放浪してきます。

日本食はいつも恋しいのですが、最近は菓子パンが恋しく、instagramでいろいろ見ては「ああいかん。」と携帯を閉じる日々です。トルコでは妊婦が食べたくなったものは赤ちゃんが欲しがっているものだから是が非でも食べなければいけない、と言われており、食事制限もありません。そんななか、菓子パンは難易度たかくとも、ロールパンならなんとかできるかと焼いてみた結果がこれorz

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

普通の小さめバゲットになりました。なんでこうなっちゃうんでしょう〜。下手くそな自分に参ってしまいます。

 

さて、25(金)にすべてのご注文の発送を終えましたので、先日お知らせの通り、しばらく夏の旅に出させていただき、その間のご注文の発送は当地犠牲祭(9/13-15)の後になりますこと、ご了承ください。

 

今日半日は、夫と一緒にショーンを長期預けるペットホテル巡りをしていたのですが、満足行く施設が去年新たに出来ており、そこに預けてきました。今回の旅行中だけでなく、出産前後はショーンの散歩やお世話も困難になるので、本犬が自由気ままに遊べる広い施設を探していましたが、今日やっと見つかりました。

13407079_528845310657877_5957783021914696587_n 13450899_528845377324537_4649116314055881010_n 13502064_528845333991208_8114566676133621905_n

アンカラのペットホテルはどこも飽和状態で、こちらもざっと40頭はいましたが、その前に見学に行ったところは100頭もいました。すごいですね。

 

 

さて、話は戻り、今回の旅の途中でも田舎なども巡り、トルコの文化に触れながら、また新しいお品物を発掘できたらと思っていますので引き続きどうぞよろしくお願いします。以前行ったイーネオヤの元祖の地ムドゥルヌでイーネオヤのネックレスも買い付けていたのですが、とうとうご紹介することができませんでしたので、これも秋にご紹介できたらと思っています。

出来るだけブログは更新できたらと思っていますので、時々お立ち寄りいただけたら嬉しいです。

 

今日は早朝に出発してエイディル湖の古民家に宿泊予定です。

 

それでは、行ってきます。

 

 

お家で絨毯洗い

こんにちは。

昨夜と今日の夕方、かなり激しい雨が降って秋の気配のアンカラです🍂

 

こちらは昨日のショーン君、私の作業机の下の小さなスペースで寝息を立てています。いつもはこんなに近寄って寝ないのですが、今日は家の中をハエが飛んでいたらしく(窓を開けていますので)、ハチだと思って怖くて私に寄り添ってきて、そのまま眠ってしまいました。2年前だったか、公園でハチの巣をいじってしまったらしく、数カ所刺されて、それ以来ハチ、ハエなど、ぶーん🐝と飛ぶ虫が苦手で、公園に行ってもぶーん🐝と音がすると「もう帰る。」と踵を返してしまうようになりました。なんとか克服する方法はないものでしょうか。。。夫が面白がって「ぶーん」と口で言うのも怖いみたいです。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

さて、散歩から戻ったあと一息ついていましたら夫が「これから玄関と廊下の絨毯洗うぞ〜。」と。。。朝から言ってくれれば心構えもできるのですが、午後の散歩から帰ってきたばかりの時に全く👊

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

小さい絨毯キリムの洗濯は簡単ですが、2平米〜はやっぱり重労働です。トルコでは絨毯はほとんどの家にありますから、丸洗いクリーニングにみなさん出すのですが、うちはワンコがいるので、手洗いの方が毛も綺麗にとれるので、このサイズまでは時々ベランダで手洗いします。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

通りに面しているので埃も多くて、結構な汚れ汁が😂Processed with Rookie Cam

今日は廊下と玄関の2枚のヤージベディル絨毯を二人でゴシゴシ洗ってふんわり綺麗になりました。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

実は今回は絨毯シャンプーの匂いが気持ち悪くて悪阻みたいになり、それがちょっとこたえましたが、乾いた後は踏み心地もよくって快適です。

 

キッチンと寝室の大きいサイズは秋頃に丸洗いに出します。ちなみに、オンラインショップで取り扱いのものは、オールド〜アンティーク、そして草木染の知識と専門性のあるところに別途出しています。単価が高いだけあって、仕上がりが全然ちがうんですよね✨

それでは、また。

4Dエコー検査の巻

こんにちは。

先々週、毎月の産婦人科検診だったのですが、

先生「では、4Dエコーで赤ちゃんの心臓とかの発達をみてもらってきてね。うちにはないから他でやってきてね。」

私たち「どこかお勧めの病院か検査機関ありますか?」

先生「またあのZekai Tahir産婦人科教育研究病院(公立)がいいんじゃない?」

・・・またかと思いつつも例の公立Zekaiに電話すると4Dエコーがあるのかないのかも誰も定かでおらず、費用もわからずに喧嘩腰の電話対応をたらい回し。最後にやっと親切な方が出て、「保険でまかなえます。」ということなので公立病院予約アプリで予約をとり、また混んだ産婦人科を受診。ここの病院は男子禁制なので夫はお外で待ちぼうけ。

「4Dエコーを撮りたいのできました。」

女医さん「何でそんなのいるの?4Dエコーうちにあったっけ?なんか胎児に異常でもあるの?」

「心臓や脳など普通のエコーでは見れないものを詳細に確認する意味で普段通っている病院から指示されたのですが。。。」

女医さん「ま、いいわ。像影部門に紹介状書くからそこで予約とって。」

その紹介状を持って像影部門で翌日の仮予約をとりましたが、「エコーはは9:00から先着順だから」ということで翌日8:30にはそこに行き、9:00に始まる第一グループに入れてもらえました。

しかしながら!私の名前を呼ばれたので診察室に入ったのですが、診察室の意地悪な女性看護士に

「あんたの名前なんか呼んでない!ここにあんたの問診票もないし。」

と言われて追い出され、そのままズルズルと他の人が呼ばれていきました。それにしても、診察室も順番待ちの廊下も、精肉処理場(カサップ)みたいな感じで、プライベートも何もない、皆半身裸!!さすが公立。

診察室にまた入って

「私は朝一にきて、名前も一番に呼ばれたのですが何で私の順番がいつまでも来ないのですか。」

意地悪看護士「あっそう。じゃ次呼んであげる。」

といわれてまた20分、結局病院に来てから一時間強廊下で立ったまま待たされて泣きそうになったのでした。座ろうとしても、とにかくごった返していて低所得者層でマナーのない巨漢妊婦さん達に強引に奪われちゃうんです!このやろー!!

そんなこんなでとりあえず、エコーまでたどり着いたのですが、だいたい男子禁制で夫も一緒に見られない上に、私にもモニター見せてくれず無駄足でした!!!医師が「心臓正常、肺正常」とか言ってそれを意地悪看護士が記録して終わり。しかも全然4Dじゃない!!

 

ということで気分の悪くなったその日は一旦帰宅して夫がいくつかの私立病院や婦人科に4Dエコーがないか聞いてくれたのですが、どこも費用が400TL!!しかも現金のみ。400TLって日本円で1.4万円ですが、こちらの感覚的に4万円です。そんな金あるかー!こちらに駐在でおられた日本人の友人に聞いてみましたら、その方の行かれたところは700TLだったそうです。わーーー、うちには無理だー😓

 

4Dエコー、諦めるか、、、と思いながらネットでさらに探してみましたら250TLでやっているという個人病院Servet Unsal tip merkeziをみつけ、予約をとって夫と一緒に行ってきました。建物は古く、待合室に空調が効いておらずに夕日が差し込み、この夏いちばんの暑さをそこで経験し汗だくになり、また、領収証も何も出ずに最初に250TLささっと徴収されながら、安いのはこのためか😰なんて頭の中でぼやきながら無事4Dエコー検査していただきました。

 

診察室は空調が効いており、また、モニターもベッドから妊婦さんが見やすいように大画面のものが用意してありました。カラー映像での顔の確認がちょっとしかなく、あとは普段の白黒エコーでのチェックだったので、夫は「カラーに切り替えると電気代でもあがるのか?全然顔が見られなかったじゃないか。」と不満気味でしたが、20分ほどかけて心臓、脳、肺、などすべて確認していただけたので良かったです。カラー画像とCDもくださいました。

 

こうやって病院関係で私たちはいつも振り回されてばかりですが、赤ちゃんはリラックスしてくれていますように✨

 

※我が家は低所得庶民なのでこうやって右往左往していますが、トルコの大きな私立病院はどこも設備もサービスもよく、検診から出産までのパッケージなども用意していますので、妊娠初期から出産まで27万円くらいご用意できる方はもっとすべてがスムーズですのでご安心くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ショーンの予防接種に行ってきました。

今日は午後からショーンの各種予防接種に行ってきました。場所はママック市獣医さん。

結婚して仕事を辞めたあと住んでいた住所がママック市なのでショーンの登録もここにしてあり、チャンカヤ市に引っ越した今も予防接種はここにそのままお世話になっています。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

以前も書いたかもしれませんが、トルコは狂犬病予防にもかなり力を入れており、野良犬も捕獲しては予防接種と去勢避妊を行い、また、病気の野良犬がいれば治療してまた野に放ちます。こんな国なかなかないです✨

 

各市に獣医さんが配置されていますが、ここママック市の獣医さんは本当に忙しいので、診療は月曜と水曜の午後のみ。今日午後一番で夫と行きましたが結構並んでいました。猫が半分、犬が半分。ほとんどが予防接種と虫下の処方の為でした。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

こうやって👆しばし順番待ち。右手の角度がおもしろい(笑)。ここの受付の爺さんはパソコンが苦手でショーンの記録読み出しに時間がかかるんですよね。Exelでここを訪れる動物のデータ管理がされているのですが、爺さんが検索とかソート機能を使えないので一匹ずつ目で読み出し。

 

以前来たときはかなり獰猛なロッドワイラーがいて怖かったのですが(飼い主にも怒り出すほどストレスたまり気味)、今日はこのクマ級のカンガル犬が来ていて、物凄いドスの効いたほえ声なので怖かったです〜。この犬の飼い主さんは小さな庭で3頭も飼っておられる様なのですが、都市ですから散歩もリードをつけたままとなり、カンガル犬の本来の運動が得られておらず、見る犬猫すべてに飛びかかる勢いでありました。素晴らしく賢く、狼とも戦えるトルコが誇る牧羊犬だからこそ、田舎でリードフリーでのびのびと生活させてあげないと可哀想ですよね。と、皆口を揃えて言っていました。それにしても素晴らしい雄姿。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

 

さて、肝心の予防接種ですが、実はショーンの子犬の頃からのすべての予防接種や虫下の記録の記載された手帳(カルネと言います)とEU動物パスポートを失くしてしまった私。。。かれこれ一年近く探しているのですが、全然見つからないんです。マイクロチップのバーコードも貼ってあるのに。。。そのため今回新しい手帳を発行していただきました。製薬会社が無料で作っている様ですが、国際仕様のトルコ語英語併記で表紙も可愛いいです💕

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

市役所で接種していただけるのは狂犬病と7種混合になります。金額は20TLでしたが、普通の獣医さんでこれを接種していただくと200TLくらいかかります。それから3ヶ月に1回2錠飲む虫下Zoetis社のCazitelを一年分処方していただきそれが28TL。トルコの公立獣医さんありがとうございます〜。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

 

手帳の中に推奨されている予防接種リストがありました。今回の接種でフォローできないコロナとライムは任意で普通の獣医さんで接種できますが、アンカラの獣医さんは増える一方で、商売主義が増えていてあまり行く気にならないんですよね💧

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

被毛の虫除け液も以前は普通の獣医さんで行ってもらていましたが、結構高いので今は日本から持ってきて自分でやっています✨トルコでも最近はネットで買える様になってきたので今回の分がきれたらネットで買おうと思います。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

 

そんなこんなで、今日はショーンはお疲れでかなりお早い就寝でした💤予防接種の後って毎年なんだか子供をみているみたいに心配になっちゃいます。一応9歳のシニアですしね🐶

 

シニアといえば今日はネットで11歳でリタイアした盲導犬の様子をみてしまいましたが、日本の盲導犬は環境が過酷なのでもっと早くリタイアさせてあげるべきだと思いました。盲導犬は24時間お仕事モードですから心も体もボロボロだったことでしょう。どんなに辛かっただろうか、表情にそれが溢れていました。動物だから急にお腹が痛くなったり、具合が悪かったりしたこともあるだろうに、それが伝えられないし我慢しなければいけないんですもの。それにこの盲導犬は腫瘍までできていたそうで。使役動物(この言葉嫌いですけれども)なのに定期的な検査治療もしてもらえなかったなんて。。。余生を元の飼い主さんのところでゆっくり過ごして欲しいものです。

 

すべての地球の生き物達が明日はもっと楽に生きられます様に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローカルの行くアイスクリーム屋さんLIPA

アンカラでジェラートといえば、KentParkショッピングモールの中のGelato Ice&caffeですが、今日はローカルの行く美味しいオススメのアイスクリーム屋さんをご紹介します〜。我が家は月に3回程いきます😚

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

CebeciにあるLipaというアイスクリーム屋さんです。

美味しいアイスクリームが20以上のテイストで揃っており、どれもとっても本格的な味なのでいつも迷ってしまいます。今のところ価格は1スプーン1.50TL(51円)。

 

この日はミルク(sade)、チョコレート、キャラメルにしました〜。ここはチョコ系もチョコレートとビターの二つがあるのですが、どちらもかなり良い味でオススメです。残念ながら他のローカル店同様バニラはないんですけれどね。写真見てまた食べたくなってしまいます。

Processed with Rookie Cam
Processed with Rookie Cam

つわりでほとんど何も食べられたなかった時はここのフルーツ味に何度かお世話になりました。フルーツ系はどれも本当に実際の果実から作ってるんだなあと実感できるソルベに近いさっぱり具合です。

すべて量り売りによるお持ち帰りも可能です。

場所はこちら。スクリーンショット 2016-08-24 0.12.04

Lipa

Cebeci Mah. Cemal Gürsel Cad. Kutlugün Sok. No: 86/37 Çankaya / Ankara

かの有名なウイグル料理店のあるコレジ駅からまっすぐ伸びた道路沿いにありますのでウイグル料理のあとにハシゴするのも良いかもしれません。夏の夜は結構混んでいます。

 

素敵な夏の夜を✨

 

 

休暇のお知らせと本日22日限り全品5%offクーポン発行

おはようございます✨

 

 

突然ではございますが、26日頃より暫く休暇を頂戴しますこと、おしらせいたします。Anatolian Conceptは絨毯キリムというラグ類を主にお届けさせていただいておりますため、毎年夏季は超閑散期となりますので、秋からのラグシーズンに向けて暫く心身の滋養に充てさせて頂きます事お許しください。

 

なお、ご注文は随時お受けしておりますのでご安心下さい。

 

また、本日8月22日限り全品5%offのクーポンを発行いたしますので、よろしければご利用ください。

 

クーポンコード : yaz5

(全て半角です。)

 

オンラインショップのお買い物でのお会計時にコード入力画面がでますので、その時に上のコードをご入力ください。合計より5%offの価格に訂正表示されます。

 

どうぞ宜しくお願い致します✨

 

 

 

 

さっさと国外退去させれば済むこと

海外で生活していると、日本はいかに自虐的な国であるかが痛いほどわかって、そのためにたくさんの日本の一般市民が苦境におられたり、辛い経験をされておられて胸が痛みます。外国人に対して行政はもっとしっかりとしないと、足元見られていますから、今後もっと大変なことになってしまいます。

今日はこんなニュースをみましたが。。。

イスラム教徒の男性に豚肉 東京入管横浜支局

何でさっさと国外退去にしないんですか!!!!!二週間も滞在させてハンガーストライキって。。。いつまでこの状態を続けるんですか??ハンガーストライキの先に何を求めているのですか?こんな弱腰の入管は世界にないですよ。さっさと強制退去手続きを済ませないから、弁当が出てきて豚肉が入っていて、とズルズルと問題が伸びている。

 

どの宗教であるかにかかわらず、自分の宗教やポリシー上禁忌食品がある人間は他の国に行った際はそれを自分で確認するべきなんです。それをあたかあも日本の入管に責任が一方的にあるかの様に人権団体やメディアが仕立て上げて、、、これは絶対に本人が悪い!これをまずわからせることが重要です。海外では、何があってもまず第一に自己責任が問われます。それを、一方的に「こちらが悪い。すまなかったー。」何て言うと足元見られてどんどん付け上がられます。

 

それに、どうもその弁当にはひじきも入っていたらしいですが、そんなの他の国には滅多に存在しないものなのだから、食べる前に本人が何が入っているか聞くべきなのです。それに、日本の食品の多くには様々な合成調味料もよく使われていますから、これも追求していったら日本の行政は自分で自分の首を絞めることになってしまいます。

人道上食品を提供する必要があるのであれば、大変簡素でベジアリアン向けのものを出しておけば良いのです。それかその外国人の国の大使館に対応させておく。

お願いだから、こういう外国人一人のために国を動かすのはやめて欲しいです。もっとシンプルにスパッと事を済ませてください。そうしないと本当に追いつかないことになります。

世界に比べて日本は宗教上のタブーに関する意識が低いと言う方がおられる様ですが、日本ほど食品や食材、お料理の多い国もなく、それが日本のオリジナリティです。また、一つの宗教だけに配慮を図るのは間違っています。例えばこれまでヒンドゥー教の方が牛肉について日本で問題になったことがあったでしょうか??

 

このニュース、一人でムカムカしながらトルコ人でイスラム教である夫にも話しましたけれど、夫曰く「こんなに毎日たくさんのイスラム教徒が紛争とテロで死んでいる時に何を調子に乗ってんだ。観光で日本に行って豚肉が入っていたって大騒ぎしやがって。同じ事アメリカの入管で出来るならやってみろ。怖くてできないだろ。日本人が優しいからって調子にのって。」とだそうです。ごもっとも。本当に、日本人はなめられすぎなんです。毅然とした態度、本当に重要です。

そういえば、少し前にISISに加わりたいとトルコにやってきた日本人大学生がいましたけれど、トルコ政府は毅然とさっさと1日も滞在させずに国外退去させました。

 

これから先、日本はもっと外国人観光客が増えるのだと思いますが、日本に観光客が来てくれるのは日本の魅力があるからこそ。それを失わないためにも、様々な事にもっとシンプルに毅然と対応していく事が重要です。私も11年国家公務員をやっていましたが、一般企業の様に行政がスパッと毅然とした結論と政策を進めれば日本は本来の力を発揮できるもっと良い国になります✨

 

 

 

 

羊水検査の前にすごいことがあったんです

先日書きました羊水検査ですが、検査の前日の予約の時点でちょっとウワッ!ということがあって、一旦後ずさりしていつもの私立病院の先生のところにいき、「先生、本当にあの病院でいいんですか?(^_^;)」と夫と一緒に相談に行ったのでした。

 

そのウワッというのは。。。汚い話なのでお食事中の方はご遠慮を。。。

 

公立病院での医師の検診が終わり、羊水検査ということでリスク妊婦部門に行くように言われ、そこで予約をとるために順番を待っていたのですが、順番受け付け係として、現在大学生の将来看護士男女がおり、そのうち眠っている男性の将来看護士を女性将来看護士が起こしてこんな話をしだしました。

 

女性将来看護士「ねえ、耳のピアス穴が腫れて膿が溜まってるんだけどどうしよう?ちょっとみて?」

男性将来看護士「潰せ。」

女性看護士「わかった。」

と言ってその場で彼女はブチっと耳の膿を潰し、ティッシュで拭いただけで手を洗わなかったんです!!!

 

大学で医療を学んでいる人間でもこの衛生感覚。。。ちょっと怖くなったので、とりあえず予約を取っていつも検診で通っているところの先生に再度相談に行ったのですが、「あそこの研究機関はしっかりしてるから。」ということで、翌日の検査に挑んだのでした^^;

 

因みに、こともあろうか、羊水検査前の腰への抗生剤の注射はその女性将来看護士だったんですよね。上手だったので痛くはなかったですし、手袋もしてましたけど(笑)。

 

 

こうやって免疫が出来ていくんですね?!

 

 

悶々とした日は内職で

こんにちは✨

ご存知のように先月トルコではクーデター未遂もあり、こちらに生活の拠点を置いている者としては財産や将来について一気に水の泡になってしまうのではという恐怖も味わいましたが、そんな中追い打ちをかけるように人生の大きなステップアップの予定が音を立てて崩れ、夫共々悶々とした日々を送っています。12月には子供も生まれるというのだからこんなことではいけない!と思いつつ、事態は八方塞がりです。

 

その一つはやはりあのマイナンバーとやらなんですけれども(笑)。こちら👇金融庁の発表で「送金者が非居住者であること・・・云々を理由として金融機関が送金または金銭の払い出しを拒否することはありません。」ということなのですが。。。

スクリーンショット 2016-08-18 2.17.35

まず、非居住者として使える口座サービスのある銀行は、海外出発の3ヶ月前までに海外在住する旨登録しておかねばならず、また、その内容が駐在か留学でそのその証明が出せる人、となっているんです。海外在留邦人は増えるいっぽうでその形態も多様な時代に、駐在と留学だけをターゲットにしたその定義がちょっとですね、、、明治時代じゃあるまいし、と思います。

ということで、私みたいにマイナンバーも海外送金もオンラインバンキングもなかった時代に海外勤務で出国して、そのまま外国人と結婚して海外永住している主婦はどうしようもない。

そして、金融機関はそれを拒否できないとしながらも、各金融機関のオンライン送金システムでマイナンバー登録が既にマストになっていますから実質拒否状態なんですよね。無責任な話で😲目眩がしそうです。

また、私の場合、旧姓からの変更手続きから始めないといけない口座もあるのですが、使用している大手銀行は実家宮崎にないので(大手銀行が地方各都市に支店を出していないなんてトルコではありえない!)、どこか大都市まで出かけないとならず、放置中です。なんでこんなに日本の銀行の手続きって面倒なんでしょう。。。その手続きにかかる旅費なんて捻出困難です。ちなみに、私のトルコの銀行口座は旧姓のままですが、身分証で旧姓も今の姓も確認できるので特に変更することなくスムーズに使わせていただいています。

知れば知るほど海外在住者の送金事情は厳しくなるばかりなので、このトルコと日本をまたぐ生業から身を少しずつ引いて、トルコでの収入の道を開こうとずっーと辛抱してきたのですが、前述通りそれも大きな音を立てて崩れ、ずっと予定していた引越しもなくなるかもしれません。。。生まれてくる赤ちゃんのために新しいお家を用意してあげたかったんですけどね〜。

ということで、今日はまたあの混んだ公立病院で検査など半日がかりのあと、帰宅して夫と一緒にこんな内職してました。

IMG_8996

その内職とは、お品物を発送する際にほとんどのみなさんに同梱させていただいているオリーブ石鹸とカードのパッキングです。毎回150個ずつアンカラのZeytinhaneさんのオリーブキューブ石鹸を購入しているのですが、いつのまにかなくなってしまいます。また、トルコはOPPパックは1000枚単位からのオーダーしかないので、小口の日本のものを毎度母に転送してもらっています。

 

送金に荷物の転送にと日本の母に頼りっぱなしで、私の海外生活はなんて親不孝なんでしょう😭 何か打開策をみつけなければ!

 

素敵な1日をお過ごしください✨

 

 

 

 

デニズリ(カラハユット)ホテル情報更新

こんにちは♪

デニズリのおすすめホテル情報を更新してくれというお声がいくつかあり、ほかに良かったところをお知らせします。

 

以前のブログで我が家はデニズリに行く際は温泉村カラハユットのPamHotelに宿泊、といつも書いていたのですが、最後に利用した際に何だか以前と違うなぁ、という感じがあり、もうPamHotelを利用するのはやめたのでした。温泉治療の医療系施設も併設され、事業拡大で経営者変わっちゃったのでしょうか??

 

その後、私のブログを見てPamHotelに宿泊されたアンカラ在住の方々から「PamHotelそんなによくない!」というお声があり、これは情報更新しておかなければ〜と言いつつ今になってしまってごめんなさい。

 

我が家が「泊まって良かった〜。また行きたい。」と思っているホテルはこちらPolat Termal Hotelでございます。

スクリーンショット 2016-08-16 21.40.56

お部屋も綺麗で、食事も美味しくて、プールも大きくてとっても良かったですよ!私たちが宿泊した時にちょうどホテルのベッドの入れ替えをしていたのですが、HPも最近リニューアルされたようなので、ほかにもリニューアルされていてもっと良くなっているかもしれません。

スクリーンショット 2016-08-16 21.45.38 スクリーンショット 2016-08-16 21.45.59

SpaもHamamもあるので次回はそちらも利用してみたいです〜。

こんな写真見ていると、あ゛〜アンカラ脱出したい〜という気持ちがさらに強くなってしまいますね😭 アンカラって空気が薄いんですよね。。。

 

※写真はネット上からお借りしています。