重量オーバーの訳は糸紡ぎ器

 

 

 

 

海外旅行での悩みの種はいつも手荷物の重量ですが、先月の南仏滞在も手荷物との戦いでした。

 

空港に着いてチェックインの際にスーツケースを計量すると29kg!!

往復Lufthansa航空ですが、リミットは23kg。さすがにマルセイユのテキトーな地上スタッフも「重すぎ〜。あと3kg減らして。」ということで、空港で夫と一緒にガサゴソし、再度計量して・・・何とか26.5kgで載せていただきました。ありがたや〜。

 

今回は庭の壁用に南仏色の植木鉢を3個も購入したので、あとはワインと食料を買いだめて、、、と思っていたのですが、アンティーク好きの私たちの衝動を止められないものに出会ってしまい、ワインを諦めたものの、やはり重量オーバーになったのでした。

 

そのものとは、こちら2台のフランスの糸紡ぎ器です☆

IMG_6986

 

左の濃い色の方はL’isle sur la sorgue の日曜アンティーク市で直接持ち主さんから購入させていただきました。

ペダルや支柱からぷんぷんとプロヴァンスの味がしています!

IMG_6987

IMG_6988

IMG_6989

 

 

こんなサントン人形の画像をみつけましたが、同じ雰囲気ですね♪

la fileuse pc200039

 

それから、大きい糸紡ぎ器もこれまた素晴らしく、繊細な仕上がりでフランスの美的センスに改めて脱帽です。

南部のものではなさそうです。

IMG_6990

IMG_6991

IMG_6992

IMG_6993

 

大きい方は最近撮影にも使用していますが、実店舗を持つことが出来たらお店のディスプレイにしようと思っています。

IMG_7335

 

ほとんど金具の使われていない道具で、車輪も4つのパーツに外すことができたのでスーツケースに収まりました。

ホテルで二人で汗かきながら限られたその辺の道具で解体作業(お箸とかフォークとか(笑))しました。

IMG_7264

 

ちなみにこの大きい方はマルセイユの巨大商業エリアPlan de Campagneにある穴場ブロッカントで購入しましたが、ここはありと凡ゆるものが揃う穴場ですので、オススメです。

 

ほぼ同じスタイルの糸紡ぎを使用されている方の画像がこちら。いいですね〜手仕事。

la_fileuse_de_laine_au_rouet_01

手紡ぎというのは自然の恵みと時間と人間の手が織りなす素晴らしい贈り物ですよね。

食洗機や洗濯機のガーガーいう現代音を聞きながら、こんな古い道具で糸を手紡ぎしてみるのも良いなぁ、と妄想する日々です。

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

香水の街グラースでお勉強

こんにちは。

現在iMac21.5インチ を使用しているのですが、Yosemiteという最新のOSへのアップデートをやらなければならないということで、やっと時間をみつけて実施してみました。しかし、老化現象とともにデジタル系への適応能力も著しく低下してきている私は以前のシステムが恋しくてなりません。使いこなせればとても便利なOSだとわかってはいるのですが、難しいです。

 

 

昨年末、南仏滞在中にグラースに寄りました。

グラースといえば香水。フランスで使用されている香水の3分の2がここで製造されているそうで、ずっと気になっていた街でした。

着いたのはもう3時ごろだったので街をゆっくりまわる時間はなく、一番有名なフラゴナール香水工房へ♪

IMG_6272

工房内あらゆるところに以前使用されていた銅製の抽出機器が置いてありました。

IMG_2226

この辺が映画パフュームみたいで中世好きには♡です。

IMG_6253

IMG_6256

実際に製品を製造している工房内は英仏二ヶ国語にわかれた無料のツアー回ることができます。

ツアーがはじまるまでは併設のブティック内で香水選び。世界各国のみなさんが真剣に香りを選んでいました。

IMG_6269

IMG_6270

フラゴナール特製グッズも!街にはフラゴナールのインテリアブティックもありましたが、やはりイカットデザインがたくさんありました。

IMG_2230

 

真剣に香水を選ぶお夫をよそに、私は特製のショッピングバッグに目が。。。可愛すぎます。

IMG_2238

上のも下のも欲しいなぁ。

IMG_2239

 

 

 

 

 

 

 

さて、はじまりました、お楽しみの工場内見学ツアー。私たちのグループはこの可愛いお姉さんが担当です。

質疑応答あり、臭覚テストありの実に充実したお勉強会の様なツアーでした。

 

IMG_2247

まず最初に香水に使用される植物の説明が地図を用いて行われますが、材料はフランスだけでなく世界各地の特産品を使用しているそうです。

1Lの植物オイルを抽出するのに1000Lもの植物が必要だそうで、世界各地でオイルにされてからフランスに輸入するのだそうです。

IMG_2244

IMG_6276

 

ダマスクローズはブルガリアではなくトルコからの輸入だそうです。

トルコのダマスクローズは世界級なのだなぁと改めて思いました。

IMG_6275

 

日本からは生姜オイルと椿オイル☆ 生姜は意外でした〜。

IMG_6274

IMG_2245

 

実際の瓶詰めも見せていただけます。

金色のアルミボトルが販売品で、手前のボトルが世界各地から届くオイルの瓶詰めです。瓶は昔ながらのスタイルでいい味してますねぇ〜。

IMG_6277

IMG_6278

IMG_6280

 

 

目から鱗だったのが昔のコールド製法のお話。熱に弱いジャスミンなどの植物はこちらの写真のように動物脂で一度固めて保存し、しばらく経ってから動物脂をアルコールで洗い流し、香りを抽出する製法だったのだそうです。

IMG_2249

IMG_2250

 

この動物脂、どの動物の脂をつかうのか聞いてみましたところ「豚」との回答でした。最初にこの製法を発見した人、すごいですねぇ。映画パフュームの世界です。

IMG_2251

 

 

お次はフラゴナール特製のたまご型石鹸部門の見学。

IMG_2253

 

 

オイルと石鹸を混ぜ、

IMG_2254

 

左の機械からニョロ〜っと石鹸が出てきたところをお兄さんが切って、そしてその後右の機械でたまご型に形成し、卵の容器に詰めています。この手作り感が良いですね〜。

IMG_2255

 

 

最後は嗅覚テストをして終了でしたが、本当に有意義なツアーでした。

最後は展示品まわり。昔の旅行携行品などアンティークがたくさんでした。

 

IMG_6281

IMG_6282

IMG_6283

IMG_6284

 

欲しいですねぇ、こういうの。

IMG_6286

IMG_6290

昔の香水瓶も素敵です。

IMG_6291

 

香水は濃度によって呼び方が変わりますが、一番濃いパルファムは女性用しかないのだそうです。男性用はオードパルファムとオーデコロン、オーデコロンのみ。理由は、男性は女性の倍、香りが皮膚に残りやすいそうで、濃度の濃いパルファムは必要ないのだそうです。理由はホルモンの関係でしょう、ということでした。

IMG_6293

IMG_6294

IMG_6295

石鹸と粉石鹸のケース。粉石鹸の用途が気になります。

IMG_6305

IMG_6307

 

そういえばツアー内で、18世紀に香水がフランスで流行ったのはレザーや毛皮のコートの臭い消しのためだった、という話がありました。体臭やトイレの臭い消しだけではなかったのですね(笑)。

 

 

工房を出るともう日も暮れていました。とっても可愛い街だったのでいつかゆっくりリベンジしたいな〜と思います。

IMG_6320

IMG_6309

IMG_6318

IMG_6321

このブログを書いている時に知ったのですが、フランスでご活躍の日本人調香師さんがいらっしゃるのだそうです。

http://www.naraigoto.jp/special_interview_vol18.htm

素敵ですね〜。

IMG_6351

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

レ ボーで羊のマーチ☆

ミストラルで大荒れのマルセイユ(地元人にとっては恰好のウィンドサーフィン日和)をあとにし、les baux de provenceにクリスマスの羊小屋を見に行ってきました。

image

image

岩壁の中の美しい中世の村で、唯一この村でイブの後もの伝統羊のマーチを1月4日まで毎日やっているということで行ってきました。

冬でもとっても綺麗なプロバンスの田舎道を走り、見えてきました岩壁。前を走る古いシトロエンがとっても可愛いいのですが、結構馬力があるようで、近くで見たくても接近できませんでした(笑)。

image

気温は9度でしたが高台なので体感温度はゼロ度ぐらいだったかと思います。

image

中世初期時代、この城塞主ボー家は南仏で最強の勢力を誇っていたのだそうです。その後衰退し、現在は小さな村の規模ですが、可愛いカフェやお土産物屋さんもならび、リラックスするのにもってこいの場所かと思います。

image

imageimage

美しい小道を抜けると、いました、可愛い羊たち。

image

仔羊可愛い(≧∇≦)image

はじまりました、羊たちの行進。ワクワク。image

中世の石に羊の群れがとってもお似合い。imageimageimage

このリーダーの雄羊は他の羊よりもとっても大きくて、威厳さえ感じられました。image

ひととおり村を回って、また教会前の広場に到着。お土産屋さんの売り物をくわえて持って行こうとしたりはしゃぎすぎた子羊は、小屋に着くなりお母さん羊のおっぱいに直行。image

まだへその緒のついている赤ちゃん羊もいました。牧場が欲しいです。image

塩もしっかり与えられていました。image

行進が終わってチャペルを覗くと藁でつくられたキリスト降誕シーンが飾ってありました。image

何て素晴らしい。image

そして、チャペルの向かいのSaint-Vincent教会は中世のプロバンスにタイムスリップさせてくれるかのような素朴な美しさが漂っていました。

image

まだまだ色々書きたかったのですが、この投稿が今年最後の投稿になりそうです。

羊記事で丁度良かったでしょうかf^_^;)

今年一年も、各方面本当たくさんの方々に本当にお世話になりました。ありがとうございました。

来年は夫と共にAnatolian Conceptを運営してまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

また、現在、トルコの商業支援機構に援助を申請しておりますが、実店舗オープンも近い将来となってきました。全てが皆様のおかげです。お品物を喜んでいただけたときのメッセージひとつひとつが私達の励みでした。本当にありがとうございました。

新年もまたすぐにブログでお会いできたらと思っておりますのでどうぞ宜しくお願いします。

全ての皆様が、健やかで暖かく素敵な新年をお迎えされることを心よりお祈り申し上げます。

なかなかのアパートホテルAdagio

こんにちは。iPadでのブログ投稿がうまくいかず、また間が空いてしまいました。

iPadという機械についていけないのと、wordpressがiPadと全然相性があっておらず、この旅行記だけで早2時間。。。誰かスマートな使い方おしえてくださーい。

さて、南仏のアパートホテルにあまり良い印象を持っていなかった私ですが(※)、今回の滞在で使用したAdagio Marseille Prado beachは海沿いの便利な立地で、設備も結構よかったです。 旧港を廻られる方にとっては少し遠いかもしれませんが、ビーチのすぐそばですので、マルセイユ人のスポーツ好きなところなどが垣間見れる、住むように旅行する方やマリンスポーツをされる方にはオススメです。

(昔、マルセイユへの転勤時に新着者御用達ということで予約されていたCitadineというアパートホテルでしたが、そこでの無駄な苦労と○十万円近くの無駄な出費の為(泣)。ショーンも本当に可哀想でした。。。)

まずはこのAdagioのキッチン。冷蔵庫、電気式二口コンロ、電子レンジ、給湯器、コーヒーメーカー、食器、鍋、フライパンだけでなく、なーんと食洗機がついていました!! IMG_0970           IMG_0969

ベランダはわりと広く、眺めは公園。毎朝シニアな男女がここで仲良くグループヨガする様子を眺めながら「トルコじゃ無理だよなぁ。」と夫婦してしみじみため息をつきました。 IMG_0972

夏はプールで泳げます☆

IMG_0973

長期滞在用なのでクローゼットも十分な広さで、浴室には物干しと衣服乾燥ばバーがありました。 キッチンがある為、お部屋と浴室は24時間換気ということもあり、洗濯物がすぐに乾きました^_^   IMG_0981 IMG_0980

そして嬉しいバスタブつき。

IMG_0975

我が家にはバスタブがないのでここぞとばかりに入浴させて頂いています。

このカマルグのバスソルト最高です♪

IMG_1085

それでは、また。

ちょっと南仏☆Le Castellet

少し間が空きましたが『ちょっと南仏』の続きを。

 

Var県にあるLe Castellet ル カストレ、中世の石づくりの小さな村で、今は可愛いインテリア雑貨店が沢山入っています。

 

また、Bandolワインはこの周辺で作られ、村を訪れるついでに色々なワインメーカーのデグスタスィオンも楽しめます!

こちらは中世のパン屋さんをそのままインテリアショップにしてあり、いつ行っても落ち着ける空間です。レンガ色のタイル等古い建物好きにはたまらない☆

この奥に見える↓のが15世紀からそのままのパン焼き釜。

 

 

こちらは村のエントランス広場に面するルームフレグランスショップのマダム。いつ行ってもお綺麗です。こういうフランスの女性にお会いするたびに、色々、色々、そして色々考えさせられます。このまま今の地に埋もれていてはいけないなぁ、何て(笑)。

因にこの村では3店鋪程がオリジナルのルームフレグランスを扱っています。とっても素敵な香りばかりで南仏のお土産にもぴったりですよ!今回は我が家用に2本買い足しました☆

村の全貌の写真を撮るのを忘れたので、詳しくはこちら↓でどうぞ。

http://www.ville-lecastellet.fr/

村の麓のSainte Anne de Castellet 村では小さなローカル農業祭の様なものをやっていました。無計画旅行なのにローカルな催しに運良く遭遇出来て感激です。

こちらは古い農機具の展示。可愛いです!!

 

古いトラクターや噴霧器も綺麗に整備されて並んでいましたよ。古い時代の農機ってお洒落☆

 

 

 

この村周辺はBandolワインを作っているのでワイン毎の土壌サンプルが展示してありました。こだわりが感じられます。

子供達カワイイ♥

この周辺は1日のんびりするのにぴったりなのでもし時間があったら行ってみて下さいね。マルセイユから行かれる場合、アクセスは海側からが多いと思いますが、オーバーニュ方面の山側からのアクセスもお勧めです。渋滞もないですし。特に秋は葡萄畑の紅葉がと〜っても綺麗でのんびりドライブがとっても気持ちイイです!!

 

 

ランキングに参加しています。是非是非ワンクリックお願いします。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

ちょっと南仏 Sormiou

今日は南仏写真です。

マルセイユからカシの間の約20kmの海岸線はカランクと呼ばれる美しい入り江の並ぶところで、その中でもマルセイユにあるソルミューSormiouはとても美しく、マルセイユ滞在では見逃せないスポットです。

私はマルセイユでも旧市街から離れた海側の8区に住んでいたのでSormiouへは車で10分程の距離にあり、ショーンの散歩がてら山歩きによく行っていました。

夏の間は山火事防止のため、車両乗り入れ禁止になるので麓から海まで30分程歩きます。私達が暑い中歩いているとビュンビュンと車が通り過ぎて行くので『車両乗り入れ禁止なんてお前のフランス語能力が悪いから聞き間違ったにきまってる。』と夫にブーブー言われましたが、入り江に住居がある方等許可証がある車両のみ入れる様です。運が良ければその方達がヒッチハイクして下さる事もありますよ☆

今回の旅行中は少し風が強く透明度もまずまずでしたが、朝10時頃から夕方5時頃までゆっくり本を読んだりシュノーケリングしたりリラックス。3時過ぎになると家族連れ、そして5時過ぎになるとアフター5の男性達がカヌー等の水上スポーツを楽しみに訪れます。また、山の頂上付近ではロッククライミングも盛んです。

私達が帰る頃、一人のおじさまが追っかけて来て『ちょっと待って!今日は透明度は悪いし波もあるし全然ダメなんだよ〜。本当はもっと綺麗なんだよ〜。』っと必死に説明してくれました。ここSormiouは国立公園の中にあるので今は住居建築も売買もダメなのですが、この方のおじいさまが幸運にも大昔にここに住居を構えていらしたようで、ここに住んでいらっしゃる方でした。いいな〜。

今回は前述のおじさまのとおり、あまり綺麗な写真が撮れなかったので、一昨年の2月にショーンと散歩していた時に撮影したものをどうぞ。透明度が半端じゃないですよね。これぞ地中海☆

おっと、ショーン、先方に散歩中の見知らぬ犬を発見。とりあえず双方共に背中の毛を総立ち(笑)。

そして、犬達の基本の挨拶『お尻の匂い嗅ぎ』。

ちょっとビミョーな匂いだった様で喧嘩にならずとも背中の毛は総立ちのまま並んでみる2匹。相手の方が一回り大きいのでビビリで尻尾が下がるショーンでした。

こちらはもうひとつのカランクの駐車場にて。どれがどのお尻の匂いを嗅ぐのかぐちゃぐちゃな犬達。

雄犬同士って挨拶(お尻の匂い嗅ぎ)が厳しいからこういう時は飼い主は離れて遠くから見守るに限ります。時々こういう状況に割って入る飼い主がいますが、そうなるとすぐ犬達は嫉妬心が入って喧嘩勃発。犬達の挨拶が終わるまでは放置が一番です。

敵じゃないのがわかるとすぐに仲良く遊びだした3匹でした。

今回の旅行は犬連れではありませんでしたが、海も山も犬がいないと何だかもの足りない私達です。

それでは、また!

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ

ちょっと南仏 カシCassis

こんにちは!

南仏滞在中の写真、楽しみにして下さっている方もいらっしゃるということで、少しずつ旅行中の写真をアップさせて頂けたらと思います。

南仏の気候と雰囲気(ダラーっと(笑))に合わせてゆっくりしていたので『お仏蘭西』的写真はないのでそこはご了承を。。。

マルセイユの中心街から車で20分くらい山を越えた所に牡蠣美味しい白ワイン、そして美しい入り江巡りで有名な港町Cassisがあります。

殆どがワイナリーの町で、市街地と呼べる所は30分程で歩き回れてしまう程小さいのですが、とても魅力的な港町で、夕方になるとアフター5のアペリティフを楽しむ人達で賑わいます(因に、フランスの法定勤務時間は7時間です。日本も梅雨時期と夏だけでもそのくらいにしたら良いと思います!!!)。

マルセイユの町を出て野生ハーブのぎっしり生えた岩山を超える頃、こんな素敵な景色が目に入ります。ここがCassis

前述の通り牡蠣とワインが有名ですが、私も夫も生牡蠣が苦手なので、これまたCassisで皆一度は食べる港の角の大盛りジェラート。フルーツがいっぱいでとっても美味しいですよ♪

丘から見ると本当にワイン畑がたくさんで、テイスティングしながら各ワインメーカーを廻るのも楽しいところです!私達は今回は時間がないので最終日にスーパーでまとめ買い(笑)。

町中の花々もとっても綺麗に手入れされており、地中海の肥沃な土と日差しが羨ましくなります。

夏場のビーチはこんなに人がたくさん。Cassisは少し波が高いので泳ぎよりも日光浴。

今回は港側の写真を撮っていなかったのでこちらに念のため一昨年撮った港側の写真を掲載します。夏場は人でごった返す観光地ですが冬はひっそりと眠る町になります。

初日のしょぼい写真でごめんなさい。次回は綺麗なSormiouをご紹介します。

是非お帰り前に下のバナーをクリックして下さい☆


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ