ハサミって。。。

こんにちは✨

相変わらずはっきりしないお天気の続いているアンカラです。今日は夕方から雨になり、気温もぐっと下がって15度。冷たい風も吹いて体感温度と家の中はもう少し寒いので暖房を少し入れました。

Processed with Rookie Cam

カーテン越しなのでわかりにくいですが、PCの隣の窓にスズメが雨宿りに来ました。可哀想に結構濡れています💧早くお家に帰れますように🏡

 

さて、先日のこと、近所のスーパーで買い物ついでにキッチン用のハサミを購入しました。本日の特価品か何かで山積みになっていたものです(画像はネットより拝借)。

ところが、帰宅して早速使用してみたところ全く切れない!紙もビニールも折れ曲がって刃と刃の間をスカースカーと寂しく行き来するだけ。

 

その日のうちにレシートと現品持ってスーパーに返品に行きました。

「これ、不良品の様なので返品か交換したいのですが。」

店長「おい、八兵衛(店員、仮名)!俺んとこのハサミ持ってこい。」

八兵衛はそそくさと事務所から自分たちの使っているハサミを持って来て店長に渡し、店長はそのハサミで紙やビニールを使っていかにハサミというのは切れないかをパフォーマンスし、「うちのハサミもこうですから。」と。

私はしばらく呆然とし、一瞬納得しかけたのですが、気を取り直して

「私が買ったのは新品のハサミですからあなたの事務所の使い古しと比較されても困ります。せめて新品のハサミは切れないと意味ないと思います。」

店長「(しばらく考えたあと)そうですよね。八兵衛、これ返品で。」

という出来事でした。

 

トルコは欧米と似て返品交換し放題の国なのですが(多分、安い分、作成などアバウトなところが多いので、高めの返品交換率が予算に組んである。)、このハサミの店長のパフォーマンスが可笑しくてちょっと忘れられない出来事になりました。

 

明日からまた新しい週の始まりですね。楽しい一週間になります様に✨

 

 

 

 

義祖母から母の日の恨み

先日のこと

夫「行きたくない〜。行きたくない〜。でも行かないと嫌な電話がかかってくる〜。」

と、とっても嫌そうに義祖母宅に行った夫ですが、やはり行って戻ってきたら生気を吸い取られ顔中脂汗でした。夫が義祖母宅に行くたびに彼女の寿命は伸び、夫の寿命が縮むんだと思います💦

 

今回は義祖母から私に伝言があったのですが、それが

「今年はFumiyoは母の日を祝いに来やしなかったしプレゼントもなかった。」

と怒って根に持っているそうです。

あなた、私の母親じゃないし!と言いたいところですが、トルコって自分の母親じゃなくても母親という母親全ての人が母の日にお祝いされるんです。普通に考えればとても素敵な習慣ですが、義理の家族がこんな調子なので面倒臭いとしか思えない私です。こちら↓ご参考。ちなみに去年も祝った覚えないです!

All about 知ってびっくり世界の母の日

 

夫とたった二人だけで異国で誰の支援もない中で子育てしてて今年の母の日なんて本当に忘れてました。忘れていて、日本の母から「初めての母の日だね。」ってメッセージが来て思い出して母にお花を手配したのまでは覚えているのですが、義祖母のことなんて(失礼!)頭に浮かびませんでした。

 

先日、上の階の女性が男児を出産したのですが、もう出産の数ヶ月前から現在も親族が交代で掃除や食事作りに来てくれているんです。トルコってこういうところなんです。

 

なのに、うちの夫の家族ときたらみんながみんな自己中心ですから、産前産後誰も手伝いに来てくれず本当に大変だったし夫はそのストレスを私にあてるしで私は長いこと重度の産後鬱になっていたんです。死ぬことしか考えられなかった暗黒な日々も長かったのですが、最近になってやっとそれがはれて元気になってきたところなんです。

 

そんな状況だというのに、義祖母ときたら自分の母の日を祝ってくれなかったって恨み節!! もうびっくりしちゃいますよね!!!

 

夫が

「祖母に電話してさ、『産前産後は普通は親族が手伝いに来るもんだけどうちはそうじゃなかったからそれどころじゃなくて母の日なんて頭にも浮かばなかった。』って言って罪の意識を持たせてみたら?」

 

と言ったのですが、一晩考えて、それはやめにしました。言ったところで別のトゲが生まれるのも嫌で面倒くさいので放置でいいでしょう(笑)。一人でずーっとその母の日とやらをネチネチ恨んでいなさいって😀 去年の7月の出来事以来義祖母宅には行っていませんが、今年ももうこれで行かないかもしれませんね。義祖母は北風と太陽でいうところの北風、こうやってみんなを遠ざけてしまっています🌪

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

日本人による素晴らしいタイマッサージ

こんにちは🌞

まずはお知らせですが、突然ですが来週商品の買い付けが入りましたので来週中のご注文品の発送をお休みさせてください。急で申し訳ありません。

 

今日はアンカラの日本人タイマッサージ師情報をシェアさせてください✨

お友達のEさんが急に「タイで修行してくる!」と言い残して本当にタイの山奥に長い間篭って修行を積んできてすごいなあと感心したのもつかの間、その後自宅の一室をセラピールームに改装し、女性専用でタイマッサージを行っています。

 

妊婦さんへのマッサージも行っており、丁度そのとき妊娠していた私もお願いしたかったのですが妊娠中はギリギリまで本当に忙しかったので残念ながら行けなかったのですが、先週やっとお願いすることができました。

 

私は産後が心身共に不調で(産後15時間で退院して家でも休んでいない上に産後検診に一度も行っていない😅でも生きているから大丈夫。)特に尾てい骨がずーっと痛く、痛いから歩くときは変な姿勢だし、添い乳なんてしたものならもう立ち上がれないわ仰向けにねれないわでとにかく肩と腰回り不調を感じていました。股関節もびっくりする程硬くて開かなくなっていましたし、また、産後5-6ヶ月は妊娠出産の疲労をどっと感じる時期ということで、ここ数ヶ月何をするにもずっとダルーかったのです。

ところが先週Eさんにタイマッサージをお願いしましたら10kgくらいやせたかしら?!くらいの体の軽さ。過去にタイ人から受けたタイマッサージはあまり好みではなかったのですが、日本人が施術するからでしょうか、懇切丁寧なのでもうこれまで受けたどんなマッサージよりも体のほぐれ方が素晴らしかったです。

絶不調だった腰まわりも丁寧に奥深くまでほぐしてくれて本当に歩くのも楽になり、また、肩もとーっても軽くなりました。彼女にマッサージを受けた後はあんなに痛かった添い乳も楽で感動です。

因みに、バウンサー持参で娘も連れて行ったのですが・・・自宅では1時間くらいはキャッキャとテレビをみていられるのでテレビを見せておけば大丈夫だろうと思って行ったのですが、環境が違うのでテレビで15分しかごまかせず、あとはマッサージの途中であやしたり授乳しながらの施術でお時間取らせてしまいました💦  なので月二回くらいのペースでお願いして、娘に場所慣れしてもらえたらなあと思っています。

 

Eさんのタイマッサージのfacebookサイトはこちらです。場所はアタクレの近く、お疲れ、コリが溜まっている方、本当にオススメです。

Ankara Thai massage

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大統領邸の絨毯

こんにちは✨

今回はお品物についてのお知らせです。

現在続々とヘレケ絨毯をオンラインショップに掲載させていただいておりますが、その中でも一つ本当に特別なデザインのものが一枚ございます。

それはこちらの一枚。シュメル工房でも2枚しか織られなかったNumuneと書かれている特別品になります。シュメルの公式ディーラーから買い付けました。

狂いのない豪奢かつ華やかなデザインは、オスマン帝国時代の宮殿や欧州からの宮殿用等のための特別なものでした。

実は現在のトルコ大統領邸にも、このデザインの流れをくむヘレケ絨毯が敷かれています。

画像はニュース記事から拝借していますので誰でも入手できるものです。念のため。

とても大きな絨毯ですので、10人程織り機に並んで織られたのではないかと思います。

 

こちらはヘレケ絨毯を織っている光景ですが、本当に根気のいる細かい作業です。ヘレケ絨毯の様に10cm四方に60×60のノットのクォリティになってくると縦糸に指を入れだけでも素人では至難の技です。

 

大統領邸には他にも色々なトルコの伝統手織絨毯が敷かれている様ですが、ついでにニュース記事になったこちらの二枚もご紹介します。

絨毯好きの方にはお分かりのウシャク絨毯です。こちらの二枚はキュタフヤ県のとある村で18人の織り子さんによって織られたそうです。9人ずつ横に並んで3ヶ月で仕上げてしまったということですが、ウシャク絨毯は基準が10cm四方に40×40ですので、ヘレケよりもだいぶ早く仕上がりますね。

 

オスマン帝国時代から続くトルコの宮廷用手織絨毯。今は国営だったシュメルもなくなってしまい、織り手も減り、衰退の一途を辿っていますが、こうやって大統領が当時の伝統のものを使い、そしてそこに世界の要人が招かれることでまた知名度が少しでも上がっていくといいですね✨

 

ところで、ニュースで一部のアラブ諸国とカタールとの断交を知りましたが、世界がこれ以上悪い方向に向かわない様願うばかりです。

米国とサウジアラビアが過去最高額の武器売買契約をした時点で怒りとともに嫌な予感はしていましたが、カタールはサウジアラビアと違って米国に身売りしない正しい国なので、標的にされてしまったのでしょう。

最近このアインシュタインの予言を知りましたが、ただの予言であって未来がもっと明るいものであります様に、と願います。

「第三次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからない。だが、第四次世界大戦が起こるとすれば、その時に人類が用いる武器は石とこん棒だろう」

 

今日1日が素敵な日でありますように✨

 

 

 

 

ちょっとショーン君〜

こんにちは😃

今日は久々に携帯から投稿ですが、なかなかブログが書けないでいます。頭の中でこれをこうかこうとかあれをこう書こうと考えていても、どうしてもゆっくりPCに向かう時間がないんですよね〜orz PCの前に座るとすぐに夫が待ってましたとばかりにあれしろこれしろと注文がきてうるさい上司(笑)。ちょっと育児や自分のお肌のことなんかで(産後のシミが酷い💦)調べものなんかしてると仕事しないでいつまでネットしてんだって怒られます。本人はテレビみながらSNSで動画ばっかり見てますけどね。

さて、今日は久々に夫が昼から夕方まで不在ということで娘とショーン君と水入らずで気持ち的にもゆーくり出来ました💕👶🏻🐕


↑娘もかなりまったり💖気持ちよさそう。

買出し後夕食と離乳食用に二種類のお魚スープを作り、雑用を済ませて3時頃にやっと一息。壊れかけたコーヒーマシンでカフェオレ(勿論デキャフ)を淹れて、庭に出ました。



↑見た目はイマイチですが、ニンニクとローレルが効いて美味しゅうございました。ちなみにお魚は250円くらいの鯛です🐟


ソファに腰かけてやっとカフェオレに口をつけようとしたところ、上の階のご近所さんに話しかけられたので暫しそこを離れて雑談。

その後またソファに戻ってみるとテーブルのコーヒーカップが空☕️あれ?私飲み干したんだっけ?と一瞬記憶を辿ったのですが、テーブルクロスの汚れ具合でピンときました。ショーン君、飲んじゃったみたいです( ´∀`)


ショーン君が二歳くらいの時も同じようなことがありましたが、コーヒーは興味なくてもカフェオレにすると牛乳が入っているので飲んでしまいたくなるようです。その二歳くらいの時は脇に置いていたケーキ🍰も完食していたので未だに忘れられません。

よっぽど美味しかったんでしょうね☕️満足げです。何だか犬用ケーキでも作ってあげたくなりました。

今日もお読みいただきありがとうございます😊

素敵な1日になりますように。

アンカラに戻りました🎵

買い付けと修復でコンヤとアクサライに用事があり、24日ー27日の間、アンカラを不在にしていました。

用事一見目はアンカラから260kmのコンヤ。キリムの用事の前にメヴラーナで娘のお祈りをしてきました。初詣みたいな感じなのですが、生後なかなか行く時間がなかったので今回ついでに行って来ました。Processed with Rookie Cam

しばらくコンヤに行っていなかったのですが、中心地に入る手前の道路拡張整備と緑化が終ってとても綺麗になっており、また、メヴラーナ博物館周辺の整地にトラムも通っていてイスタンブールのスルタンアフメットみたいになっていてびっくりしました。

お祈りの後は遅いお昼ご飯。コンヤに来たら絶対食べたいEtli Ekmek。ピデ状ですがなぜかEkmek(パン)って呼ぶんですよね。我が家はいつも老舗のBolu Lokantasiというところで食べていますが、いつもクラシックなEtliEkmekを食べていたのですが今回チーズ入りPeynirliを選んでみたところ美味しすぎてほっぺたが落ちそうでした😋ジューシーでトロトロでだけどちょとクセのあるチーズとひき肉にパセリが効いて最高。今度いつかまたこれだけを食べにコンヤに行きたいです〜。Processed with Rookie Cam

肝心のキリムの用事は先方にすっぽかされたので食後すぐにコンヤを退散し、次はアクサライへ150km車を走らせました。コンヤからアクサライに行く直線道路沿いはプレーリードッグがみられるんですよ。アメリカのプレーリードッグより小さく、正確な種類名はわかりませんがが、可愛いので機会があったらみてみてくださいね。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

↑実は写真のど真ん中に1匹かすかに見えます。

アクサライへはキリムの修復と洗浄の依頼に行き、修復師さんの工房に小一時間お邪魔しました。その後、宿泊のために100km走ってネヴシェヒルのギョレメへ移動しました。Anatolian Housesが平日特別料金で一泊朝食付き大人2人で150TL(4700円)ということで一泊だけ予約しておいたのですが、夫婦共長距離移動の疲労が激しかったため結局3泊し、発つ時になってようやく疲れが取れた感じです。このホテルに泊まるときは私はいつも早朝にひと泳ぎしていたのですが、今回は旅の疲れと夜中の授乳などで一度も朝早く起きることができず、体力の衰えに危機を感じたのでした😵

↑ホテルもギョレメも綺麗なお花でいっぱい🌷こんな素敵なお庭が持てたらいいですね〜。

ホテルのお部屋からの眺めも最高でした✨こうやってお日様と景色を窓も戸も開けっ放しで見られるってなんて贅沢なことでしょう。この景色を見ながらの授乳兼読書なんて最高でした。アンカラに戻りたくないなあ〜。

IMG_2888

ホテルではこんなヘルシーな朝食を頂きましたが、特にこのヤイラチョルバス(高原のスープ)がまた最高に美味しくてお替りしてしまいました✨ トルコ料理のスープって本当に美味しくてヘルシーです♪

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

滞在中は雨や雹が降ったりとお天気は不安定でしたが、晴れ間の間に少しギョレメをベビーカーを押しながらお散歩しました。

IMG_2934素敵なカッパドキアの風景と共にたくさんの動物達にも出会いました。春はどの動物も赤ちゃんが生まれる季節でこの仔馬はまだ生まれて数日といった感じでした。可愛らしい💓 IMG_2923

そういえば日本でサギの駆除中に間違えてトキが殺されてしまったというニュースがありましたが、サギの駆除というのは日本ではこういう子の生まれる季節にも行って良いものなのでしょうか。または、この時期をわざと狙って駆除するのでしょうか。トルコ人達にこのニュースを話すと皆怒り驚いていました。鳥というのは夫婦愛がとても強く、つがいを失うと自然界では次を探すことなく深く落ち込んで亡くなるか弱っている時に敵にやられてしまいますが、この残されたトキのオスもたいそう苦しんでいることと思います。こんな事故が2度と起こらないことを祈ります🙏

IMG_2930↑ここにはホロホロ鳥が隠れています。広い大地を好きなだけ駆け巡れる幸せな飼い鳥達、って全然見えないですよね。足が速くて全然撮影できませんでした。IMG_2933

 

アンカラでベビーカーに娘を乗せて外をお散歩なんてこの半年で3回くらいしかできていないので、ギョレメに滞在できて本当に良かったです。IMG_2993

今回は時間がなくてローズバレーには行けませんでしたが、帰りに5分だけレッドバレー(↑)に寄って来ました。10年くらい前に夫とハイキングした時以来ですが、次回は娘も一緒に歩けたらなあと思います。

 

そして、ギョレメから300km、クルシェヒル経由でアンカラに戻って来ましたがやっぱりアンカラはまだ寒いです。気温16℃ですが、雨で建物がまた冷えたので暖房が必要です。膝が冷えるんですよねえ〜。

 

お読みいただきありがとうございました。

banner1.jpg
ブログランキングに参加しています。ポチッと押していただけたら嬉しいです⭐️

shoplogo

 

ヨーグルトキット

こんにちは☀️

ずっとブログ放置でしたが、南米奥地にでも行くのと同じくらいの時間をかけて実家とアンカラ往復してきました。娘との初二人旅にしては試練すぎましたが日本の両親に娘を会わせることができ、また、バタバタでしたがお宮参りと写真撮影も出来て良かったです。

13日午前3時にはアンカラの自宅に帰宅していたのですが、やらなければならないことが沢山あってずっとブログ更新できず悶々としていました。

オンラインショップのメールは通常12時間以内、遅くとも36時間以内にお返事できる様にしているのですが、遅れてしまってお急ぎの方からはLineやwhatsappにも『メール送ったんですが見てますか?』と連絡が入って驚いたのですが、メールと違って”既読”が表示されるので、先方には安心頂けて良いかもしれないですね。

 

 

さて、先々週から離乳食の始まった娘ですが、本人的にはもっと早く始めて欲しかった様で食欲旺盛で楽しいです☺️ 煮たものをを裏ごししている時点でマンマ〜と誰が教えたわけでもない言葉を発して半泣きで催促されます。朝は一時間余計に手間がかかりますが、慣れていきたいと思います。

そして、トルコといえばヨーグルト(日本ではヨーグルトといえばブルガリアのイメージですが、ヨーグルトの語源はトルコ語であり歴史もアナトリア、トルコなんですよね ご参考:a brief history of yogurt)。ということで診療所の看護婦さんに聞いたところ赤ちゃんにはヨーグルトは5ヶ月で与えて欲しいけれど、できれば自家製で、ということで久々に自家製ヨーグルトを作りました。

 

今回は気になっていたアタトゥルク牧場のヨーグルトキットを使いました⭐️スーパーに時々並んでいたのですが3Lって多いなあと思って買わずにいたのです。

Processed with Rookie Cam

冷蔵で売ってあった箱の中にはこの様にヨーグルト菌の瓶と3Lの低音殺菌済み牛乳が入っていました。

Processed with Rookie Cam

ヨーグルトは瓶で作っておけばキャップを開けるまでは結構長く保つという事で小さめの瓶を熱湯殺菌。

Processed with Rookie Cam

牛乳は一度シュワーっと吹きこぼれるまで沸騰させ、その後45度前後まで自然に下げるということで、説明書に「指を入れてアチっとならない程度」と書いてあり、温度計のない私にも便利な表現でした。トルコらしいアバウト度で嬉しい表記です。一応殺菌済み牛乳なので沸騰前に少し飲みましたがとっても美味しい牛乳でした🐃

Processed with Rookie Cam

その後瓶詰めしてタオルで包み、オーブンで50度でしばらく温めた後、スイッチを切って4時間でとっても美味しいヨーグルトが出来上がりました(途中一回15分程オーブン内の温度を上げるためにスイッチを入れました)。温度計がないので終始適当でしたが、口触りやわらかで酸味の少ない優しい味のヨーグルトに仕上がったので良かったです。

Processed with Rookie Cam

私たちも毎食の様に食べているのですが娘もモリモリ食べてくれるので、毎10日くらいでこのキットを使ってヨーグルト作りに励みたいと思います。

 

それでは、明日からコンヤとネヴシェヒルに買付と修復依頼に行ってきます👋🚘

 

お読みいただきありがとうございました✨

素敵なアフガン絨毯追加しました

こんばんは🌝

今日は新入荷のアフガン絨毯クンドゥズについてのお知らせです。アフガン絨毯は元々上品でシックなものが多く、モダンなインテリアにも合わせやすいので私のファースト絨毯もトルコ絨毯ではなくクンドゥズでしたが、昨今のアフガン絨毯の質の向上にはため息が出ます(^o^)

そんなアフガン絨毯から、とっても素敵なクンドゥズを一枚オンラインショップに追加しましたのでおしらせします。

 私のファーストアフガンもこういうデザインだったのですが、私は花柄の間にあるクロスフックみたいなデザインに惹かれたのでした。 

当時のものと比較して本当に素晴らしい色艶、肌触りととにかく質が向上しています。 

この青緑色は昨今のアフガン絨毯に見られるようになったお色ですが、元々アンティークのものはこのお色が使われています。アブラージュが入って全体に光を挿すようなおしゃれなお色です。

それから、裏側からしか見ることはできないのですが、パイルを織り込んだ後に左右から二回通して打ち込まれる横糸は未染色の茶色い羊毛になっています。おしゃれなこげ茶色が”いいなぁ🤤”と絨毯好きはこんなところをじーっと眺めてしまったりしています。

 

先日アフガン絨毯をお求めくださったお客様が「以前大きな海外絨毯サイトですでにアフガン絨毯を購入していたのですが、Anatolian Conceptのアフガン絨毯を受け取って”ああ、これがアフガン絨毯というものなのか”とわかりました。質も肌触りも艶も全然違います💗」というメッセージを頂きました。お写真では伝わりにくいのですが、ネットだからこそ皆様にご満足いただけるものを厳選しておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします✨

それでは、是非本品の詳細のお写真をオンラインショップにてご覧いただければと思います♪

Anatolian Concept アフガン絨毯

価格は全て日本までの国際送料込です。これまで紛失もなく、約2週間で確実にお受取いただけるので安心です(追跡可)。

 

 

久々の多肉植物

昨日の午前中は春🌷の気候で娘とショーンを連れて公園に行けたのですが急に雲行きが怪しくなり夕方には日本の梅雨時期のように雨がふりました☔️

Processed with Rookie Cam

散らばっているのは桜の花びらではなくアーモンドの花びらです。桜とほぼ同じ色形をしています🌸

 

さて、数年前に夫と一緒にDIYした庭のデッキが雨ざらし日ざらしでかなり傷んできたので張り替えが必要なのですが、今度は木材ではなくてテラコッタみたいな屋外タイルにしてみようと遠くEtlik(Kecioren市)のDIYセンターに行ってきました。

Processed with Rookie Cam

最初木材を貼るときにも一応目星をつけておいたこちら⬆️を買う予定です。ちょっと支払いが重なっているので少し購入を見送り、夏までにできたら良いなあと夫と話しているところです。デッキの作業の時は全部夫婦でやりましたが、今回はもう娘もいるし、木材剥がしと基礎セメントなど全ての作業は職人さんを呼んでほしいなあと思っていますが、どうなる事でしょうか。かわいいタイルなので仕上がりが楽しみです♪

 

トルコは大理石もすごいですが、おしゃれなタイルも種類が豊富で安いんですよ。これ↓なんかバスルームに使ったらおしゃれそう♪表示の価格は1平米あたりの価格です😲

Processed with Rookie Cam

タイルの下見が終わり、せっかく遠くEtlikまで来たのでお花屋さんに寄ったあと、夫の祖父のお墓まいりをして帰って来ました。娘の出生報告も長い冬のおかげでまだできていなかったので良い機会でした🍀

 

お花屋さんにはこんな風に春のお花がたくさん並んでいて職員さんたちは値札付けに追われていました🌹ってバラしか撮影していませんが、、、。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

去年まではなかった睡蓮も売られていました。

Processed with Rookie Cam

 

さて、お目当の多肉コーナー。ここはきっとアンカラ一多肉植物の種類が豊富です。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

今回はこの4個を買って銅の容器に植えてみました。

Processed with Rookie Cam

右手前のお花が咲いている種類は初めて見ました!元気にぐんぐん育ってくれますように✨

 

 

 

シュメルのヘレケ絨毯入荷です

こんにちは✨

今日はシュメルのヘレケ絨毯入荷のお知らせです。2011年にシュメルのショールーム兼倉庫のものを皆様にお届けする形でヘレケ絨毯のご紹介が始まりましたが、もうそこも閉鎖され、本当にシュメルのヘレケ絨毯は入手大困難となっております。

昨年夏にいろいろ探し回ってやっと買い付けたものはトルコ内外の方々にあっという間にお取引いただきました。ありがとうございました✨

やはり人気ですのでいくつかお問い合わせも頂戴しており、この度シュメルの元公式代理店の最後の在庫を買い付けさせていただきましたのでおしらせします。全部で12枚、本日は昨日撮影できた4枚を掲載させて頂いておりますので是非ご覧ください。夫がかなり前から交渉していたのですが、数日前にやっと交渉成立しました♪

 

まずは赤の七つの山の花柄。

赤といってもシュメルの赤は深く上品なお色をしているのでシックなインテリアに仕上がるということでずっと人気のお色です。また、ボーダーの紺色が全体を引き締めており、定番の色の組み合わせのものがこちらになります✨

お次はこちらの正方形の七つの山の花。手織絨毯で正方形はあまり数がありませんのでいつもすぐになくなってしまう人気のサイズです。こちらのボーダーの赤も深く綺麗な色をしており、フィールドの白はオフホワイトですので全体的に優しい印象で一年中お花畑をお楽しみいただけます🌸

トルコのヘレケ絨毯は本当にデザイン一つ一つのラインが綺麗です✨

それから本当に入手の難しいキャメルベージュ色のヘレケ絨毯。某ブランドのコートではないですがとにかくシックです。

 

この絨毯のイメージはこんな感じ😀 素敵ー!!

某ブランドの2017春コレクションから画像お借りしています。

因みに、買い付けました12枚のうち七つの山の花柄は上記3枚のみになります。本当にシュメルのヘレケ絨毯はみつからなくなっております。トルコの観光地でヘレケ絨毯として購入されたものを見せて頂いても「これがヘレケ??」といったものが多く、絨毯店独自に海外で織らせたものやヘレケとは全く縁のなさそうな柄のものまでヘレケとして売られていたりして本当に残念です。

 

さて、そして本日掲載分の最後はこれぞヘレケ!なスルタンアフメット柄でございます。

こちらのスルタンアフメット柄は16世紀オスマン帝国最盛期スレイマン大帝の時代に確立されたデザインで、その後のスルタン・アフメットの時代に様々な装飾品に使用されたデザインであることから、スルタンアフメットというデザイン名となっております(内容はヘレケ絨毯商協会に確認済みです)。

そして、中央フィールド角の雲模様はこの時代に中国の陶器や絨毯のデザインから伝わったものになります🌏

フロアでももちろん素敵ですが壁に飾っても良さそうなサイズですね✨

 

是非オンラインショップでご覧ください。

Anatolian Conceptオンラインショップ ヘレケ絨毯

 

さて、明日ですが産前産後合わせて5ヶ月もヘアカラーに行けず大変見苦しいことになっている髪の毛を染めに行く予定です。そして抜け毛もひどくなってきたのでもう少し短くカットしてもらおうと思います。妊娠してから知りましたが、妊娠中は通常の人間の体のサイクルとして抜けていた髪の毛がほとんど抜けないのだそうです。赤ちゃんを守るためのホルモンが働いて。それで産後しばらくするとそのホルモンが減少して、これまで抜けなかった分が抜けてくる。そのタイミングで体重も自然と落ちてくる。私は産後3ヶ月半くらいでそれを実感し始めてその神秘に感心したとともに、産後すぐのダイエットとかは自然の摂理に逆行するんだろうなあとも思いました。このホルモンの動きを”ホルモンの乱れ”と書かれていることが多いですが、乱れではなくて自然の神秘的摂理ですね✨

 

素敵な一日になりますように💕