トルコの公立病院に行くものではありません。

本日は朝3時頃酷い吐き気で目が覚め、歩けない程大変だったのですが、さらに大変な事を経験しました(笑)。

 

昔アンカラで仕事をしていたときは毎年海外傷害保険をかけていたので最新設備と素晴らしい医者看護婦達のいる私立の病院しか知らず、入院すらウキウキだったのですが、主婦になって海外障害保険のなくなった私。本日、人生初のトルコの公立病院の救急というものを経験し、この国の格差社会を身を以て経験しました(トルコの私立病院の殆どは社会保障がききません)。

 

朝6時には酷い吐き気と高熱時の様な体の痛みでどうしようもなくなり、夫が公立の救急病院に連れて行ってくれました。

 

ところが、人の空いた緊急受付の人達は世間話をしているだけで『あと3〜4時間待てば内科で呼ばれるんじゃない?』程度で一般診療を案内。私立の病院と随分対応が違いました。夫は『こんなに具合悪いのにどういう事だ!何なんだこの国は!』と怒り心頭。

 

そこはさっさと後にし、もうひとつの公立、しかも大統領もここで先日手術をしたHacetepe 大学病院に行きました。

 

ですが、ここがまた酷かった・・・・・まず、血圧と体温を計って午前7時頃に受付はしてくれたのですが、待てど暮らせと呼ばれない。

 

待合室の椅子は薄汚れ、周りを見渡すと浮浪者や不衛生な衣服にハエのたかった人達がたくさん寝ているのです。衛生第一の病院にどうしてこの人達に睡眠場所を提供しているのでしょう?トルコの公立病院は警察も常駐しているのですが、彼らにはおかまい無しでダラダラと時間つぶし。『お!外国人がいるゼ。』とブラインド開いては私を見物・・・。

 

椅子が汚いので立って待っていた私と夫ですが、誰一人として呼ばれないので受付に聞きに行くと『9時にならないと診察は始まりません。』との事。一般診療と同じ時間に開くなんて何の為の救急病棟なんですか〜。こんな病院だったら助かる人も助からないと思います。

 

そういえば先日、ニュースで乳幼児が救急をたらいまわしにされ、全く診療してもらえず、ご家族が怒って病院のドアを蹴る様子と公立病院の問題が取り上げられていました。その後、首相が『もうこういった問題は今後起きない。』と宣言されていたのですが、今日私の行った病院の様子をみて、何にも変わってないじゃない。と思いました。首相府から各県に通達が出されたと思うのですが、現場の人達にやる気がないので意味がなかったのでしょう。

 

結局、今朝は診察を待たずに家に戻り、暫く横になっていました。夕方、何とか起き上がって診療所に行き、薬を処方してもらい、明日も同じ状況なら点滴とのことでした。ウイルス性の胃腸炎の様です。

 

この経験で、二度と公立には行かないわよ〜!!と誓った私です。来年は高くてもプライベートの医療保険をかけて意地でも私立病院に行きます!!

 

 

広告

トルコの公立病院に行くものではありません。」への6件のフィードバック

  1. ひー、大変でしたねー。ゲチミシオルスンです。
    私、今のところ、国立病院、大学病院と経験がありますが、
    酷い仕打ちを受けたことはないどころか、
    私は日本で誤診され、トルコで病名が判明したという経緯が
    あるんで、トルコそこそこ信頼しているんですけどね。

    国立病院も自分、そしてお客さんを何度か救急で連れていったことが
    あるけれど、いつもすぐ診てくれましたよ。

    オヤジのオフィスの女性スタッフの父親が、デニズリで
    誤診され、危うく命を落とすところで、不審に思った家族が
    アンカラの私立病院に連れて行ったら、即手術で、
    一命を取り止めたんですって。彼女はアンカラにしか
    いい医者はいないと断言していたけれど、
    アンカラも私立に行かないと、公立じゃ、デニズリと一緒なんですねー。ふー

    いいね

    1. ラム子さん、サーオルン。デニズリの病院は公立でもしっかりしていて良いですね。アンカラは私立が先進国並みに良いです。アンカラって色んな格差が激しくてトルコの縮図を見ている様な感じです。
      初めてトルコに来たのは2007年ですが、当時は全く知らなかった事を今頃色々経験しています。因みに今回の件で夫のトルコ脱出願望がさらに強まった様です(笑)。

      さて、体調は久々に大変で、30代でこの体の痛さだったら60歳になって病気になったらどの位痛いのか・・・って老後も心配になってきました。フー。

      いいね

  2. はじめまして。いつも楽しみにしてます。
    私もアンカラ在住で、先日子供が朝から吐き続けるので公立の救急へ行ったら、すごい列で、子供もグッタリしているのに何時間も待ち続けさせられそうだったので、結局私立に駆け込み、即点滴してもらいました。
    子供だから、初診の20リラですみましたが、公立と私立で医療に差があるのは本当にトルコの大きな問題ですね。

    いいね

    1. 初めまして。アンカラにお住まいなんだそうですね。宜しくお願いします。
      お子さん大変でしたね。ミクロップの痛みは大人でも大変なのでお子さんはさぞ辛かったと思います。
      私は今回初めて公立病院を経験したのですが(といっても受診すらせずに逃げましたけど(笑))私立とのギャップが凄くて驚きました。
      お子さんの初診料20TLは安いですね!!そのくらいでいつも済むならですが、大人だと初診も結構しますよね。私達はまだ子供はいな
      いのですが、この国で子供に良い医療と教育を与えるには相当お金がかかるなぁ、と思って色々思い悩んでいます。もしよかったら今度
      お会いしましょう!気が向かれたらご連絡下さい。info@anatolianconcept.com

      いいね

  3. 遅くなりましたがゲチミシュオルスン。
    トルコで病気になると大変です。
    私は軽度の病気なら公立で、
    手術を伴うような病気には私立でと使い分けです。
    一応歳も歳なのでプライベート保険に加入しています。
    でも年々上がる加入費に戦々恐々です。

    日本ではお産が出来る病院がなくなってきていると聞きました。
    どっちもどっちですね。
    お互い健康には気をつけましょうね。

    いいね

    1. Zeytinさん、サーオルン*=*
      アンカラの公立は衛生状況も酷い事がわかったので暫く寄り付くのは止めようと思います。何か触っただけでミクロップにかかりそうです(笑)。
      プライベート保険、夫の職場の提携先での見積もりは夫婦で 外来+入院=年間1840TLのようです。分割でも払うの大変・・・。
      私の地元ももうお産できるところがないんですよ〜。それだけ子供の数が減ってるんでしょうね。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中