ゆっくりしておくれ〜。それにしても、暑さもありましたが、髪をはじめ色々乱れて酷いですね、私。

 

乳牛農家を発ってしばらく山道を行くと山羊の放牧に遭遇。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

いつも思いますがトルコの山羊って大型ですし、毛もトリートメントしたみたいにツヤツヤです〜。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

この山羊に出会った場所はサガラッソス遺跡周辺ですが、きっとこの辺も掘ってみると色々出ることでしょう。サガラッソス遺跡には夫と出会った2007年の冬に一緒に行ったのですが、当時は誰もおらず「ここ掘ったら凄いだろうねえ。エフェソスより凄いねえ。」何て話していたのですが、その後、ハドリアヌス帝の頭部分の大理石がみつかり、また、当時のように泉に水も流れる様になり、宿泊施設も出来ている様なのでまたいつか行ってみたいなあと思っています。

sagalassos-2

何て綺麗な泉だこと。。。トルコは遺跡の宝庫でもあるので、EUに入れたら観光客でいっぱいになるはずですが、EUはそれを認めるつもりは毛頭ないですね。”これをクリアしたら入れてあげる”という難題をいくつもつきつけて、それでもトルコは頑張ってクリアするとまた新しい難題をつきつけてくる、もうそれを何十年も繰り返しています。いつの世も欧米政府って本当に横柄。。。

この夏撮影されたサガラッソス遺跡の動画を見つけましたのでお時間のある方はご覧くださいね。ロマンチックです✨

 

さて、その後アンタルヤ県に入ったコルクテリではブドウ畑に出会いました。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

お日様と葉の色とブドウの色のコントラストが本当に綺麗✨

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

アンカラのスーパーでは巨峰級の大きいブドウが多いので、この小粒のブドウはデラウエアを思い出させる懐かしさと甘さでした。夫が「ここのブドウでワイン作ったら美味しそうだね〜✨」と目をキラキラさせながら言っていましたが本当に美味しくて美しいブドウ畑でした。

 

産地でいただく果物は美味しさもひとしおですね。

 

それにしても今年は妊婦ということもあり例年と比較できないほどの果物欲があり、本当にたくさん食べました🍑 つわりの始まった4月は実家宮崎の美味しすぎるイチゴに毎日ありつくこともできました。私は葉酸サプリなんてものを知らなかったのですが、イチゴをいただくことで自然から摂取させていただいていたのでしょう。トルコに戻ってからも酷いつわりでだいぶ痩せましたが、果物だけは食すことが出来、パインもメロンも5玉くらい食べたと思います(爆)🍈  夫は子供の頃、本当にたくさん果物を食べていたそうですが、お腹の赤ちゃんも夫に似て果物好きの様です🍼

 

夏旅、つづく。

 

 

 

 

 

 

夏旅1 まずは湖畔にて Eğirdir

お久しぶりです☀️

なかなかブログ更新できず申し訳ありません。

wordpress をipadと携帯電話で使いこなせず、写真のアップロードだけでも手古摺っていますf^_^;)

最近知ったのですが、出産前の旅行ってBabymoonって言うそうですね。赤ちゃんもお腹の中で新しい環境の音を聞きながらリラックスしてくれていると良いなあと思います。
さて、この旅行の第1日目ですが、アンカラから南に下って途中色んな農園で美味しい果物を頂きながらエイディルという結構大きな湖の町で宿泊しました。

湖の周りはとっても静かで何だか異国情緒漂うところでした。


滞在したホテルはこの可愛い古民家。


当初の予定ではここではなく広大なサガラッソス遺跡のところに滞在する予定だったのですが、夫が新しく改装された素敵な古民家ホテルを見つけてくれたのでここに滞在することになったのでした☺️


全てがこの地方の伝統的様式を受け継いだ形で、でも照明などはモダンという本当に素敵なところでした。外の大きなテラスではずっとジャズやクラシックポップなど素敵な音楽が流れており身も心もリラックス☺️Processed with Rookie Cam

翌朝の朝食もとっても美味しく頂きました。

つづく