ブルサの石棺オリーブ畑

こんばんは✨

ここ1ヶ月「最後のクリスマスマーケットを見にウィーンかプラハかベルリンどこでもいいから行かせてくれ〜!」と私が病的になっておりじゃあ、娘が寝てからチケットを探そう」と夫は言うのですが、娘が寝るのがいつも2時なのでその時間には夫の方が先に寝てしまって、そうこうしている間にもうクリスマス🎉家にはツリーすらない!という虚しい状況です。

🎄クリスマスを感じに、家から車で30分のビルケントのTepeHomeという家具屋さんに行ってきました。

日本に帰国後は欧州旅行なんぞそれこそ絶望的なので恐る恐る夫に望みを伝えたのですが(怒られるのが怖くて心臓が破裂しそうでした)、結局クリスマスマーケットはもう絶望的ということで今年も1日5回のエザーンを聞きながらこのホリデーシーズンを過ごすことになりそうです。娘の初めてのクリスマスはTepeHomeで写真をとることにします。娘、ごめんよ。。。

 

さて、遺跡関係で興味をひくニュースがあったので今日はそれについてです☺️ あんまりこのブログで遺跡をたどって来られる方はいない様なのですが、個人的に好きな事なので忘備録を兼ねて書いておりますのでご興味のない方はスルーなさってください。

以前ブルサ県イズニック市にあるオリーブ畑でローマ時代の石棺が出たことについて書いたと思うのですが、その後もいくつか石棺が出てきたそうで、この度、政府がそのオリーブ畑を買い取ることになったというニュースでした。

1万平米のこの畑を政府が5万トルコリラ(約150万円)で買うと提示したのに対し、地主側は4億トルコリラを要求した様で、この畑主と政府はこの一年ほど裁判沙汰だったそうです。そして先日出ました裁判所の判決で1.05億トルコリラ(約3000万円)で政府が買い取ることになった様です。それにしても最初の政府の提示額ったら・・・^^;

いづれはこの土地は発掘調査後に野外ローマ石棺博物館になるそうで、将来の観光都市にということで、市長が今一番力を入れている様です。

🔺こちら2世紀ごろのローマ帝国の地図ですが、現在のトルコがすっぽり入ってますからどこを掘っても出るはずですよね〜。

 

それから、こちらの二つの写真はこの10月にみつかったローマ時代のものなのですが、これまたブルサ県はカラジャベイ市にある農業系政府機関の土地で違法発掘をしていた5名が逮捕されたというニュースからでした。

ローマ時代の墓跡だそうですが、なんて美しいレリーフ✨

この違法発掘がなければ誰も気づかなかったのですからまたそれもすごいですよね。さすがトルコ。遺跡の違法発掘をする人たちはある意味プロなので政府が雇って調査発掘を頼めばいいのに、何て思います。

 

トルコにあるローマ遺跡のツアーなんて組んだら楽しそうだなあ〜、遺跡を巡って本でも出してみたいなあ〜、なんて7年前は思っていたのですが、外で仕事をしていた時の方がそういうことをする時間もお金も自由もあった様に思います🚗子育てが終わるまでこういうことはお預けですが、日本に帰ったら自由に出歩けるので娘と一緒にできるだけ博物館や美術館巡りをしたいと思います☺️

 

今日も良い日になります様に♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

掘れば掘るほど出る遺跡の宝庫 トルコ

こんにちは✨

今日はお天気も良いので赤ちゃんの寝具とタオルを水通し(湯通し?)しようと洗濯機で初めてのBabyCareなるモードを洗濯してみたのですが、なんと2時間!BabyCareは60か90度で洗ってくれるそうで60度を選択しましたがそれにしても長い!プランターのバジルでペストを作ったり、ご近所さんへのケーキを作ったりしていましたがまだ終わらない!あと33分もあります。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

この洗濯機、短縮モードにすると温度が下がってすすぎと回転数も落ちるので本当に使えない洗濯機SamsunのEcobuble 12kg!! 一昨年、夫がこれが一番最新だから、と言って選んだのですが、ややこしいし時間はかかるし、昔のシンプルなのがいい〜。だいたいごちゃごちゃ変な機能がついたSamsun製品は我が家のようなアナログ夫婦には使いこなせないし必要ないんです。テレビも夫が選んだSamsunでアクションなんとかという声と手振りでチャンネルを変えてくれるというややこしい機能が付いていますが、使えないだけでなくその登録作業でさえ我が家では誰もできない(爆)。。。何事もシンプルイズベストですよね。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

6e103a8519f3fb4da614250e014cd0db

さて、その昔、現在のトルコ全体は古代ローマ帝国が長いこと占めていたこともあり、建築ラッシュの現在トルコ、どこか掘るたびに遺跡が出てきます。先日もチャナッカレのケメル村で水道管破裂工事の際に、石棺が3つ出てきてニュースになりました。

canakkalede-alt-yapi-calismalari-sirasinda-3-lahit-bulundu-1 canakkalede-alt-yapi-calismalari-sirasinda-3-lahit-bulundu

この石棺の近くにはパリオン遺跡という遺跡群があるそうで、夏はハックス作業が盛んだそうです。この一帯も掘ったらすごいことになりそうですが、このパリオン遺跡、なんと紀元前4世紀にも遡るものだそうです✨

パリオン遺跡の写真はこちらチャナッカレ県のサイトにてどうぞ

 

9月にはイズニックのヒサルデレ村にあるオリーブ畑からはエロスのレリーフの入ったこんな綺麗な石棺が出ました。6トン(!)の大理石。

iznikte-uzerinde-eros-kabartmalari-olan-roma-lahdi-bulundu-1-1024x680 iznikte-uzerinde-eros-kabartmalari-olan-roma-lahdi-bulundu-1024x680

そして5月のニュースではエラズーで植林作業中にこんなレリーフが見つかったそうです。紀元前6世紀ごろのものと言われていますが、その後発表がないのでエラズーの博物館で研究中かと思いますが、綺麗ですね〜✨

elazig-da-2700-yillik-tarihi-eser-tesadufen-8405703_7437_m

こうやって結構頻繁に大きな遺跡のニュースが出るのですが、これがギリシャやイタリアで出たならば世界的ニュースになるのでしょうが、トルコで出ると世界にスルーされています💦

また、現政権になってやっと文化観光庁が活発に動き出し、発掘作業の活性化や、今まで西側に盗難されっぱなしだった発掘品の取り返しにかかっていることも知ってほしいな、と思います。トルコで発掘されたものやモスクのタイル等、本当にたくさん盗まれていっていたんです。このドイツのベルガマ遺跡(120m)なんてどうやって運んだものやら。1865年のベルガマ鉄道建設のために来ていたドイツの技術者が関わっていたそうで、ご丁寧にその発掘とイズミール港からの運び出す様子も日記に書いていらしゃるようです。ちなみに当時は欧州強国は世界の遺跡集めに躍起になっていたのだそうで、たくさんの遺跡が世界中から西側に流れて行ったのだそうです。

u1

 

話は戻って、寒くなって来た今、一番気になっている遺跡がこのヨズガット県サルカヤにあるKral KizまたはBasilica Thermaと呼ばれるローマハマム。ハマムというより温泉♪ 動画があるのでお時間のある方はご覧になってくださいね。

この遺跡はずーっと長いこと町の真ん中にデーンと出ていたのですが、発掘と観光化にとりかかり始めたのは確か2104年。今では当時と同じく温泉水も出ていますが、二つの大きなハマムの他に、2つほどまだ埋まったままのハマム遺跡があるのだそうです。

98479roma-hamami-8

↑発掘作業開始のころ。

また、このローマハマムには伝説があり、当時のカイセリア(カイセリ)のローマ高官の娘がリウマチが酷く歩けなくなったそうですが、このハマム(温泉)で治癒したのだそうです。

テルマエロマエの世界ですね✨

 

列強国の利権のせいでちっとも平和にならない中東ですが、なんとか奇跡が起きてトルコの観光も元のようになるといいなあと願っています。