今年も義姉がやって来た2

昨日は義姉家族とまた会うということになり、午前中に心地よい友達家族と過ごしたのでその余韻のままその日は終わりたかったのですが😁、そうもいかず夕方からまた義姉家族に会うために出かけることになりました。

出かけると言ってもまた彼女の買い物に付き合うだけですが。ということで合流してモールへ。

まずはモールのファストフードで食事中、義姉が「子供にフライドポテトをあげなさいよ。なんで与えないの?冷凍食品だから?ポテトじゃないか。」と、ものすごく軽蔑した目で言うんです。ちなみに彼女たちがバカンスに行く前も同じ事聞かれたんです。よっぽど私が間違っているみたいに。。。

ファストフードのフライドポテトって、、、塩分だって油分だって兎に角大人にだって摂取し過ぎはよくないのに赤ちゃんに誰があげますか??ポテトって言ってもファストフードのは内容物はポテトだけじゃないですよね?っていうか私はちゃんと離乳食作ったり瓶入りの市販の離乳食持参してそれを与えているのにフライドポテトをあげる必要ありますか?じゃがいもは離乳食の中にちゃんと入れていますしね☺️

 

ちなみに義姉は殆ど料理をしないので、ほぼ毎日ファストフードです。もうすぐ5歳になる息子はポテトチップスとコーラが主食だそうで栄養失調気味。日に数回スープとパンを強制食餌。今回会ったら去年より痩せていてびっくりしたのですが「うちの子は保育器育ちの未熟児だったの。お医者さんだっていい体型だねって褒めてくれるんだから。」と。。。彼女は妊娠中もタバコをやめずかなりの早産で1.5kgで二人目を産みました。

 

そんな、私的に不良義姉ですが、夫は彼女と日に一時間は電話で仲良く話し、明らかに義姉は母親としてひどいのですが、子育てで何かあると夫は彼女に意見を求め、私を追い込むんですよね。フライドポテトを与えないのもなんだか私が厳しい女と言うような見方になって来たようで、今日、与えようとしていました。

 

また、義姉は家族の食も家計も見返らないのに、その夫(軍人)はきちんと彼女にバカンスを与え、バカンスに行くための服も、何万円もするサングラスも買い与えています。一方の私は長年小遣いも給料も貰えず(夫曰く私は給与をもらうほどの仕事をしていないそうです)、以前の仕事で貯めたお金は現在の生活に全てつぎ込んだわけで、私が外国人で舐められているからこういう扱いしか受けられないんだよなあ〜と悶々と考えてしまいますが、いつかなんらかの形で見返さないといけませんね!!

 

義家族問題や国際結婚問題、悩んでおられる方々、一緒に頑張りましょう。今日も良い日でありますように💗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またビキニか!今年も義姉がやってきた

毎年の憂鬱、夫の姉家族がアンカラにやってきました。彼らの一番の目的はアンタルヤのホテルでオールインクルーシヴのバカンスを2週間楽しむことなのですが、距離もありますし、義姉とその旦那もアンカラ出身なので、バカンスの行き帰り数日ずつアンカラに寄っていきます。が、願わくば会いたくない私です。義姉はあの義母も呆れるわがままで、周りはずっと振り回されるので、連日会うとどっと疲れます。滞在は一応義姉の旦那の家で我が家から車で10分ほどのところです。

 

そんな義姉、去年は「バカンス用のビキニとワンピースを買わないといけないのよ!」ということで、義姉、その旦那、その息子二人(12歳と4歳)と夫と私の6人でモール2件、青空市場、その他諸々練り歩きました。「垂れ乳だからワイヤーとカップがついてないとダメなの!」と注文付き。そんな事私にとってはどうでもいいですし、ちなみに私、当時妊娠中でしたので最後のモールでは本当にヘトヘトで脚が張って仕方なかったのをのを覚えています。

男性陣なんてすることないですので、彼女の連れまわす店の前で皆待機。私は一緒に店に連れ込まれて付き添い。妊婦は赤ちゃんのためにも座りたいんですよねえ、、、。そして彼女の息子たちは空腹を訴えていたのに中断もせず黙々とビキニ探し。

 

ビキニ探しに丸一日費やしていましたが、まあ結局アンカラでは彼女の希望に叶うものが見つからず、そのままアンタルヤに行き、現地で買ったようです。

 

ところが!今年もやってきて早々「ビキニを買わないといけない!」とまた同じメンバー+8ヶ月の娘で買い物行列。去年現地で買ったものがカルキで色落ちしたそうです。今回は猛暑の中クズライ(アンカラの繁華街)まで行き先に入り、一応日が沈んでからでしたが彼女のビキニを求めて行脚。

どうも自宅でネットで目星はつけていたらしく、試着をしたいという事でアンカラで店舗に行ったものの、彼女のサイズがない。そのサイズのある店舗をレジで聞くと半キロ程先の店舗にあるという事でそこまでみんなしてまたゾロゾロ歩き、着くまで何軒か私にとってはどうでもいい服屋に付き合わされ、挙句、目的の店舗に着いたと持ったら「そのビキニはずっと品切れのままです。」とのこと。

彼女の欲しいのは黒のワイヤー入りなので、似たようなものが数種類あったのですが、何がどう違うのか「これじゃないのよ!」とあり合わせのものでは買わない義姉。「まあいいわ。ネットでは在庫があるから今夜注文してホテルに届けてもらうわ。」

最初っからそうしてくれ!!

せっかくの夏休みに毎回アンカラで連れ回される家族もよく黙ってる(というか呆れている)ものです。

そうしてまたビキニを買えないまま夜も10時になり、うちの娘の入眠時間はとっくに過ぎているのに更にクズライの夜市(コピー商品がたくさん並ぶ)を歩くというので、悪いですがそこはもうお暇させて頂きました。

 

「義理の家族」とはよく言ったもので、本当に義理ですよね。その義理がもう鬱陶しくて縁を切ってしまいたいのでいつも頭の中で自分の気持ちや将来について色んな思惑が堂々巡りをしていますが、兎に角、来年はこの義姉家族には絶対に会わないようにトルコ脱出したいなあと思っています。

 

他にも義姉ネタ色々ありますが、今回はこの辺で失礼します。

 

 

 

 

 

 

 

 

絨毯博物館のウェブサイト

こんにちは✨

今日はトルコの絨毯キリムをお好きな方に嬉しいお知らせです。

イスタンブールのスルタンアフメットにあります絨毯博物館(Vakıfler Halı Müzesi) のウェブサイトが出来ていましたのでお知らせします。

 

言語はトルコ語のみですが、博物館内の様子が臨場感あふれる画像で楽しめますので、お時間ありましたら是非覗いてみてくださいね。上の画像をリンクしています。

画面下のGALERIというところをクリックして頂くと画像集がご覧いただけます。画像はクリックで少し大きくなります。

 

この博物館へは私も何年か前に行ったのですが、美術館で中世の絵画を鑑賞するのと同じくらいワクワクするところでした。

 

しかも財団の博物館ということもあり、アンカラの博物館同様入場無料です。トルコ、頑張っています。

アンカラの博物館はキリムが多く、イスタンブールのは絨毯が多いので、是非お時間がありましたら双方とも訪れてみてください。

 

絨毯博物館といえば、アゼルバイジャンの絨毯博物館に以前から行きたいのですが、今年もまた無理そうです。絨毯のお仕事は買い付けの金額がとてつもなく大きく、また、タイミングも想定が難しいので(良いものが出てきたらその時に買い付けないといけない)いくらお隣の国アゼルバイジャンと言ってもなかなか予算と時間が組めないんですよね😭 以前みたいにどこかで仕事していた方が休暇と予算が組みやすくて移動しやすいです。人生難しいですね〜。

 

今日も素敵な一日になりますように✨

 

 

 

 

 

 

 

老舗工房によるコレクションキリム1

昨年秋頃からお取り扱いさせて頂いている金糸や絹糸の入った草木染めキリムですが、ご縁にご縁が繋がって生産されていた工房兼絨毯店長にお会いすることができました。

オスマン帝国時代から続く由緒ある絨毯店ですが、現在は絨毯キリムの生産はお辞めになり、食品事業をされています。この絨毯店につきましては後日また書かせて頂きますので、どうぞよろしくおねがいします。

今日は昨今アップしたこの工房のコレクションキリムを少しご紹介します。

 

まずは、こちらのコンヤのクラキリム。バクラヴァデザインです。

デザインの元となった一例はこの工房のカタログにあるのですが、1912年のこちらの様です。

Processed with Rookie Cam ↑カタログより
Processed with Rookie Cam ↑カタログより

 

この工房では、アンティークになれる本物の伝統のキリムを織ろうと30年程前にこのキリムのプロジェクトを開始された様ですが、10年ほど前には終わってしまった様で、そのストックを買い付け、ご紹介させていただいています。

殆どのこのコレクションキリムにはこうやって綺麗な金糸が使用されているのですが、これついても昔と同じ製法で作られたものだそうで、とても上品な輝きをしています。

小さいサイズでもお出ししていますが、こちらの赤が兎に角しっとり美しいので是非実物をご覧いただけたらなあと思います。

 

それからこちらはレイハンルを元にしたもの。この工房はオスマン帝国時代からの工房ですからたくさんのアンティークコレクションをお持ちで、それを再現させたものになります。

外から2番目のボーダーのデザイン、とっても珍しいですよね!

どれも縫い糸みたいに細い横糸を使用しています。 このキリムもはアイドゥンのチネ。ボーダーもミフラブの中のデザインも素敵すぎます💕

それからこちらは私も大好きなコンヤのデザイン。と言っても最近のコンヤキリムでは殆ど見られず、博物館でアンティークとしてみられるものです。

↑こちら、アンカラの博物館で以前撮影したものです。

ところで、アンカラのキリム博物館ですが、以前は本当に場所がわかりづらく、オススメしても行かれた方は1名しかおられなかったのですが、今は博物館を隠していた建物が取り壊され、また、隣に大きなモスクと土地整備が入っているので、もっとわかりやすくなっています。アンカラにお立ち寄りの際は是非行ってみてくださいね!

 

なお、このシリーズのキリムはオンラインショップのニューキリム→コレクション2に掲載させて頂いていますが、とにかく拘った仕上がりのものばかりです。金糸にシルクなど、ここまで極めたキリムはこれまでどこの絨毯店も織らせたことはない様で、過去にトルコで一番細かなキリムということで賞も取得しているそうです。

暫くこのアンティークキリムシリーズのネタが続くかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

義母家の爆睡度

久々に義母ネタです。それにしても、義母ネタを書くとアクセスが3倍くらいに上がるのってすごいですよね🤣 絨毯キリムより注目度が高い。。。

 

 

2ヶ月ほど前に義母が義母の現旦那の溜まりに溜まった交通違反切符代を払うためにアンカラに夜行バスでやってきたときのことです。

そんなもの、住んでいるアンタルヤからアンカラまで来なくてもネットバンキングで払える(トルコのこういう点は先進国よりずっと進んでいる)のですが「アンタルヤの市役所に聞いたら居住地のアンカラの市役所に行けと言われた。」ということで夜行バスで義母が一人でやってきました。旦那の違反切符なのに。っていうか住んでから2年も住民登録移していないっていう、、、。

 

その日は一泊ということで我が家に滞在し、いつもどおりスムーズには終わりませんでしたが、それはさておき、義母が一仕事終えてアンタルヤのアパートに戻ると、居間のソファベッドの収納部分に猫が子猫を産んでいたそうです。しかも日中は気づかず、寝る頃に気づいたそうで(爆)。

 

猫の写真をみましたら、産まれたばかりではなく、生後数日経った感じでしたので、二人はそれまで何も気づかず生活していたっていうのがすごいですよね!!家の中のソファの中に猫の親子が住んでいるんですよ🤣 いつのまに家に入っていつのまに出産したのか🤣

 

それから、先日のことですが、義母夫妻の家に泥棒が入ったらしいです。全ての窓全開で寝ているそうで、目が覚めたら二人のスマホとタブレットがなくなっていたそうです。同じ部屋に壊れたタブレットもあったそうですが、それはご丁寧に置いてあったそうですから、犯人はそれぞれ動作確認する余裕と暇もあったのかもしれませんね(爆)。

 

それで、保険なんてかけていない人たちですから、義母は78000円もするサムスンのスマホを新規購入したそうですが、1回目の通話で壊れたのだそうです(爆)。普通は購入店に戻して新品と交換してもらうべきところですが、義母はそういう点はすぐ相手に舐められますので「修理してだめであれば新品に交換します。」と言われたそうで、義母の旦那さんも私の夫も「修理になんか出さずに、買ったその日に壊れたんだから新品に交換してもらえ。」と言ったのに、どうやら修理を選ぶ様です。修理に出して闇ルートで古い部品入れられたり、トルコでは日常茶飯事ですが、義母はそういうのを選ぶ人なんですよね😆

 

そういえば、こういう携帯の話になると、私たちの思い出の携帯電話(詳しくは過去ブログにて)の話を思い出します。酷いですねえ〜。

 

今日もお読み頂きありがとうございました。

素敵な一日になりますように🌹🌹🌹

 

 

キリムバッグとポーチのクリアランスセールも開催中です

こんにちは🌞

ここ二日、夫の姉家族がアンカラに来ており夜が遅く、何だか疲れる日々だったので何かスッキリする事はないかなーーーと想像しながらこれを書いています。できる事ならアーユルヴェーダのシロダーラを受けてみたいのですが、施術料が高い上に、その時間ベビーシッターを頼むとなるともうお小遣いでは足りなさそうで悩ましいです〜。

⏫シロダーラ

気持ち良さそ〜う!!

 

さて、オンラインショップでは8月31日までのセールを開催中ですが、それにあわせてキリムバッグのクリアランスセールを行なっております。

ここ数年取り扱いさせていただいていた工房のものですが、以前は卸先が限定されていたのですが、最近はトルコ中どこに行っても入手できます。また、卸価格と工房直売店価格が同じであったりそれより低かったり、自社工房を名乗る事業主が複数出て来たり、とにかくお客様方の信用を失ってしまう様なことや、当方の持ち込んだアンティークキリムの扱いについての問題等色々ありましたので、現在庫をもちまして取り扱いを停止することにいたしました。 キリムも革も大変上質で皆様にご好評いただいておりましたので残念ではございますが、今後はまた他の上質な老舗工房のものをご紹介させていただければと思っております。

つきましては、現在庫をシークレットで会員様限定でクリアランスセール開催させていただいておりますので(最大41%OFF)、是非ご利用くださいませ〜。

会員登録後、ログインいただくとクリアランスセール価格似てお求めいただけます!!

Anatolian Concept キリムバッグのページ

 

コースター、キーホルダー、ポーチ等、現地の方々でもご入用ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

会員様限定サマーセールのお知らせ♪

こんにちは☀️

暑いエーゲ海地方から戻って来たのですがアンカラも今日は夕方6時でも38度、一日中熱風が吹いており、旅行中に溜まった洗濯を3回したのですが、どれもすぐにパリパリに乾きました😁 ですが、湿度がないのと我が家は西日が入らないので窓を閉め切ってシーリングファンだけで乗り切れました🌊 ちなみに、イスタンブールは大嵐。同じ国内でもここまで違うとは!!

 

 

さて、今日はセールのお知らせです。

先日サマーセールのお知らせをさせて頂いたばかりですが、今回初めて会員様限定のサマーセールを開催させていただけたらと思います。

 

会員登録頂いている方は、ログインして頂くと会員様価格が表示されますのでクーポンご入力の手間など省けてそのままお買い物いただけます⭐️

⬇️トップページ右上「ログイン」をクリック

⬇️会員様ページへのご案内が出ますので、メールアドレスとパスワードをご入力の上、ログインしてください。
⬇️このようにセール価格にてお買い物いただけます。

 

なお、会員登録がお済みでないかたは、オンラインショップトップページ右上の「会員登録」からご登録頂けます☺️

👆「会員登録」をクリックしてご登録ください。

 

 

Anatolian Conceptのオンラインショップの価格表示は日本までの国際郵送料(追跡番号付きの航空便)が含まれております。その他の国への発送、又はお急ぎの方へはDHL便もございますので、その追加料金等は別途お問い合わせください。

 

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

買い付けで暫く不在にします🙏

こんにちは🌞

自宅のインターネットが容量オーバーで月末まで使えず、ブログを含めすべての作業が携帯でちょこちょことしかできず、ご連絡が遅れましたが、買い付けに出ましたため暫く不在になります。どうぞよろしくお願いします。
今回の買い付けはアンカラから遥か遠いエーゲ海地方を数箇所回るため、先ずは中継地点のパムッカレで中休み中です。ここまで5時間以上かかったのですが、今回は昼寝しない娘がいるのでホテルに着いたときにはグッタリ😅

石灰岩とヒエラポリス遺跡⬆︎車窓からちょっとだけ撮影出来ました。遺跡は喉から手が出る程行きたいのですが時間と体力がないので今回も訪問ナシ😭

夕方ホテルに着いたのですが、暑いのでとりあえずホテルのプールで家族で涼みましたが(娘はプールデビュー)、結局その日は夜中1時まで娘が寝なかったので、疲れはとれませんでした💤そして脚がずっと火照っています。
ホテルは今回もいつものPamホテルに滞在していますが、昨日は中国人のツアー御一行、今日はなんと日本人のツアー御一行が宿泊されていました。トルコの治安情報が良くなったってことでしょうね。楽しいご旅行になりますように🏖

それにしてもPamホテルのお食事は相変わらず美味しいです😋今日は魚スープまであって感激✨トルコの魚スープはレモンの皮が入っていて、クリーミーだけどさっぱりの絶品です。


それでは、また機会を見つけてブログ更新しますのでよろしくお願いします。

 

ところで、実家の父が熱中症で倒れてしまったのですが、皆さんも暑い中色々無理しないでくださいね。因みに父は翌日からまた仕事に行ってしまいました。

夏季の就業については、地中海式ですと「暑い中働いても効率が悪くて意味がないので積極的にバカンスをとって英気を養う。」ですが、蒸し暑い日本こそこれが当てはまると思います。国内旅行バカンスで大いに経済を回す効果もあると思います。無理というのは兎に角自分の身体だけではなく他にも無理を伝播しますから、効率的夏期就業について国も地方自治体も対策を練ってくれるともっと素敵な国になれるのになあ〜といつも思います。

今日もお読みいただきありがとうございました😊

ショーン君のベッド新調

こんにちは✨

ヤフオクの出品でfontタグをよく使っているのですが、今ちょこっとわからないことがあって検索しましたら、fontタグはもう廃止された要素なのだということを知りました(参考:fontタグ使ってる人はもう使うのやめよう)。時代についていけていませんね💦ですが、今後いつかオンラインショップをやめることがありましたら、日本語の文字の練習に勤しみたいと思います。パソコンを使う年数が増えるごとに自分の文字が一層汚くなっていくこととに耐えられません😭そして、デジタル社会についていけませーん。筆の様にゆったりと美しくしなやかでのどかな生活がしたいです〜🌳

 

実は少し前にショーン君のベッドを新調したのですが、素晴らしく良いものが届いたのでご紹介します。これまではキリムで作ったベッドを使用していたのですが、老犬になって爪が伸びるのも速くなり(なぜ?)、ジジムをガリガリと爪で毎日いじってくれたのでボロボロになってしまったので新調しました。

 

新調したベッドはインターネットで見つけたのですが、ハンドメイドで作っておられるイスタンブールにあるお店で、ひとまず目星をつけた商品の詳細画像を求めたところ、チャットでかなり丁寧にアドバイスくださいました。

また、当初私の選んでいたものはXLというサイズだったのですが「アイリッシュセッターはこのサイズではちょっとゆっくりできないかもしれません。XXLをオススメします。」と教えて下さるなど、トルコではあまりありえない様な対応の良さでした。

 

注文の翌日夕方には到着。このまま世界中に送れそうなほどしっかりとしたパッキング。

クッションと枠の二部構成で枠の中は滑り止め付きの厚めの不織布というありがたさ。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

生地はソファ用のしっかりとしたものでした。これならショーンのかたい爪でガジガジやっても大丈夫そうです。

Processed with Rookie Cam

まだ、セットアップする前にショーン君ちゃっかり、どっしり座っちゃいました。そんなことしなくても誰も盗らないですけど〜。

Processed with Rookie Cam

↑退いてくれないのでそのまま上にクッション部分をデーンと置いてみましたが🤣それでも退いてくれない。。。

 

Processed with Rookie Cam

おまけで骨型の大きなクッションに骨型ぬいぐるみが2個もついていました!!

サイズですが、お店の方のおっしゃる通りXXLにしてよかったです。寸法80x110cmなので届くまでは大きすぎないか心配だったのですが、脚までちゃんと収まる最適サイズでした。

Processed with Rookie Cam

おやすみなさーい😴

 

・・・でもやはりショーンは子犬の時から私と一緒に寝ていたので夫のいない時間を狙って私と一緒にベッドに行きたがります。夫のいない時なんて今は週に数時間しかないですけれど。私のフランス単身赴任中はベッドの大半をショーンに占領されていましたが幸せでした。昔から大型犬を飼って一緒に寝るというのが私の夢で🐕 結婚なんて頭になかった時でした。

動物好きだったうちの夫はどうも昨年あたりからショーン嫌いが激しく、もう私とショーンが一緒にベッドに寝たり、寝室に入ったり、娘と遊んだりすることはさせてもらえなさそうです。なので、時々ショーン君のこのベッドに私が行って一緒にちょっと寝たり・・・😀 この一年ショーンのことで何度も夫と喧嘩しました。ショーンとは夫よりも先に出会っているので今更ショーンの存在を色々言われても、ですが、もう夫的には犬は生理的に受け付けないそうです。「日本に連れて行って日本のペットホテルに預けておけ!」なんて言われたりします。難しいですね。

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サマーセールのお知らせ

こんにちは✨

 

オンラインショップについてのお知らせです。

お待ちかねサマーセール🌺を本日より8月31日まで開催させていただけたらと思います。

全品表示価格より5%OFF、3点以上同梱の場合は7%offにてお届けいたします。

 

お買い物の際に、こちらのクーポンコードをご入力ください。

5%offの場合     summer5

7%offの場合    summer7

 

なお、「ええい!手続き面倒くさい!」という方はもちろんメールでもご注文賜りますのでお気軽にお知らせください。なお、その際のタイムラグによる売り切れ発生については何卒ご了承ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

SUMMER SALE 5-7%OFF